ミニマル生活で頭をスッキリ(目標)

ミニマリスト目指し中。意識低い系。

小話集

小話その1:

 

無印の良品週間ですね!

最近、良品週間の回数が多いような…

 

わたしの買いたいものは…

 

ありません!!

 

もう欲しいものは買ってしまっているから…!!

('A`)

 

わたしが愛用しまくっている、無印のナイロンメッシュケース

f:id:onegin150:20170610215009j:image

 

(無印にはもう在庫なし

定番にしてください!!)

 

 

ダイソーが、すでにそのままパクっていました…!

 

おそろしいパクリ能力

 

無印のよりもフニャフニャしていたので、同じような使い勝手で使えるとは思えません

 

 

小話その2:

 

リネン100%平織りの服は、アイロンをかけていたのですが、どうもうまく伸びない

ビシッといかない

 

手持ちの服が、リネンだらけになってきたので、やっぱり「シワシワ」は、骨格診断ストレートタイプの自分には、全然よろしくないスタイルです

 

リネンの洗い方を調べたら、どうやら「ビショビショの脱水する前の状態」で干せばいいらしい

 

うちのベランダは、賃貸にありがちな低いタイプの物干しです

腰くらいの高さの

あれって、何考えてるんですかね

 

そこで、100円ショップダイソーで買いました

 

 

f:id:onegin150:20170610215535j:image

シャワーにかける物干し

ランドリーフックという商品名です

 

amazonで1000円くらいで売ってる商品のパクリですね

(こうやって日本の製造業中小企業 が潰れていく)

まあしょうがないといえばしょうがない

そういう時代なんでしょう

わたしはどっちかというと、こういうパクリ行為によって直接実害にあった人間ですが、それでもこういう時代だとあきらめるしかないです

 

さて

洗濯機の最後のすすぎが終わり、脱水だよーという音がし始める時を、まずタイマーで測定します

うちの洗濯機は細かい調整がきかないのです

 

最後の脱水は、5分で終わるので、洗濯全体にかかる43分−5分=38分

洗濯を始めたら、38分のタイマーをつけておきます

ピピピとなったら一時停止を押し、ビショビショのリネン服だけ出して、シャワーハンガーにかける

後の服はふつうに最後まで脱水

シャワーハンガーにかけたリネン服は、シワっぽいところを伸ばしておく

翌日にはピンピン、アイロンをかけたよりきれいに仕上がる

ほんとピンピンです

頑張ってアイロンをかけるよりピンピン

 

 

リネンて、ほんとに乾くの早いです

 

夜に干して、夜中にトイレに起きたときに見たら、上の方は乾いていました

 

「ビショビショ干し」で

リネンのシワ問題が解決です

 

 

小話その3:

 

私がちょっと好きなsnidelが…

 

なんと

f:id:onegin150:20170610221307j:image

f:id:onegin150:20170610221313j:image

 

マルニっぽいサンダルを販売していました

 

こっちがマルニ

f:id:onegin150:20170610221715j:image

うーん

snidelの方は可愛い感じがして、わたしには無理ですね

ファッション界もパクリでできているんだろうか

これは流行りというのだろうか

 

自分が買った形は、できれば流行ってほしくないんですが、流行っているんですかね…

 

 

 小話その4:

 

このあいだの出張は、とある事情でいつもよりグレードの高いホテルに泊まったのですが

 

それでも、綿のシーツのムレ感と、熱がこもる感じが寝苦しくて、寝られませんでした

 

本当はクーラーをつけるべき気温だったからかもしれません

 

たぶん部屋の中は、25℃くらいだったと思います

 

でもクーラーつけると風邪ひくんですよね

それで毎年風邪をひいていました

 

改めて感じる、うちのラクダ毛布とリネンシーツの優秀さ

 

ホテルはそこそこの品質のコットンシーツと羽布団だったと思うのですが

ムレる

熱がこもる

ふとんをかけないと寒い

という感じで

何度も起きてしまった

 

そう考えると、ラクダ毛布は、本当にすごい

 

夏に風邪をひかなくなったのはラクダのおかげです

 

 

 

あとタオルです

 

綿のタオルを久々に使いました

 

うちは昔から柔軟剤を使わなかったので、柔軟剤で仕上げたタオルが爪に当たると「キュッ」となる感じが、自分はとても苦手です

柔軟剤をつかうと全然水を吸わなくなるのに、なんでみなさん柔軟剤を使うのでしょうか

石けんで洗えばフワッフワですよ

 

友達の家に泊まったとき、Tシャツを洗ってくれたのですが、そのTシャツを着たら、柔軟剤のにおいに酔ってしまい、その日は午前中に吐きました

 

家に帰ってすぐに脱いで、すぐ洗濯しました

 

わたしにとって存在が謎すぎるもの

それが柔軟剤

 

ウールに使うプロウォッシュはシリコンがたんまり入っているのですが、柔軟剤はシリコン量が中途半端で、それを綿のタオルに使うのです

謎すぎる

 

そしてあのニオイ

犬を飼っていたら、犬にとって拷問なんじゃないかと思います

わたしはむかしから「うちのカナリア」と呼ばれていて、その場の異臭にいち早く気づき、いち早く具合が悪くなる

柔軟剤売り場に立っていることができません

 

 

ともかく

やはり自分にはコットンが向いてないなと、改めて思いました

 

肌触りはとってもなめらかなんですけどね

湿気がこもるから、「しっとり」するのは確かです

 

いまリネンに狂ってますからねえ…

そのうち他の素材にはまってたりして

わたしの「リネン狂い」はもう5年以上続いているので、このぶんだと定着すると思われます

 

うちの妹が

はまり出したんですよ

リネンに

本格的に

 

わたしのことを「なんでも麻子」とからかっていた妹が

 

「もう無理、化繊ムリ」

と言い出し

リネンばっかり着ています

 

化繊のギャル服で育ったあの妹が

 

ちなみにうちの妹は、ナチュラル系ファッションの対極にある、とんがりまくった格好をしていた人ですが、リネンを着ています

 

信じられない

 

「リンネル系の服とか一生着ねーし」

って言ってる元ギャル30代を思い浮かべていただければ、うちの妹がリネンを着る不自然さがわかっていただけるかと…(渋谷じゃなくて原宿でもなく六本木系らしいのですが)

 

よくむかしは妹と一緒に歩いていると、おばさま方にガンつけられました

妹はサングラスの中からおばさま方にガンつけ返していました

露出度が高いにもかかわらず(可愛らしい要素がないので)日本人男性が寄り付かず、中高年が眉をひそめる格好です

妹の中身は穏やかなんですけどね

 

無印で服を買う妹をまったく想像できなかったですが

いまは

「良品週間クッソヤバいwwwwww」

と無印にハマっており、リネンをまた買っているみたいで、楽しそうです

 

妹は「とんがりナチュラルこなれ系」ファッションにアレンジして無印リネンを着ているので、妹の見た目はそんなに変わりません

 

 わたしが着ると女工さんの作業服に見えるシャツを、妹はかっこよく着ております

 

妹は骨格診断のナチュラル系だと思います

細身で骨が出ている

姉妹でも骨格ってこんなに違うんですね

 

 

 

あとホテルを出て気がついたのですが、

 

テレビの存在を忘れていました

 

黒くて平べったい家具っていう感じで

なんか邪魔だなと

そういえばあれはTVでした

 

地震でもあればTVをつけたかもしれないけど

音がうるさいしね…

 

正月に実家でTVつけっぱなしにしていたら、ちょっと疲れてきて、消してもらったことがありました

音の洪水が、あんなに疲れるとは思わなかった

意外にエネルギーを使っているのかもしれません

 

むかしはホテルに泊まるときはアメニティをたくさんもらってウキウキしていましたが、今回はひとつももらいませんでした

 

連泊だったので、シーツ替えの掃除をお断りして、タオルだけ替えてもらいました

 

わたしが生まれた時から、大量消費社会と言われてきましたが、本当にたくさん消費してたんだなあと思いました