ミニマル生活で頭をスッキリ(目標)

ミニマリスト目指し中。意識低い系。

「夏にサンダル欲しい病」続き

結局のところ、サンダル欲という物欲に負けたわけですが

 

意外なものを手に入れて

意外な結果に落ち着きました

 

新たな発見の連続で、自分としては非常に面白い体験でした

 

 

とりあえずMARNIのこれ↓が欲しくて、買えないけど本物が見てみたくて、MARNIを取り扱っていて、まだ行ったことのない近くのセレクトショップに行ってみました

f:id:onegin150:20170525194651j:image

↑マルニ

かっこええで…

一生履きたいレベル…

サイズが合えばの話ですが

意外に体型と相性が悪いかもしれない

 

セレクトショップでは、やはりこの靴の取り扱いはないと言われました

 

マルニのお店にもないし

まったく!!

日本のMARNIはやる気あるんですか!!?

(買えないけど…)

 

そこにはステラマッカートニーとかいろんな厚底が売っていました

 

そこで

ふと目についたこれ

f:id:onegin150:20170525195441j:image

MARNI

スニーカーサンダル

f:id:onegin150:20170525195421j:image

横顔はこんなのです

 

スニーカーなので、まったく興味ありませんでしたが

上から見た感じが、まさに理想に近く

非常にしっかりした美しい革だったので、履かせてもらうことにしました

 

足を入れて

ベルクロを留めて

鏡を見てみたら

 

 

 

 

ん…?

 

 

 

( ゚д゚) ・・・
 

 


(つд⊂)ゴシゴシ
 

 


(;゚д゚) ・・・
あれっ

 

 


(つд⊂)ゴシゴシゴシ


 

 

    _, ._
(;゚ Д゚) …!?

 

 

 

 

 

なんだこれはーーーーーー!!?????

( Д ) ゚ ゚ 

 

 

 

めちゃくちゃ…

 

かわいい…

 

…んですけど!!!?????

 

 

 

 

ものすごい衝撃…

 

なんというオシャレ感…

 

なんという絶妙な脱力感…

 

そしてなんというラクな履き心地…

 

「スニーカーは自分に似合わない」という思い(と値段)だけ、おもいっきり引っかかりましたが、とにかく超かわいい

 

履くとどんな感じになるかは、名古屋のセレクトショップ les Bises(レ ビズー) さんのブログに、きれいでわかりやすい写真が載っていました

 

「MARNIのスニーカーサンダル」

http://ameblo.jp/lesbises/entry-12239811712.html?frm_src=thumb_module

 

正面からみると端正で細身で、革がしっかりきちんとした印象なので、カジュアルすぎない

 

7cmヒールの厚底なのに、間に黒い革部分があることで、高さが目立たない

厚底なのに全くバカっぽくない

 

ベーシックな色で、どんな服にも合う

 

厚い革でしっかり足首をホールドして、底はスニーカーなので、細身だけどめちゃくちゃ歩きやすい

 

わたしの大好きな服であるロングのワイドパンツが、たぶんとてもきれいに履ける

 

かわいい系ワンピース、カラフルな色、細身パンツ、ワイドパンツ、おそらくなんでもいける

 

自分に全く似合わないはずのスニーカーが、つるっとした硬い革のおかげで、わたしでも似合うスニーカーに変身している

 

これは…

まさしく

 

理想の厚底サンダルなのでは??!!!??

 

いやちょっと待て

 

ブランドもの&値段で、舞い上がってるから素敵に見えるだけでは…???!!??

 

 

とりあえずその場では買わずに、家で調べてみました

 

お取り置きはできません

買うかどうかわからないから

 

もし売れてしまったら、それも運命だと思いました

 

 

MARNIの厚底スニーカーサンダルを使ったコーディネートの写真を、ひたすらネットで集め、

自分の画像ファイルに入れた写真を眺めては、

溜め息…

 

みんなオシャレだねえ…

 

ついでに他のかっこいいサンダルのコーディネート写真を大量に集めて、見比べること数十枚(数百枚?)

 

やはり…

際立つ

このサンダルの…

脱力感…!!

 

そして

きちんと感のバランス!!

 

これだよ

求めていたのは

 

大人の厚底サンダルに必要なのは

脱力感だった

 

こなれ系っていうんですかね?

リラックス系?

 

靴だけの写真で選んでしまうと、どうしても靴自体の主張が強いものを選んでしまい、全体のコーディネートにおいて本当に必要な靴を見逃してしまいがちです

 

むかしから気をつけないとと思っていましたが、今回もこれを見逃していました

 

「スニーカーは似合わない」という自分の鉄則に、例外があることを知らなかった、というのもある

 

 

MARNIのコレクション写真を見て、いままでゴスロリ系とかアニメのコスプレする人御用達だった超厚底靴が、別物に見えてきました

 

f:id:onegin150:20170525204035j:image

f:id:onegin150:20170525204039j:image

f:id:onegin150:20170525204043j:image

f:id:onegin150:20170525204044j:image

MARNIのHPより

 

厚底靴って、なんでもいけますね

流行っているから受け入れられるという面は否めない

 

他にもこんなのがあるようですが

f:id:onegin150:20170525230239j:image

f:id:onegin150:20170525230312j:image

f:id:onegin150:20170525230252j:image

ちょっと自分にはカジュアルすぎるのです

私には似合わないと思います

 

 

 

コーディネート写真を大量に見て、理想のサンダルであることを何十回も確認し、ついに、お店に再び行ってみました

 

 

先日のスニーカーサンダル…

 

まだあった!!

 

 

しかしここですぐ買いません…

 

その日は自分の服を4着持っていきました

大好きなワイドパンツ、

リネンのガウチョパンツ、

リネンのフレアスカート

細身リネンパンツ

 

目が悪いから、眼鏡も持参

 

全部、実際に着て、サンダルを試着して検討させてもらえました

鏡とにらめっこ&着せ替えすること数十分

お高いお店はよくわかってらっしゃいますね…

店員さんは、こんなめんどくさい客にイヤな顔せず付き合ってくれました

 

結果

 

 

どの服も、合いまくり

 

 

合っているというレベルではなく

 

さらにかわいい…

 

 

しかも、今までの苦しみはなんだったんだという

楽チンさ

 

やばいよ…

これだよ…

 

 

いや!!

舞い上がって血迷ってないか!!???

 

ていうのをさんざん繰り返し

 

 

 

ついに買ってしまったよ…

 

 

 

 

MARNI様の

サンダル様を…

 

 

 

 

 

人生初の

ブランドサンダル様だよ…

 

 

 

 

かなり時間がかかったのに、終始笑顔で送り出してくれた店員さん

ありがとうございます

 

 

 

家に帰ってさっそく

春・夏・秋に履くすべてのパンツ・スカートと

すべてのワンピースと合わせてみました

すべてです!!

 

箱を開けたら、スニーカーのくせに一足づつ「MARNI印」の袋に包んでありました

ブランドものスゲー…

 

これまた夜中までかかり

結論

 

すべての服と

合うよ…

 

 

合わない服が

ないよ…

 

 

すべての服が

さらにかわいく見えるよ…

 

 

 

 

なんだよこれ…

 

 

どうなってるんだよ一体…

何が起きているんだ一体…

 

 

 

よく、モデル全員がまったく同じ靴で出てくるファッションショーがありますが

 

あれ、不思議でした

なんですべてに使えるのか、まったく謎

 

あれってミニマリストのお手本だと思うのです

 

ショーをすべて同じ靴で通すブランドはけっこうよくあるので、ショー写真を探してみるのをおすすめします

 

ショー写真はこのサイトがおすすめ

https://s.fashion-press.net/collections/

 

あのハイブランドのショーで見られる

「全部同じ靴なのに最高にかっこいい」

という現象が、いま自分の部屋で起きている

 

もしかして、靴の微妙な形のバランス、質感のバランスが、それを可能にしていたのかもしれない

 

 

もうさ

ほかの靴は

要らないんじゃない…?

 

 

 

ん? (°ω°)

いま要らないと思った?

 

 

自分の、お気に入りすぎて手放せない靴たちを

要らないと思った??

 

 

だって

どの靴も

このサンダルに比べたら

こんなに楽じゃないし

こんなにかっこよくないし

必要ないのでは…?

 

という疑問が沸き起こり

頭が大混乱

 

確実に手放せそうな、用途と履く場面がカブっている靴が、少なくとも2つあることに気がつきました

 

MARNIサンダルがあるのに、スニーカーを履くか?

→履かない

 

MARNIサンダルがあるのに、ヒールの高いミュール👡を履くか?

 

→履かない…

 

 

なんということでしょう

 

夏はもう、

MARNIサンダル

冠婚葬祭あらたまった席用の黒いパンプス

ドレスアップ時の華やかヒール靴

の3つさえあれば、何も要らないかもしれない

 

冬はブーツ1足か2足

(普段用とお出かけ用)

 

そして雨雪兼用レインブーツ

 

ていうか

冠婚葬祭なんてあった?

 

どうせパンプスなんて、どれも私の足には合わないんだし(前記事参照)

いざという時に、GUとか靴流通センター的な激安店で買えばよくない??

 

パーティなんて行かないし

華やかなヒール靴って必要??

 

その時に流行りのミュールを、エスペランサ的な店で買えばよくない??

 

 

どちらも使い終わったら、また1年以上パーティや冠婚葬祭の機会なんてないのだから、安く売ってしまえばいい

 

黒いパンプスなんか要らない!!

 

パーティ用の華やかなミュールなんて要らない!!

 

おお…?

 

意外なものが手放せることに気がついた…?

 

細いハイヒールを激安店で買うのは、危険かもしれない

前にポッキリ折れて怪我したことがあるから

 

それに

サンダル欲と同じように、ハイヒール欲というものがありまして

 

とってもお気に入りで、美しくて履きやすいハイヒール一足を、残しておこうと思います

 

てことは

必要な靴は

 

① MARNIサンダル

② お気に入りハイヒール

③(華やか系ハイヒール)

④ 冬ブーツ2足(1足にできるか??)

⑤ レインブーツ

 

だけ…

となるか??

 

やっぱり靴大好きだから、これくらいは必要なのかなあ…

②と③のハイヒールを、一足にできる気がする

④もたぶん、1足にできそう

 

選ぶのが大変ですが、10〜20年に一回のことだと思えばいい

 

そうすると、全部で4足?

 

手放せると言っておきながら

スニーカーは迷っています

スニーカーって、なんだかんだいってやはり便利…

厚底ではなく、ラフなのに上品な雰囲気のスニーカーを持っていて、使う機会が今後あるように思います

 

うーん

 

ちょっと今回は力を出しきったので、他の靴についてはまた考えます

 

 

 

あと、

自分で非常に驚きましたが

 

毎年サンダルを買った後も、

夏の間じゅう煮えたぎっていた

「サンダル欲」が

 

 

 

MARNI様を買った後

消え失せてしまいました

 

 

 

他人の足元を見なくなってしまった

 

あんなに興味があったのに

 

誰が何を履いていようと、あまり気にならなくなってしまった

 

世の中に流通しているサンダルにどんなものがあるか

どうでもよくなってしまった

 

たぶんMARNI様が擦り切れても、クッション部分を自分で貼り直して、しつこく使うと思います

 

靴底には「シューgoo」というものを貼って、延命をはかります

 f:id:onegin150:20170526074209j:image

 

 

甲の革部分とヒールが駄目になり、シルエットが崩れた時が寿命ととらえます

 

10年以上もつかもしれない…

 

時代に全くそぐわないシルエットとなった時は、防カビをして、しまっておきます

 

20年経ったら、何でもビンテージ

 

素晴らしい…

 

20年経つと、また流行が再燃します

その時に売っているか持っているかはわかりませんが、まだ持っている気がする…

一生これだけ履いていたい…

 

 

《今回わかったこと》

 

 

・良い靴は素晴らしい

シルエット、作り、人に与える印象、全体のコーディネートに与える印象、履いているときの快適さ、

全然ちがう

中途半端な靴を買いたくなったら、それを貯金しておくべき

 

・万能な靴があると、他が要らなくなる

他の靴の存在意義がなくなります

 

・自分の理想が分かるまで考えると、

非常に疲れる、体力消耗する

自分のニーズを、自分がいちばんわかっていない

今までの買い物の失敗が、考えるヒントになる 

いくら人に聞いてもわからない

自分で考えるしかない

 

・「全てに合う靴」は存在する

発見するには、ショー写真を参考にする

今度は冬ブーツで「全てに合う靴」見つけるのが課題

 

・自分は貧乏時代の夢が叶うと、執着がなくなるらしい

貧乏時代の夢は比較的ちっぽけなので、悶々としていないで、やってしまった方が早いかもしれない

 

いちばんの驚きは、しつこい「サンダル欲」が消え失せたこと

 

サンダルの話でいつの間にか1万字弱書けるのです

しつこ過ぎる

 

今回の費用は高かったですが、心が軽くなりました

 

おやすみなさい