読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマル生活で頭をスッキリ(目標)

ミニマリスト目指し中。意識低い系。

「これ、要らないかも」その3

まだちょっとメイクの話です

男性のみなさま申し訳ありません

 

なぜって、自分のこだわりが強い分野だから

今まで

「これは絶対必要!!」

だったアイテムが、すごく多いのです

 

さて

次の「これ、要らないかも」です

 

・アイライナー

 

f:id:onegin150:20170514004042j:image

 

これもまたメイクの要ですよね

 

以前はずっと、クレヨンタイプのアイライナーを使っていました

 f:id:onegin150:20170514080700j:image

↑今は(日本に)無きブルジョワ

痒くなくて、にじまなくて好きだったのに…

f:id:onegin150:20170514080703j:image

CHANEL  スティロユー

(実はアディクションの同様品と中身が同じと聞いたことがある)

 

こういう、ほぼジェルタイプみたいなガッツリ濃いやつです

 

しかし ここ数年、シミシワ防止のため、クレンジング剤を使わない生活になりました

 

クレヨンタイプのアイライナーはマルセイユ石けんで落ちますけど、いつもの「泡のせ数秒」洗顔では落ちません

f:id:onegin150:20170514151550j:image

↑マリウスファーブル社のマルセイユ石けん 

 

アイライナーを落とすために、マルセイユ石けんを長く目元にのせる必要が出てきて、結局、目周りが乾燥してしまう

毎日やるのはお肌によくない

 

というわけで、全てお湯で落ちるタイプのアイライナーにしました

 

お湯で落ちるタイプはねえ…

色が薄い

最近リニューアルして色が濃くなりましたが、それでも薄い

 

クレヨンタイプのように、にじんだような「スマッジアイ」ができない

 

f:id:onegin150:20170518003239j:image

↑アイライナーをにじませたようにみせるスマッジアイ(vogueより)

 

薄いリキッドアイライナーの場合、濃いアイシャドウをのせると、アイラインの存在感が消えてしまう

 

かといってはっきり濃くて真っ黒なリキッドアイライナーは、「描きました」感が強い

舞台メイクにはいいと思いますが、日常の自然な感じとはほど遠い

 

歳をとったので、「アイライン描きました」感はできるだけ避けたいです

私はあんまりキャットラインをやりませんし

 

日常生活では、むしろアイシャドウの濃い色だけでで充分なのではという気がしてきました

 

絶対に必須だと思っていたアイライナーが、実は意味がないかもしれないと思って、最近やめてみました

 

自分のメイクでアイライン的な役割として大きいのは、実はマスカラの根元の濃い黒でした

 

最近アイラインなしでやってみて、なくてもたいして仕上がりに変わりがないことを確認…

 

ジェルタイプやクレヨンタイプは、アイラインとしてちゃんと存在感抜群です

 

というわけで、今後もふだんのアイメイクにはアイラインなしでやってみることにしてみます

 

がっつりアイラインをしたい時は、アイシャドウパレット付属のジェルライナーを使うことにしました

 f:id:onegin150:20170514005144j:image

(1番端の黒がジェルライナー)

 

 

がっつりアイラインの日は、ホホバ油とマルセイユ石けんで落とします

翌日の肌の乾燥は、しかたないですね

 

 

 

 ・マスカラ下地

f:id:onegin150:20170514005515j:image

 

これは…

悩んでおります

 

何回か下地なしでやってみたけど、毛先の印象はあまり変わりませんが(実際は長くなっています)、まつ毛根元の濃密度が全然違うのです

 

アイライナーをやめた今、マスカラは超重要

 

やはりこれは必要か…

 

メイクポーチの中でマスカラ2本持ちって、ちょっと場所を取るから、つらいのです

パッケージが太くて長いし

口紅サイズのミニを使ってみようかなあ

下地を使うと、根元の濃密さがはっきり違うけれど、やっぱり自己満足なのかなあ

だれもそんなこと気にしてないかな…

マスカラ一本でできる方法を模索中です

 

・複数の口紅、リップバーム

f:id:onegin150:20170514010336j:image

f:id:onegin150:20170514010553j:image

(Metdaanより)

 

ここまですごい数は持っていませんが、コレクション化してくるの、わかります…

 

口紅の色で、その日の気分が決まると言って良い

パーフェクトな色でないと、気分がのりません

 

まあでも、最近ようやく、自分に必要な色と、消費できる量がわかってきました

 

《必要な色》

絶対に必要なのが、あまり主張しない顔色の延長のようなヌード色、

ヌード色扱いできるピンクベージュ

もしくは顔色が良く見えて主張しない系統

その中の一本を基本色として、ひとつ必要

f:id:onegin150:20170514110037j:image

自分の場合、けっこう明るい色が基本色です

肌なじみよく、明るいけれど口が主張しない色

 

 

f:id:onegin150:20170514110044j:image

(Dior より)

これはサーモンピンクとオレンジのような色で、顔色が良く見えて派手にならない、すごく綺麗な色です

addictのこのシリーズは、透明感のあるつき方なので色が明るくても自然な感じがします

 

もうひとつ必要なのが、

真っ赤な口紅

f:id:onegin150:20170514111030j:image

f:id:onegin150:20170514111034j:image

これはお出かけの時に気分を上げるためと、なんかのパーティ用ですかね

絶対にデート用ではありません

赤口紅は男ウケが非常に悪い

 

 

 

 

もうひとつ、

その季節の気分に合った派手な色 

f:id:onegin150:20170514111550j:image

f:id:onegin150:20170514111556j:image

夏は蛍光/フューシャピンク系、明るいオレンジ

 

 

 

f:id:onegin150:20170514111613j:image

冬はボルドー、モーブ系など

 

 

以上が必要な色です

基本のヌードと赤、遊びの3色です

 

 

 

 

 

《必要な/消費できる本数》

 

持っているのが基本の1色だけだと、どうしても気分と合っていなくてがっかりする日があります

 

口紅が大好きなので、3色が減らす限界かもしれません

1本1-2ヶ月でなくなるので、3本で1-2シーズンですかね

一度に持っている口紅は3本まで

としたいところですが…

 

もうね…

限定色とかやめてほしいんですよ…

ストックしなきゃいけないのが、とてもうっとおしい

買いたい時に買えるようにならないのかなあ

ならないだろうなあ…

 

というわけで、今使う3本+ストックが常にあります

 

口紅については、これまでもいろいろ考え、

結局自分の気持ちに波があることがわかりました

 

いろんな色を使いた時期

 

面倒なので一色で済ませたい時期

 

肌に優しい系しか受け付けない時期

 

今はいろんな色を使いたい時期のようです

 

でもさ…

思ったんですけど

真っ赤な口紅って必要なのか…???

 

赤口紅トレンド何度もが繰り返されるけど

オシャレであっても、非常に男ウケが悪い

超絶オシャレな男性以外には「どうしたの」って言われる色だよ

パーティに行く用事もないし

クラブはもう行かなくなって久しい

 

気分が上がるけど、

真っ赤なマット口紅って、

実は日常生活に、全く必要ないのでは…??

 

てことは、

自分に必要な色は

 

・仕事&ヌード系として使える肌馴染みのよい色

 

・気分高揚・お出かけ・デート用の明るい色(季節の色を兼ねる)

 

の2本で良いのでは…??

 

(BBAがデート用とか言ってすみませんねぇ…

まだお嫁に行くことをあきらめきれず…)

 

 

 

 というわけで

 

今日気がついた、

赤口紅は要らない」説

 

もう少し掘り下げて考えてみます

 

最近出た本で

「赤い口紅があればいい」

っていうのがありました

 

一般人は…

そうはいかないんだぜ…

どういう赤かにもよるけどね…

 

色を絞らないと、果てしなく増えていく

それが口紅好きの持つ口紅…

 

 

すごく長くなったので、また続きます