ミニマル生活で頭をスッキリ(目標)

ミニマリスト目指し中。意識低い系。

パウダー化粧品の使い方

オンリーミネラルは、化粧下地、日焼け止め、コンシーラー、お粉の4役をひとつでまかなえるので、とても便利

 

ですが、形状が「粉」っていうのが、使いにくい

 

プレスト状にするには、油分や界面活性剤が必要なので、肌に直につけるものは、やはり粉状の方が良いです

 

いろいろ試行錯誤したのですが、最近になって一定の使い方で落ち着きました

 

名付けて「裏返し使い」

 

これ常識じゃね?っていう方もおられるかもしれませんが、参考までに

 

【裏返し使い】

 

1)粉ケースを裏返して持つ

 f:id:onegin150:20170419194952j:image

2)お尻をパンパン叩く

 f:id:onegin150:20170419195000j:image

 

3)裏返しのままフタをあける

 f:id:onegin150:20170419195011j:image

4)筆にとってティッシュで調節

 f:id:onegin150:20170419195028j:image

f:id:onegin150:20170419195051j:image

5)均一に含んだら顔につける

 f:id:onegin150:20170419195057j:image

6)裏返しのままフタをしめる

 f:id:onegin150:20170419195104j:image

f:id:onegin150:20170419195108j:image

 

以上です

 

それだけかよって感じですが、

これだけでけっこう便利です

 

この容器、トントン叩かない限りは、逆さまにしたくらいでは粉が落ちてこないのです

 

オンリーミネラルのカウンターのお姉さんは、確か粉を少しずつフタにトントンと取っていたように思います

 

ハイライトとファンデは多少多めに顔につけても問題ないので、ティッシュで調節はしていません

フタの裏でグリグリ筆に含ませてそのまま適当に顔につけます

 

難しいのはチークです

 

粉量を調節しないと、つけすぎてしまう

 

最近は肌が丈夫になり、プレスト状パウダーで肌荒れしなくなってきたので、チークはプレスト状でいいかなと思ってきています

しかし季節の変わり目に肌が弱くてプレスト状を使えない時は、粉状にするしかないです

 

夏は温度と光で化粧品中の油が酸化しやすいので、夏もできるだけ粉状チークにしています

 

 

ハイライトとしては、オンリーミネラルの「ルミナスパウダー」が意外に重宝するので、オススメです

 f:id:onegin150:20170419215756j:image

紫色のラメパウダーです

アットコスメの評価は2ですが、読むと中身は高評価ですね

なんだろ

 

目以外の部分がキラキラするのが好きではないのですが、これは仕事につけていっても目立たないので毎日使っています

光の効果で肌のアラがなくなり、目の下に多めにつけて後で払うことで、アイシャドウの粉落ちで目の下が汚れるのを防ぎます

 

さっき写真を撮っていて気がついたのですが、

うちのメイクスペース

f:id:onegin150:20170419200330j:image

洗面所の端っこ

 

たったこれだけでした

とくに不便は感じない

 

一昨年まで、大きなドレッサーで化粧するのが夢だったのに

 

そんな自分が洗面所の端で満足してるって…どういうことだ…??!!

 

北欧系とネオアールデコのミックスみたいな、でかいドレッサーをデザインして、オーダーで作ってもらうのが夢だったのに

 

一時期は「北側の窓からの光じゃないとダメ」とか、鏡の質にもこだわったりして、何する気ですかって感じでしたが

 

化粧品一式がポーチ2つに収まってしまった時点で、いろんな諦めと新境地に達したのだと思います

 

洗面所の電気なんて今は電球色だよ

自然光に近い色をと、照明までこだわっていたのに

 

電球色でも、まあなんとかなる

チークとシェーディングさえ気をつければ、だいたい失敗することはない

 

うーん

あらためてすごい進化だ

人間は、こだわりを捨てることができる

 

最近は化粧品をポーチ1つにできないかと考えています

 

まず多いのは化粧筆

アイシャドウだけで最高6本くらいありました

今は3本ですが、2本にできそうな気がする

 

筆を減らす一環として、アイシャドウパレット付属のアプリケーターでメイクしてみるチャレンジをしています

 

うんうん、確かに便利

だけどさ、筆の働きがイマイチだし、スポンジ類は摩擦が強くて肌に負担がかかる

久々に使ったスポンジチップは、もう永遠に使わないかもしれないと思うくらいの摩擦を感じました

 

ミネラルファンデーション用のブラシは絶対必要だし

毎日のチークとハイライトをのせる儀式は、まさに化粧タイムのハイライトだからチークブラシは必要

 

アイシャドウブラシは最低2本は必要だよなあ

うーむ…

筆はこれで限界ですね

 

休日用メイクとしてヘビロテしているのが、

Diorフルイドシャドウ

f:id:onegin150:20170419222025j:image

これアイラインから少しぼかすと、ひとつで光と陰を作れるのです

左から2番目の色をまぶたに広げて、お出かけ仕様にしております

 

すぐ乾くから使い方が難しいとのことで低評価みたいですが、色がきれいで、失敗しても水で落ちるので、きれいに塗りたくて何度も練習しました

コツは、「範囲を決めて一気に塗る」

「ワンストローク指で境目をなぞり、ぼかす」

 

アイライン的に使っても非常に透明感が出てきれいです

もう少し速乾性を和らげて、定番にしていただきたいアイテムです

 

というわけで、休日メイク用にこれだけ1本持っています

 

ポーチの中身を減らすとしたら、アイシャドウの数と、リップの種類ですねえ…

 

これでも鬼のように処分したあとだからなあ…

 

アイシャドウとしては、

・普段用モーブ系ブラウンのアイシャドウ

・休日用遊びアイテムひとつ(ラメ、フルイドシャドウ、カラーメイクなど)

 

これで十分な気がします

 

眉マスカラと眉パウダーは、使い切ったら卒業

 

リップ下地は

夏はリップグロウ

冬はリップマキシマイザー

 

リップそのものは

ディオールaddictリップ

ディオールaddictラッカーもしくはグロス

にしようと思います

冬は気温が低いので、固いバーム状のものは唇が痛くなるからです

 

 このくらいが限度です

化粧マニアの化粧コーナーが小さな箱ひとつぶんになったから、まあいいか

 

すごく眠いので寝ます

おやすみなさい