読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマル生活で頭をスッキリ(目標)

ミニマリスト目指し中。意識低い系。

おしゃれインテリアを超えて

最近、目指していたはずのオシャレインテリアから、自分が遠く離れていってしまっていることに気がつきました

 

スッキリ

 

片付け

 

北欧風

 

小さい暮らし

 

とかいうワードで検索すると出てくる、

素敵な本、インテリア

 

落ち着いた木目の家具に、

整頓されて美しく収納されたもの、

飾り棚には季節の小さな飾り…

素敵ですよね

 f:id:onegin150:20170315224642j:image

unicoより

f:id:onegin150:20170315224710j:image

無印良品より

f:id:onegin150:20170315224725j:image

無印良品より

 

こんな感じのに憧れていましたが…

 

 

もうね…

 

私の頭には、

重荷すぎるのです

 

ものが多すぎる!!!

 

そんなに管理できない!!!

 

むかし「littlehome」というブログが好きで、よく読んでいました

いろいろな工夫がちりばめられて、素敵なインテリアに素敵な家具…

 

本多さおりさんのお家にも衝撃を受けました

すごい人だなあ〜…

 

本多さんは最近出産されて、引越されたようです

新しい本が出ていたので、久々に前の本をチラッと見てみたら

 

も…

ものが多い!!!

 

気がついたら、

もうすでに、自分の家は本多家やlittlehomeのお宅よりも、ものがない

 

(2人暮らしと独り暮らしで比べたら、そうなるか…)

 

もうね…

管理するのが嫌なんですよ

もともとズボラだから

6畳間に工夫して、ソファとミニデスクと花瓶とかね、

冗談じゃねぇよ

と私の脳が、本多邸の素敵ビジュアルを見ただけで混乱し始める

 

コンランショップの馬鹿でかい机が欲しいと思っていた私が……

 

素敵インテリアが参考にならない!!

 

みなさんがほっこりするオシャレインテリアに、ほっこりしない!!

 

やばい域にきているのだろうか

 

オシャレなインテリアのビジュアルにあるものが、すでにわたしの脳のキャパオーバー

 

最近こういう漫画を読みました

f:id:onegin150:20170315234820j:image

「夫を変えて汚部屋がキレイになりました」

まきりえこ

 

絵と作りが丁寧で、この人の他の本も読みたいと思いました

このお宅、片付ける前はかなりの物量ですが、片付けた後も、結構ものがあります(普通の綺麗なおうちの状態)

今のわたしだったら全部捨てているものを、丁寧に整理して取っておいてある

 

そういえばわたしも数年この状態だったなあ…と思い出しました

 

その時は、持ち物が全部必要なものなのです

 

このくらい(片付けたあとの普通のスッキリ状態)の持ち物だと、ものの定位置とか、収納の工夫とか、物の数とか、変動が大きくて毎日片付ける必要があり、永遠に片付けと整理整頓が終わることはない

 

それも楽しいからいいんですけど

わたしの場合は頭のノイズを極力減らすことが目的だったので、工夫さえもしたくなかった

 

極端なズボラなのです

 

ミニマリストの方は、完璧主義か、極端なズボラか、どっちかのような気がする

 

最初はホテルの部屋を目指していました

 

f:id:onegin150:20170316000431j:image

豪華なホテルの部屋が憧れ

自分がこういう部屋に住んだらくつろげるだろうなあと思っていました

しかし途中で気がついたのです

 

ホテルの部屋は豪華でもくつろげる

人んちのものだから

 

↑ここに数日泊まってくつろげるけれど、よく考えたら、自分で所有するのはウンザリです

メンテナンスと掃除が大変で、購入・維持にお金がかかる

 

わたしみたいな庶民がくつろげて、所有していても精神的負担にならないって言ったら、

「四畳半に寝具とお膳」

ですよ

 

どの状態が自分の脳にとって心地いいのか、インテリア写真と多数にらめっこして、やっとわかった結論です

「そこに住む」

だけではなく、

「その写真のなかのものを全て所有する」

と考えながら、じっくり写真を見ました

最初は馬鹿でかくて重いスチール製キャビネットのUSMシステムを欲しいと思うくらいだから、感覚がだいぶ鈍っていましたが、

「それを引越しのたびに移動させる」

「ずっと所持・メンテナンスする・置く場所を確保して家賃を払う」

ということを想像していったら、豪華で高くて重い「憧れの家具」が、だんだん嫌になってきました

 

そこで、「よーし、その家賃を払うために稼ぐぞー!働くぞー!」となる方は、ぜひ所有してもらってかまわない

 

わたしの場合は無理でした

もう4畳半でいいよ

わたしの求めているのは、広くて大きな家と重厚な家具を所有することじゃない

できるだけ身軽に生きたい

4畳半でじゅうぶんなんだなって思いました

 

収入が増えたら、家に映画・カラオケスタジオを作るのが夢だったのに…(数年前まで)

 

結局、自分がそんなでかい家を所有すること自体、どんなにお金があっても、うっとおしいわけです

 

車が欲しくないのも、あのでっかい鉄の塊を所有したくないからです

 

 自分の求めているものがわからなくなったら、写真をみて想像することをお勧めします

 

ネットの画像検索、インスタグラムを眺める、iemoで検索する、などの方法でたくさん画像が出てきます

 

 家具は大好きですが、所有することに疲れました

借り物なら置くかもしれない

日本で家具付き物件がもっと流行らないかなあ

 

将来は、家具付き部屋が独り暮らしの標準になるといいなと思っています

そうすればスーツケースで移動できる

ベッドもテーブルも壁収納式になっていて、収納は全て壁面収納

台所は冷蔵庫レンジ付きで食器棚など全て壁面収納

うーん

日本では難しいかなあ

家具も部屋もオシャレな物件がそもそもほぼない

あんまり期待できない

 

「所有したくない」というのが、断捨離を超えて、オシャレインテリアを超えて、ミニマリストを選んだ大きな動機です

所有することで頭がものに占領される

「ものを持っていることを覚えている」ということは、脳がものに占領されている証拠です

自分の所有するものがあるぶんだけ、脳の空きハードディスクの容量が少なくなる

 

無駄なものを排除して、できるだけ頭の空き容量を増やしたい

 

だから普通の素敵インテリアは、自分の頭にはすでに「うっとおしい」ものになっています

 

だんだん自分の部屋が、

整理整頓するほどものがない

工夫して入れるほどものがない

棚が新たに必要なほどものがない

という状態に近づいてきました

 

最近、買い物が楽しみではなくなってきました

 

無印に行っても、買うものがないです

無印週間て言われてもねえ…

 

 

行きつけの服屋さんからご案内が来ても、買うものがない

もう服はあるし

 

無印のいろんな収納用品を、活用するほどものがない

あれもこれも、便利だよね!!

入れるものがないけど

 

おととしくらいから、持っていた100円ショップのプラケース類を、捨ててばかりいます

無印のはもったいないので実家で活用してもらっています

 

白いファイルケースがズラッと並んだ棚

f:id:onegin150:20170316095858j:image

無印良品より)

一般的には気持ちいいことだと思いますが、

中にものが入っていると思うと圧倒される

そんなに並べて整理しなければいけない書類が、ファイルボックスの裏にあるのです

想像しただけで頭がごちゃごちゃしてくる

 

数年前にたくさんあったファイルケースは、台所以外はひとつだけになりました

 

この調子でいくと、たぶん荷物がさらに半分くらいになる気がする…

 

服とバッグに思い入れが強く、なかなか捨てられていないから、それが減ればだいぶ荷物が減ります

まだ手放すべき執着は多い…

 

去年はまだまだ物欲が激しかったのですが、

最近、物欲の消退が顕著です 

ものを減らすと「より良いものを」と物欲が強まる人もいるようですが、

わたしの場合「所有がうっとおしい」ので、だんだん物欲がなくなってきた

 

リネンとキャメル毛布の存在が大きい

「もう持っているから要らない」の状態です

 

今後、「持っていなくても要らない」になっていきそう…?