読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマル生活で頭をスッキリ(目標)

ミニマリスト目指し中。意識低い系。

ミニマリスト的便利グッズ 続き2

題名が適当ですが…

便利グッズの続きです

 

 

・入れ子グッズ

 

f:id:onegin150:20170313171346j:image

マトリョーシカwikipediaより

f:id:onegin150:20170313171634j:image

アフタヌーンティーの入れ子ランチボックス

 

 

入れ子っていうのはマトリョーシカのように、大きい物の中に同型の小さいものが収まるもののことです 

この、収納スペースの省略化が、思った以上に侮れない

 

形が揃っているので、不揃いのものより取り出しやすいのも特徴です

 

特に調理器具は、入れ子式のものがけっこうあります

材質と形が揃っているので、大きさが違う=用途が違うのに、統一感が出ます

 

最近は、必要ないのに入れ子式のものを探すようになりました

リネンマニアの次は「入れ子マニア」ですかね

 

入れ子商品は、たいていセットで売っています

ミニマリスト的に、セットで買っても、

「そんなにたくさん使わない」

という問題があります

 

4-5個の入れ子で売っているもののうち、3つくらいしか使わないのです

 

困りましたね

 

前は応量器(禅僧が使う食器セット。それ以外の食器は持たない)に憧れていましたが、

f:id:onegin150:20170313172935j:image

f:id:onegin150:20170313172941j:image

↑(応量器、たに屋さん)

 

こんなにね…使わないんですよ

こんなに食べられない

わたしって禅僧以上にシンプルなのかしらって思いましたが、禅僧さんが使うセット数はもっと少ないみたいです

皿とお椀3つくらいでいい

 

誰か「ミニマリスト用応量器」作ってくれませんかね

 

入れ子式は、「スッキリしまえる気持ちよさ」につきます

 

新たに買うものは入れ子式にできないか、考えると楽しい

 

 

 

・小さいものシリーズ

f:id:onegin150:20170313175406j:image

ネイルサロンでも使われる足ヤスリミニバージョン(ペディキュート)

 f:id:onegin150:20170313175408j:image

フェザー爪切り極小サイズ3S(4.5cm)

f:id:onegin150:20170313175846j:image

世界最小たわし3cm(爪ブラシ)

f:id:onegin150:20170313182346j:image

無印のミニサイズソーイングセット

 

 

これは便利グッズというより趣味に近い

ミニチュア好きな方はいると思いますが、

ドミニック・ローホーさんの著書

「小さいものと豊かに暮らす」

という著書を読んでから、「小さいもの好き」に拍車がかかりました

f:id:onegin150:20170314104635j:image

 

 ドミニックさんは、自分の身長に合わせて小さい布団をオーダーメイドしてしまう徹底ぶりです

荷物は、少なく、軽く、身軽にがモットー

 

確かに重いよりは軽い方が良いに決まっている

 

重くないといけない道具というのはあります

セロテープ台、裁断機、ハンマー、花瓶

 

ある程度大きくないといけないものもあります

手の大きさに合わせたペン、身体に合わせた椅子、動作範囲に合わせたテーブル、体の大きい人には大きめのカバン

 

そういうもの以外はできるだけ小さく軽くしましょうという話です

 

とくにいつも持つ荷物は軽く小さくしたい(注意点として、小さすぎるカバンは太って見えます。太って見えない最小サイズがおすすめ)

 

何か必要になってものを買うとき、その重さと大きさが本当に必要なものか、もっと小さくできないかを考えます

 

 そうやって世の中を見てみると、世の中のものは、訳あって適正な大きさで存在するものや、そうでないものなど、いろいろあるんだなあと感じます

 

クレーン車は、重くて、狭い道が通れないくらい大きくないと高いところまで届かない

 

スピーカーはある程度大きさと奥行きがないと、深みのある音が出せない

 

着圧ソックスは、大きさが合っていないと圧力が変わってしまい、効果が出ない

 

湯たんぽの大きさで悩みました

 

中に入れるお湯はできるだけ少ない方がエコでお金がかからない

でも翌朝まで寒くならない大きさが欲しい

プラスチック製を買おうとしていたら、そこまでの保温を求めると大鍋2つぶんくらいお湯を沸かす必要がある

いろいろ検討して、長持ちして少ないお湯でいつまでも暖かい銅製の湯たんぽにしました

 

本当はもっと小さい湯たんぽはあったのです

寒がりですからね…

 

小さくて素晴らしいのは、「住まい」です

 

前まで家族で住めそうな広い部屋に住んでいましたが、21平米に引越しました

なんでそんなに広い部屋に住んでいたかというと、

広い=良い

大きい=良い

と思っていたからです

 

人生でいちばん広い家に住んで、幸せだったかというと、そうでもない

掃除と管理が大変で、ものがいつの間にか増えていき、冷暖房代が高くて常にケチってつけないでいました

そして家賃もかかる

 

自分1人のものを収納して、ゆったりくつろぐには、わたしの場合4畳半か6畳くらいでじゅうぶんでした

布団一枚のスペースでいいという人もいる

むかし安ホテルの安い部屋(2畳くらいで布団を敷いてスペースが埋まってしまう)に泊まったことがありますが、あれでも十分といえば十分です

小さいキッチンとトイレ、シャワーがあれば生きていける

 

問題は治安です

いちおう女性なので、それだけ心配

そこが解決するなら小さい家に住みたいです

 

単身女性用のスモールハウス、増えないかなあ

 

理想はこんなの

f:id:onegin150:20170313185311j:image

ちょっと天井が高くて、ロフトの下はクローゼットになっているタイプ(クローゼットはコートギリギリくらいの高さが欲しい)

 

何しろ万年床なので、布団スペースは別でいてほしい

クローゼットは服以外スッカラカンを目指します

テーブルや椅子を使っていないときはクローゼットにしまえる

ガラーンとした部屋が完成です

 

 

というふうに、こんど何か購入する際は、

「より小さくて軽いもので代用できないか?」

と一考をお勧めします

いつの間にか荷物が激減しているはず