ミニマル生活で頭をスッキリ(目標)

ミニマリスト目指し中。意識低い系。

ガードル類を捨てました(便利グッズは必要か?)

そういえば、下着の引き出しがパンパンに詰め込まれていたのは、ブラパンツだけではなかったことを思い出しました

 

女性なら増えてくる、いろんな便利グッズ

 

便利グッズ大好きなので、JR東日本の怪しいカタログ「トレインショップ」が大好きです

f:id:onegin150:20170311092911j:image

 着たまま歩ける寝袋 とか

f:id:onegin150:20170311092933j:image

耳を見ながら掃除できるイヤースコープとか

 

面白グッズを見ているだけで楽しい

 

そんな勢いで増えてくる便利グッズ

 

昔はいろんなもの持ってたなあ

 

中学生の頃から脚がむくんで、ひどいのでメディキュット的靴下は多数持っていました

 f:id:onegin150:20170311120039j:image

f:id:onegin150:20170311120045j:image

 

いちばん良かったのはサイズぴったりの医療用ですが、病院で購入して、1万円もかかった

 

今は漢方薬を飲んでいるせいか、むくみが治ってしまい、すべて処分

 

汗脇を吸うボレロ、パッド

f:id:onegin150:20170311115754j:image

 

汗脇がひどいのは、化繊のヒートテック的下着を着ているからでした

リネンやウールに変えたら、必要なくなったので、処分

 

買ったブラから要らないので外した、たくさんの胸パッド

「痩せた時にブラがブカブカになるから」という理由で全部取っておいた

痩せたときは痩せた時用にブラを買いますよ

不安が強かったんですね

捨てました

 

服から見えても大丈夫なように、可愛いブラの肩ひも類

30過ぎたらブラ見せするような服を着ないので、全て未使用のまま処分

 

 

冷えがひどいので靴下の下に履く、絹の5本指靴下

 あったかブーツ+リネン・ウール靴下の最強コンボで不要となったので、捨てました

 

一時期流行ったTバック

タイトスカート・タイトなパンツを履く時用に持っていましたが、身体のラインがはっきり出る服を着なくなって久しいので、捨てました

 

ストッキングみたいな薄いガードル

タイトな服を着ないので捨てました

 

かわいい網タイツ

そういうの着ていい歳ではなくなり、処分

 

着圧ストッキング

むくみがなくなったので全て処分

 

たまにしか使わない肌色ストッキング

1年使わなかったので処分

 

あったか靴下類多数

980円のモコモコルームブーツ+リネン靴下という組み合わせに落ち着いたので、捨てました

 

髪の毛を乾かすマイクロファイバーのタオル兼ヘッドキャップ

リネンタオルでしっかり水分を吸い取れるので、マイクロファイバーのシュシュ以外は全て捨てました

 

腹巻き多数

ウールの長めパンツ2つローテーションでじゅうぶんあったかいので捨てました

 

レッグウォーマー

ルームシューズで大丈夫なので捨てました

 

部屋の中用手袋

手が凍えるほど冷えることがなくなったので、捨てました

 

和装用足袋

ひとつだけ残して捨てました

 

…などなど

 

いっぱいいろんな小物を持っていたなあ

 

全部捨てました…

 

特にあきらめるのが困難だったのは、ガードル類です

 f:id:onegin150:20170311120201j:image

寒がりなんで、ガードルってあったかいんですよ

腰痛がやわらぐし

あの安定感と安心感が好きでした

ヘタに化繊ガードルを履くとかぶれるので、オルビスか、エクサブラのガードルでした

 

「ガードルを履いていないと垂れる」という恐怖の言葉を信じていたこともあり、手放せなかった

 

しかしデブ化した後、サイズが売っていないから、ガードルを履けなくなった

 

ガードルなしで数年経ち、振り返って見たところ、別にお尻は垂れていない

 

ふだんから尻肉を下に下げる座り方をしないように気をつけて、歩くときはお尻の筋肉を絞るように後ろに蹴り出す意識で歩いています

お尻の筋肉には自信がある

 

胸は筋肉から離れて脂肪がついていますが、お尻は筋肉の上にすぐ脂肪が乗っかり、脂肪だけで固まってぶら下がっている部分がほとんどない

 

結局は、お尻については「支える筋力」なんだと思います

 

ガードルで締め付けると、筋力は低下します

筋肉が支える割合が減るから

 

肉が垂れないなら、ガードルは要らないのでは?

 

結局、痩せたら履けるサイズのガードルがあることが嬉しくて買いましたが、使わない

 

今のところガードルなしで3-4年経ちますが、シルエットに変化なしです

 

皮膚がたるんでくれば下がるでしょう

70歳過ぎれば、お尻がどうとか、たぶんどうでもよくなる

プリケツなおばあさんは、それはそれで怖い

胸もお尻もプリプリのおばあさん

魔物ですかね

 

老いてたるんだ身体を味わってみたい気もします

 

いろんな小物を所持して、使って、管理するのが、とてもうっとおしいです

 

よくあんなに持っていたなあ

管理しきれず、引き出しから溢れ出ていました

 

ガードルって高いんですよねえ

7000-12000円くらいします

 

人によってはパンツがわりに使っているので、パンツより居心地が良いという方は、そのまま使ってもらっていいのではないでしょうか

 

私の場合、

「歳を取りたくない」

「たるんだ身体になりたくない」

という恐怖から持っていました

 

恐怖は手放したので、ガードルも手放します

 

思うんですが、世の中のガードルはサイズが小さすぎる

 

超絶デブ期こそ、ガードルが必要なのに

 

脂肪がたっぷりついているのに、自前の筋肉と皮膚で脂肪を支えないといけない

負担が大きすぎます

 

300-400kg級の人は、身体を動かしただけで皮膚が裂けたりしますから

 

アメリカ製の伸縮性がすごいボディスーツが通販で売っていましたが

f:id:onegin150:20170311120848j:image

デブ期にこそ必要なものだから、もっとサイズが豊富にあってもいいはずです

 

痩せた人がガードルつけてどうするのさ

はみ出さないように寄せるべき肉も、将来に垂れる肉もない

標準体重以下でガードル・ボディスーツが必要かといったら、あの包まれる感触が好きな人以外には、不要だと思います

 f:id:onegin150:20170311120223j:image

 

デブ期こそガードル・ボディスーツです

 

よく、肉付きの良いおばちゃんが、フルカップブラからガードルまでひと続きのボディスーツを着ていますが

あれは非常に正しい選択です

旦那さんはそれを見て萎縮するでしょうが

肉の管理的には正しい

 

(あっ…

まさか「熟女・ボディスーツ」で、そういうジャンルに需要があったりして…

と思い検索したら、

けっこう人気でした

甘かった…

おそるべき人類の多様性…)

 

 

いろんなこだわりや恐れを捨てたら、いろんな小物・便利グッズが不要になりました

 

どこかにも書いてありましたが、「あると便利なものは、なくてもよいもの」です

 

頻繁に使うもの以外、便利グッズは不要だと思います