読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマル生活で頭をスッキリ(目標)

ミニマリスト目指し中。意識低い系。

ミニマリスト的便利グッズ・お高いもの編

今回は、最初お値段が張るけれど、お値段以上の働きをするものを集めてみました

 

 さんざん安物・もらい物(高級品もあり)・ちょっと値が張るものの両方を使ってきて、自分なりの結論が固まってきました

 

安物でも良いものがあるというのは、いろんな商品に言えることですが、「繊維もの」だけは、ちょっとお値段が張るのを覚悟した方がいいと思います

 

特に、肌に触れる繊維ものは、安物ではない方がいい、という結論になりました

 

安い繊維製品に「良いもの」はほとんどありません

 

肌が弱いとか、静電気が起きやすいのは避けたいとか、できるだけ快適に生きたいとか、こだわりがなければ安い繊維製品でよいと思います

 

靴に関しては、サイズさえ合っていれば安くても使えます

安物はたいていすぐに擦り切れますが、しぶとく履けば1000円で半年〜1年くらいは履けることが多いです

特にスニーカーなど布製の靴は寿命が短く、革靴より安いですが、汚れ耐性と耐久性は劣ります

 

革製の靴とカバンは、パッと見た目で値段がすぐわかるので、見た目にこだわる場合は安物を避けた方がいいです

 

高い革靴を履いてみて初めて知ったのですが、良い革は、長期間にわたり見た目が綺麗で、足にぴったりなサイズ感を保てます

1-2万の靴との違いはデザインだけじゃないのかあと、しみじみ思いました

下手すると10年は余裕で使えそうです

  

みなさんご存知のように

「服はユニクロだけど、靴とカバンは良いもの」

である方が、ぱっと見が高級そうに見えて、コスパはよいことが多い

 

服はだいたいにおいて

「外見の印象が、かけたお金に比例して上がらない」という、

基本的にコストパフォーマンスが悪いものです

生地の良し悪しなんて、よく見ないと分かりません

 

パリッとしてツヤツヤなら高級、

シワシワならどんな高級リネンであろうとも貧乏くさい

それくらいのおおざっぱな印象しかわからない

 

着心地やブランドは、自己満足の世界です

わかる人なんてそうそういません

おしゃれ業界で競わないといけない人たち以外は、できるだけ普通の清潔感ある格好をするのが、いちばんお得です

 

以下にあげるものは、着心地=自己満足重視です

一度味わうと、化繊には戻れません

 

ヒートテックが超快適だという方には参考にならないかもしれません

 

 美味しい寿司は食べれば終わりですが、快適な服は着ているあいだ、ずっと幸せですよ…

 

主に肌に直接触れるものとして、

・着心地が良い(静電気が発生しない、ムレない、暑すぎない、肌の弱い人に優しいなど)

・長持ちする

・他のものを持つ必要がない

・年間を通して着る回数が多い

・家庭で洗濯できるなど維持費が安い

・アイロンをかけなくてよい

・見た目が貧相に見えない

・結果的にお値段以上の価値がある

 

という自分の基準を満たすものです

 

 ↓

 

ファリエロ・サルティのストール

f:id:onegin150:20170307221902j:image

 大判のカシミヤ・シルク・モダール混をお勧めしますが、人によって寒さの感じ方やデザインの好みなどいろいろあるので、いろいろ見て選んでみてください

(ジョンストンズの方が好きという方もいると思います)

 

人気の柄は、季節はじめにすぐなくなりますが、季節の終わりに残ったものがセールになるので、セール品を買ってみるのも良いです

 

これ一枚で秋〜真冬〜春までいけます

特にシルク混だと薄手で暖かいのに、小さくまとまり、持ち運びに便利です

これを買う前はチチカカで2000円だったウールストールを愛用していました

ファリエロさんは、厚地じゃないのにあったかいという不思議

超絶寒がりの私が保証します

 

家でプロウォッシュで洗濯可能

3年目ですがまだまだ使えます

トールはこれ一枚だけです

(他に毛布代わりにモニカ・サルティの大きなウールストールを持っています)

 

見た目が美しいのがまたすごい

巻くだけでオシャレ上級者っぽく見える

毎年ストール選びに悩んでウロウロ歩いて、中途半端な値段のものを買うことがなくなりました

 

 

 

ケンランドのリネンもしくはヘンプ長袖

f:id:onegin150:20170307222642j:image

ケンランドのリネンもしくはヘンプボトムス
f:id:onegin150:20170307222657j:image

ケンランドのウール/リネンレギンス

f:id:onegin150:20170307222801j:image

ケンランドのリネンジャケット

 f:id:onegin150:20170307223211j:image

リネン靴下(ケンランドもしくは中川政七2&9シリーズ)

f:id:onegin150:20170307222917j:image

 

なんでこんなにケンランド推しかというと

 

自分がリネンにハマるきっかけとなったからです

 

ケンランドの夏のTシャツを買って、気がついたら引出しにしまうことなく、洗っているとき以外ずっと着ていました

 

自分は骨格ストレートタイプなので、リネン素材はNG分野です

平織りリネンのシワシワが似合いません(着てますけどね…)

 

でもケンランドのリネンニットは、ツヤがあって、まるでハイゲージウールのようにすんなり馴染みます

「これは…カシミヤのようだーーー」

と思っていたら、やはりカシミヤと比較される素材のようです

カシミヤと違って、すごく丈夫で、家庭で洗えて、夏も使える

石鹸系アルカリ〜中性洗剤で洗えます

 

しつこく書きますが、

ケンランドリネンニットの激推しポイントは、

「夏も冬も、とにかく快適」

というところです

 

この通気性…

吸水性…

静電気が起きない快適さ…

温度調節機能…

それがこんなに人生を快適にするなんて…

化繊ばっかり着ていた時には想像できませんでした

 

今年の冬に気がついたのですが、真冬にババシャツの代わりとしてリネンニット長袖が使えるのです

 

一枚だけで着ると寒い気がしますが、その上にシャツやいつものスエット、セーターを着ると、愛用していたマジェスティックのカシミヤ混ババシャツ以上に、あったかくて気持ちが良いです

 

これは…

 

自分にとってはすごい発見です

 

なぜなら、高いウールの下着を、もう買わなくていいかもしれないから

 

ヒートテック的な下着はほぼ全部試しました

薄いという利点がありますが、電車の中で汗を大量にかいて、帰りに臭くなってきます

静電気がひどいし、肌は体じゅうかゆいし、ヒートテックと同じ価格帯のものはすぐボロボロになるし、ムレて気持ち悪い…

超寒がりでババシャツ難民を30年くらいやってみた結果、ババシャツは

マジェスティックのカシミヤ混コットンのカットソー」

という結論に落ち着きました

 

マジェスティック

・薄くてあったかい

・とにかくあったかい

・1枚で着られる

・家で洗濯できる

この寒がりが言うのだからマジェスティックの暖かさは本物です

(ただしヒートテック類・マジェスティック類は全て2枚以上重ね着していました) 

 

お値段は高いです

1枚で1万円以上します

毎日使って少なくとも3年以上は持つので、元は取れているはず

4枚所持して、2枚ずつ重ね着して、数日でローテートです

すぐボロボロになるはずが、マジェスティックは結構長持ちする

 

まあでもマジェスティック様でも、しょせんはコットンですよ

 

リネンの放湿性には劣ってしまう

快適さが違います

毛が入っていると、いくらウォッシャブルでも縮んできます

洗うたびに劣化は避けられない

自分のようなババシャツ依存者はババシャツをこき使うので、ウォッシャブルウール100%だと懐かしのチビTくらいの大きさになります

 

頻回に洗濯することが前提だと、ウールにリネンほどの耐久性は望めません

そしてウールは同じ厚みなら秋冬しか使えない

 

マジェスティックは「薄い」という点で優れています

コットンを不快と感じるかは好みなので、マジェスティックだったりケンランドリネンだったりは、人によってどっちでもいいと思います

 

私はリネンの快適さの虜ですので、真夏も使えるリネン一択です

 

夏も冬も使えるのは聞いていたけれど、まさかこんなにあったかいとは知らなかった

 

ババシャツとして使うときは、ウールやコットンなど他の素材を上に着ることをお勧めします

リネンだけだと、放湿とともにやっぱり寒くなります

その上に他の素材がくることで、リネンの保温性が活かされるようです

 

ケンランド以外のリネン製品がババシャツに使えるかというと、他のもの(無印、ユニクロなど)は生地が薄いので、ここまであったかくはないです

他社タンクトップは冬でも着られます

 

寒がりさんに激推ししたいのは他に、

・ケンランドのレギンス

(ウールとリネン両方お勧め)

全然毛玉が付かないし、

3年経っても購入時のような見た目で、

快適すぎる履き心地です

夏も冬も使えるリネンレギンス…

他のものを買う必要がないよ…

 

そして

・ジャケット

まだ試着しかできていませんが、今年買います

リネンなのにウールジャケットみたいな見た目

春夏秋にヘビロテでしょう

 

ガウチョ風ニットパンツ

下に着る物によっては冬も使えます

ここのニットはちょっとやそっとの洗濯ではビクともしないので、助かります

ヘビロテしすぎてできた小さな穴かがりは、自分でします

 

・靴下

冬は常にブーツなので、リネン靴下はムレないのにあったかくて最高に気持ちいいです

 

夏も冬も同じ靴下でいけるという楽ちんさ

 

靴下だけは中川政七商店のシリーズもおすすめです

穴があいたらやっぱり自分で直します

安物の生地だと、穴をかがった縫い目からすぐ裂けるので、直しようがない

 

フレンチブルというリネン靴下も作っているオシャレ靴下ブランドがありますが、厚みがあって凸凹が強く出ていて、自分は痒くなりました

厚みとかわいいデザイン重視ならフレンチブルがいいかもしれない

 

耐久性、快適さ、1年じゅう使えるという点で、ケンランドリネンは激推しです

 

ショップチャンネルセレクトショップ、ハンズ公式サイト、ケンランド公式サイトなどで入手できますが、いちばん品揃えが良いのはデパートの催事です

 

いろんなユーザーのリクエストに応えて、ネット上に載っていない製品がたくさん出ています

スニーカー用靴下

スリッパ

各種ストール

いろんな形の服

カーディガン

ボレロ

ビッグシルエットワンピース

ジャケット

タンクトップ

Tシャツ…

 

たくさんあるので見てみて下さい

 

ババシャツにするなら2枚仕立てのリネンかヘンプ長袖をおすすめします

ちょっと丈がなあとか

ちょっとここのサイズがなあ

というところを、可能なら直してくれることがあります

(製作スタッフがその場に運良くいればの話ですが)

 

 

リネンの話が長くなりました

 

リネンニット万歳

もうリネンとウール以外は着たくない

畑のカシミヤ…

それはリネン

 

ポエムができますね

 

続きます