読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマル生活で頭をスッキリ(目標)

ミニマリスト目指し中。意識低い系。

ミニマリスト的便利グッズ総集編2

 続き

 

無印メッシュケース 

f:id:onegin150:20170305162207j:image

むかしmidoriという文房具メーカーのメッシュポーチを買ってから、便利すぎて15年くらい使っています

 

無印でその類いが出て、すぐ買いました

 

これの良いところは、ビニールのようにまわりの荷物とひっつかず、布のようにフニャフニャグシャグシャにならず、カバンの奥底からすぐに取り出せるところです

 

中身が見えるので開けて確認しなくてよいのが、すごく便利です

しかも軽い

 

無印の折りたたみパイン材テーブル

f:id:onegin150:20170305162647j:image

ミニマリスト代表とも言える佐々木典士さんが使っていたので、真似してみました

佐々木さんは既に手放したみたいですが…

 

折りたたみでデザインが気にいるものがなかなかなかったので…

 

コタツにもなる北欧風テーブルが売っていましたが、コタツを使わないのでこれにしました

 

色が黄色くなってきたら、自分で白く塗る予定です

木目で軽くて折りたたみって、ありそうでないです

 

折りたたんだらクローゼットにしまえます

座卓タイプも机タイプも、同じ天板の大きさです

机タイプの方が脚が長いので、たたむと数センチ厚みがあります

お膳と机が同じ大きさでしまえることが、けっこう気持ち良い

後ろの金具は、小さいお子さんがやったらちょっと手を挟みそうかも

 

マザーズバッグ、ベジバッグ

 f:id:onegin150:20170305164257j:image

これは机の横の収納として、「しましま」さんが使っているのを真似しました

 

部屋に何も道具入れがなくて、いろんなワゴンとかボックスを検討しましたが、やはり存在感が大きくて移動が大変でした

 

これは引き出しの代わりとして使えて、ポケットがたくさんあり、部屋のいろんなところで使えます

 

机に座って何かするのが大好きで、ダイニングセットはあきらめても「机は絶対必要」とこだわっていました

 

両袖の立派な社長机みたいなので、しかもかっこいい机を求めて、ひたすら探していました

数十万もする北欧風デスクに憧れていた時もあった…

 

断捨離が進んできたら、両袖に入れるほどのものがなくなり、むしろ作業スペースにそんなに大量の荷物がある事そのものが、重荷に思えてきました

 

大量の書類を整理するキャビネットとして、金属製のUSMシステムを使う夢まであったのです

 f:id:onegin150:20170306235437j:image

すごーくデカくて重厚なキャビネットです

 

どんな値段でどんなに素晴らしい製品であっても、今となっては存在そのものが自分にとっては重苦しい

 

数年前は考えられなかった自分自身の変化です

 

しましまさんのデスク周りがスッキリしていて、衝撃を受けました

気がついたら、自分もそれに近い状態になれていました

 

 

自作香水セット

 f:id:onegin150:20170306204749j:image

無水エタノールエッセンシャルオイル

ガラス瓶スプレー

 

長らく香水難民でした

 

日本で嗅ぐ香水は、どれもラストノートだけが強調された車酔いのような嘔気をもよおす「悪臭」になってしまいます

 

湿気が強いとそうなるようです

 

欧米で欧米人のまとう香水は、ボトルからスプレーした時そのままの、芳しい香りでした(ちょっとしか滞在していないので外国でも臭いのかもしれませんが)

このあいだ上品ハイソな米国人男性の知り合いとお食事した時、やはり日本人のようなキツいラストノートが香りました

彼があんな香りをまとっているはずはないので、やっぱり気候なんだと思います

 

日本で香水を上手につけている人って、なかなかいないです

無理なのかもしれません

 

ゲランの香りにハマり、香りアドバイザーさん的な方にチョイスしてもらったことがありました

ゲラン店舗で嗅ぐ香りは夢のようなのに、自分がつけると、何をつけても悪臭になる

 

持っていた香水は、みんな売るかあげるかしてしまいました

 

ゲランの素晴らしい香りが、日本ではただの「香害」になってしまう

 

そんな中で、とある50代の女性がとても素敵なバラの香りをまとっていて、思わずどんな香水をどうやってつけているのか聞いてしまいました

 

バラの香り単体の香水らしいのです

 

ラストノートの香りさえなければ、日本でも香水をつけられるんじゃないかと考え、いろいろ探してみました

 

香りは長続きしませんが、やはりアロマ系の香りなら、あまり人を不快にさせずに済むらしい

 

探している時に、ニールズヤードでバラとフランキンセンスのアロマ系香水が発売されて、ラストノートで酔わない香水がやっと見つかりました

しばらく使っていましたが、バラもフランキンセンスもどちらも好きなので、ニールズヤードを真似して自分で作ってみることにしました

 

その後、入れる精油の種類をどんどん少なくして、バラ数種類とフランキンセンスの香りメインで、ブレンド精油を足すことで落ち着きました

 

レシピは

「無水エタノール10mlあたり精油20滴」

です

今使っている香水がなくなってきたら、エタノールを瓶に入れて、エタノールの量に合わせて精油を入れて混ぜるだけです

しばらく寝かせた方がいいらしい

 

香水酔いがなくなり、香水ジプシーがなくなり、自分からときどきいい匂いがするので、他のアロマグッズを処分できました

アロマポット、素焼き陶器、ディフューザー、20種類くらいのアロマオイル、全部手放すことができました