読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマル生活で頭をスッキリ(目標)

ミニマリスト目指し中。意識低い系。

買えば幸せになる?

(追記あり)

 

ひさびさに断捨離して、自分の買い物の失敗と向き合うことになりました

 

例えば髪をカールするためのアイロン

 

むかしは用途に合わせて5本くらい持っていました

 

一昨年、よく使う中太のアイロン以外は処分しました

 

しかし、生まれてからこの方、早く起きられた試しがないので、平日の身支度は最少限度です

 

髪を巻いている暇なんかない

 

自分は朝ゆったり起きて髪を巻いて、弾むカールで出かけることが夢でした

 

「朝に余裕を持って身支度できる身綺麗な女性」

になりたくて、その思いをアイロンに託していました

 

アイロンを買えばそれが実現すると思った

 

でも無理なんです

朝起きられないのは、ものごころつく前からずっと、そういう人間なのです

 

ちなみにそれも発達障害の人によくある特徴です

睡眠リズムがうまくいかない

 

最近はストラテラを服用して、朝に目覚ましがなると目が覚めるようになり(以前は目覚ましが聞こえず、私より先に隣の部屋の人が起きる状態でした)、朝からイライラせず、普通の人のように朝から動くことができるようになりました

 

朝あまりにも不機嫌で覚醒が悪いので、小学校に上がる前までは親の職場に仕方なく連れていかれました

保育園でも面倒見きれない様子だったんだと思います

 

親の働く姿や、都心で朝から仕事をする人たちを見られて、いい経験になりました

 

学校時代は、文字通り蹴飛ばされ叩き起こされました

 

起きるためにいろいろやってみましたが、全て無駄でした

 

「目覚ましが鳴ったら無理やりその場でブリッジする」

という奇行を思いつき、やってみたもののブリッジしたまま次の瞬間寝ていました

 

「朝に起きる」という行為だけで、1日のエネルギーの1/3くらい使います

 

睡眠障害を調べるために2回入院しましたが、自分の「異常に強い眠気」が客観的に数値化された結果をみて、泣きそうになりました

 

むりやり覚醒させるお薬だと、胸が苦しくなって昼くらいに疲れ果て、長期間使えないなと思っていました

途中で新しい薬が出ましたが、それも苦しかった

 

「むりやり起きるための薬」で早死にするんだろうな…

と思えるような消耗具合でした

 

ストラテラが出てきて本当に助かりました

ストラテラには睡眠覚醒リズムを整える作用があります

夜に寝られて、朝に起きられる

これだけで人生の苦しみがだいぶ減ります

 

朝起きられるといっても、スヌーズ5個以上、目覚ましは10回くらい鳴ります

 

1時間前に鳴らさないと起きられない

 

目覚ましに手を伸ばしたまま寝ています

 

「時計を遠くに置けばいい」という意見がありますが

鳴らしたまま寝るので意味ないです

隣の家の人から苦情が来ます

 

「自走しながら大音量で逃げ回る目覚まし時計」が売っています

 

鳴らしたまま寝るから意味ないです

 

JRの宿直室で使われている

「時間になったら空気で大きく膨らみ、勝手に上半身を起こされて、起きるしかない枕」があります

十数万するらしいですが

私は座ったまま寝るので意味ないです

 

今のところいちばん良かったのは

Sleep Meister

スリープマイスター

というアプリです

 

体動感知して目覚まし時間を調整するアプリならなんでもいいと思います

 

いちばん眠りが浅いところで最初の目覚ましが鳴り、スヌーズが続く

↑これがいちばん起きやすいです

 

さて話がズレましたが

ヘアアイロンは私の憧れを背負っていました

 

だから見るたびに憂鬱でした

ふわふわカールで出かけられない自分が嫌でした

朝いつも時間がなくて、適当なメイクと梳かしただけの髪で出かける自分が嫌でした

 

でもしょうがない

そういう風に生まれたんだから

もう自分でできる努力は全てしました

それでも今の状態なんだからしょうがない

学校を卒業できて、仕事を続けられているんだから良いんだよ

 

ブルックス・パーマーの本に、

「それを見て嫌な気分になるなら

それはガラクタです」

とありました

 

アイロンは、自分の夢を託して、すでに重荷になっていました

 

重くて冷たいヘアアイロンは、手放すことにしました

 

 

 

あと、素敵なカラトリー4人分も手放しました

 

1人なのに4人分あったのです

 

4人くらいの家族が欲しかったのです

 

買うことで夢が実現すると思ったんですかね

 

 

 

憧れの真っ赤な口紅を買ったのに、使わないので手放しました

 

銀座とか原宿に行くなら受け入れてもらえるかもしれませんが、そうでなければ休みの日でもなかなかつけられない色です

 

すごく可愛かったけれど、男向けでもない

「どうしたの、人でも喰ったの」

と言われます、絶対

 

赤口紅をつければ、大人のおしゃれ女性になれると思ったんですかね

 

自分の「買い物の失敗」は

「モノに夢を託してしまう」

ことが原因のようです

 

激貧だったころ、お金がないから不幸なんだと思っていました

かわいい服を買えず、行きたいところに行けず、やりたい事をできない

 

行きたいところに行けないのは不幸かもしれない

でも、「ものを買ってやりたい事をできる」ようになっても、たいして幸せにはなれませんでした

 

「経験」で幸せになれるかもしれないけれど

ものが手に入っても幸せとは限らない

 

水着を買うお金がなくて服のまま海に入ったり、

 

ミシンを修理するお金がなくて服を手縫いでリフォームしたり

 

教科書を買うお金がなくて先輩たちが捨てた教科書を拾ってきたり

 

かっこいいウエアを買うお金がなくて、しまむらで昔買った部屋着でヨガをしたり

 

卒業式に着ていく服がなくて、豪華な和装同級生たちの中で1人だけ上下3000円のスーツだったり

 

車が買えなくてガソリン代もなくて、田舎に住んでいるのに全て歩きで通したり

 

いま考えると、それらは「経験」になっていて、労力はかかったけれど、特に不幸ではなかった

 

卒業式の写真を見た人に「かわいそう」と言われますが、本人はそれほどかわいそうでもなく、良い卒業式でした

 

そういえば就活・面接・試験・卒業式、全て同じスーツでした

ミニマリストですね

 

経験にはお金をかけるべきです

 

でもモノはたくさんなくてもいい

モノに夢を託しても、必要ないものは不用品です

 

必要だから買うのか?

買えば夢が実現すると思っていないか?

 

それを見極めるのって、けっこう難しいですよね…

 

「欲しい」時は、それが100%必要だと思っていますから

 

最近はそうやってよく考えてからものを買うようになってきたので、使うお金がどんどん減っています

 

ジョシュア・ミルバーンの本に

「1年間、食料品と消耗品以外買わない」チャレンジが載っていました

それくらいやったほうが良いのかもしれない

 

外は物欲が刺激される広告がひしめいています

TVをつけると何か欲しくなる

 

「広告を一切出さない空間」をどこか法律で定めてほしい

それくらい隙間あらば広告だらけです

 

広告を見ると「〇〇が手元にない苦しみ」を味合わされます

その苦しみを埋めるために買ってしまう

 

買った後は苦しみがなくなるので、一瞬幸せな気がしますが、一瞬で終わる

 

欲望に際限はない

 

永遠に埋まることのない苦しみが続くだけです

 

「それは必要だから買うのか?

 

欲しくて手に入らない状態が苦しいから買うのか?」

 

とよく考える必要があると思います

 

最近インスタグラムをやめました

 

好きなブランドの新製品をチェックしたり、流行チェックしたりするために入っていたので、まさにインスタグラムが広告の嵐でした

 

ツイッターの広告は「表示させない」をどんどん選んでいます

 

家具が大好きで、形が美しく機能的な家具を探すのが好きでした

 

一昨年の今頃は、USMのキャビネットを買うのが夢でした

 

でも買わなくて良かった

 

そもそもキャビネットの中に入れるものがなくなりました

高すぎる値段で買えなくて、逆に助かりました

 

unicoのドレッサーを予約していた時がありました

自分のドレッサーで化粧するのが夢でした

 

その時は完売していて、半年かかってやっと手に入るようになった

 

でもその時は、ドレッサーに入れるはずの化粧品が、ポーチひとつ箱ひとつになって、ドレッサーは必要なくなっていました

 

「必要かどうか」をいつも考えていると、「欲しい」という思いは続かないんですね

 

去年必要だと思って買ったものを、だいぶ断捨離しました

 

捨てたものに共通するのは

「必要なかった」

「ものに夢を託した」

「それがあれば新しい素晴らしい生活ができると思った」

「念のため予備で買った」

「流行だから買った」

「お店で衝動買い」

などです

 

「1年間食料品と消耗品以外買わない」

というのを、本気でやったほうがいいかもしれない

 

最近ランニングをまたしたくなってきました

 

ウエアを買わずに、まずは持っているヨガウエア+普通の下着+非常袋の中に入れてあるウインドブレーカーで、走ってみようと思います

 

このあいだセロテープと料理用ポリ袋がなくなったので、それは消耗品なので買います

 

新たに買わなくてもいろいろできる

1年間チャレンジ、できる限りやってみようかと思います