読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマル生活で頭をスッキリ(目標)

ミニマリスト目指し中。意識低い系。

音楽の断捨離

みなさん音楽はお好きですか?

 

わたしは生まれてからずっと、音楽漬けでした

 

いわゆる大衆音楽ですが

 

生活にはいつも音楽がありました

 

父も母も、音楽が好きで、常に何かの曲がかかっていました

 

うちの親は子供にピアノを弾かせるのが夢だったようですが、あいにく子供達に演奏の才能は皆無で、家族全員が聴く専門です

 

音楽のおかげで、とても楽しい幼少期を過ごせたと思います

 

No music, no life

でございます…

 

でも…

 

 

時代はデータダウンロードです

 

MP3とか圧縮データで、軽く買って軽く保存です

 

でかいレコードに大事に針を置いた時代は、はるか昔

 

妹は全ての曲をiTunesで手に入れています

 

何千曲もお手軽に持ち運べる!

 

でも…

軽いデータは音もスッカスカなんです…!!

 

CDでさえ違和感のある音なのに、そんなスッカスカデータは冗談じゃありません!!(;´༎ຶД༎ຶ`)

 

妹には

「めんどくさい耳だね」

と言われます

 

本当ですね

 

わたしがエアコンを使えて、iTunesの音で満足なら、たくさんのものが減らせます

 

こういう変なこだわりや、音やにおいなど一定のものだけ異様に過敏なのは、発達障害の特徴だそうです

 

わたしだって、この変なこだわりグセを捨てたいです

 

ストレスなのです

エアコンの作り出す空気と乾燥が

軽いデータの生み出す音が

 

あのスッカスカな音に、なぜみんな我慢できるのか、不思議でしょうがない

 

MP3レベルの音を聴くくらいなら、無音の方がストレスがなくて良いです

 

 

これでもだいぶ減らしました

持っていたCDは1/5くらいの量になりました

あまり思い入れがない、いつでも手に入るCDは捨てました

しかしそれ以上を捨てられません

 

ダウンロードデータはスッカスカで、私の好きな曲はほとんどハイレゾ化されていないからです

 

CDをそのままパソコンに入れて、CDは全部捨てればいいのでは

 

と考え、いろいろやってみましたが、そもそもわたしは、入れたデータを100%壊す自信があります

 

もう何回も壊しているので、自分が全く信用できない

 

でっかいフロッピーディスクの時代から、パソコン恐怖症です

画面を見たくない

キーボードを触りたくない

仕事で毎日扱っていますが、パソコンそのものを触りたくない

 

そんな状態なので、

「音楽を聴くのにパソコンが必要とか、フザケンナヨーー」という想いです

 

NAS

パソコン

ハイレゾオーディオ

スピーカー

ポータブルプレイヤー

の音楽環境を構築しようとした時がありました

 

わたしの求める音は、6畳サイズの賃貸では無理でした

 

スピーカーからすでに挫折です

ハイレゾオーディオの本体とスピーカーだけで、部屋の一区画を占めて、ものすごい存在感です

自分の求める音を出すスピーカーの最小サイズが、一斗缶2つぶんより大きい

無理でした

 

そもそもNASの中身をぶっ壊す自信があります

 

 音楽ファイルは4回くらい壊しました

破壊王です

 

おととしくらいまで、蔵書と書類を全てスキャンして保存しようと目論んでいましたが、そもそも破壊王であることを思い出しました

そんなわけで、

「断捨離したものをデータ化してハードディスクに保存する」

という行為をいっさいやめることにしました

 

どうせ壊しますから

 

職場のパソコンでは、自分のわかる範囲以上のことは絶対しないようにしています

 

何かわからないことがあれば、SEの鈴木さんにお願いする

鈴木さんは神です

 

アップル製品はわたしのようなアホ破壊神にとっては非常に頼りになる存在です

 

いろんなデータをクラウドで保存してくれる…!!

 

自分で保存しなくてよい…!!

 

端末が壊れてもだいじょうぶ!!

 

実はハイレゾ音源やCD音源をクラウドで保存してくれる、LOOPというサービスがあります

年間6000円だった気がします

 

うーん…

 

それについては保留中です

 

ハイレゾ音源をiPhoneで聴くこともできます

LOOPと同じ会社がやっているVOXというアプリです

パソコンでハイレゾ音源を買い、VOXに入れて、LOOP経由で同期させてiPhoneハイレゾ音源が聴けます

 

 大事なCDデータを外国の他人様に預けるって、勇気が要ります

 

CDという物体があるから、安心しているんだと思います

 

CDの寿命自体は30年ちょっとらしく、すでに寿命を迎えつつあるCDがあります

 

このあいだ、そのうちのひとつが、何回読み込んでも1曲に音飛び&最後の3曲を読み込めないという状態になり、CDもいずれ全て捨てることになるんだなと思いました

 

ダウンロードデータが軽いものしかないので、ハイレゾ化するまではCDで買うしかないという曲が多数あります

 

ものすごく不便です

 

仰々しい装置とパソコンがないと、マシな音で聴くことができない

 

ヨーロッパでは、ブルーレイディスクハイレゾ音源を入れて、CDのように売るのが普及しつつあるそうです

 

わたしみたいな旧世代向けの、良い販売方法だと思います

 

妹がやっているように、全部iTunesの軽いデータで満足なら、それに越したことはないです

 

ハイレゾもなんだかなという感じがします

ハイレゾソニーのとんがった音で聞いたからかもしれません

やっぱりレコードとカセットテープの音がいちばんだよねと思ってしまう

 

カセットテープが大容量保存媒体として復活するという話を聞いたことがあります

音楽向けに早くやってほしいです…

 

 

もうスピーカーはあきらめました

大がかりなオーディオシステムもあきらめます

将来スモールハウスを作ったら、壁に埋め込みでデカいJBLのスピーカーを付けたい

スモールハウスはもちろん防音断熱です

という妄想でまあまあ満足しています

 

普段の音楽は、小さいbluetoothスピーカーと、ヘッドホンです

ずいぶん妥協しました

bluetoothスピーカーは、賃貸なので、低音ドスドス系のBOSEではなく、中高音がわりときれいなONKYOにしました

 

ヘッドホンは、米国のスピーカー会社JBLの名義で、他の会社が作っているという廃盤寸前だったやつを見つけました

こっちはド派手なドスドス系(ドンシャリ系というらしい)で、まさに好みの音です

 

ヘッドホンで街中をなかなか歩けないので、カナル型イヤホンも持っています

JVCのウッドコーンシリーズの旧版です

新型よりこっちの方が好みでした

シュアのバカ高いイヤホンや、16ドライブとかついている十数万のイヤホンを聞かせてもらいましたが、まあこっちでいいやと思いました

 

やっぱり「いい音」の世界は、クラシック用にできてるんですね

 

ロックやR&Bが好きな人は、究極の音を求めても上限があります

しょせんドンシャリ系ということだそうです

ドンシャリ系ってのは、オーディオ界で天井知らずの追求を続けるクラシック愛好者から、上から目線で言われる蔑称です

自分はドンシャリ系なので、アメリカ製JBLスピーカーで大満足です

 

 

と、妥協に妥協を重ねて落ち着いたように見えた音楽問題ですが

 

 このあいだ読んだ小池龍之介さんの本に、

「音楽を聴かない」

という修行が載っていました

 

音楽は頭の中でリフレインして、「今」に集中できないからだそうです

 

仏教では「今」に集中することこそ「幸せ」(=苦しみがない)という考えです

 

音楽は今に集中できず

頭の中の騒音となって

騒音のせいで自分の状態を正確に理解できず

自分の反応をコントロールできないから

欲望をコントロールできず

ただ入ってくる刺激に自動的に反応するだけになり

欲望に駆られる自分をコントロールできないことで

やがて不幸になる

 

というような仕組みです

 

つまり

常に音楽が頭の中で流れる

→今起きていることを聞き逃す・見逃す

自分の反応を注意深く見てコントロールすることができない

→欲望が湧き上がって流されるままになる

今に集中できない

→時間は矢のように過ぎ、自分は自分の状態を自覚できず流されるだけ

→不幸になる

 

という仕組み…

 

音楽を聴いていると

 

幸せになれない…!!?

 

たしかに

 

たしかに…

 

音楽の刺激に逃げているだけで、今の自分にちゃんと向き合っていないかもしれない

今生きているこの瞬間に集中せずに、音楽に逃げているかもしれない

 

仏教では、強い刺激は不幸の元だとされています

(欲望が刺激で満たされても、もっと強い刺激を求めるようになるから

欲望が完全に満たされることはありえないから、常に欲望が満たされない不満

=不幸になる)

 

いままで、刺激の強い音楽を、まるで麻薬のように浴びていたかもしれない

 

現実逃避できるという点で、麻薬と一緒です

 

 

音楽は、最初は現実逃避だったかもしれませんが、素晴らしい文化になってしまった

 

それをたくさん聴くことができた人生でした

 

でももう充分かもしれない

 

現実逃避は終わりにした方がいいかもしれない

 

いま、音楽断ちをしています

 

たしかに頭の中で音楽がずっと流れて、思考の邪魔をしています

 

音楽が流れている時は、「曲が流れている時間」であって、自分自身の時間ではなくなります

20年前に同じ曲を聴いた時と同じ時間が流れる

わたしの人生というよりも、「その曲の時間」になってしまう

 

それを「自分の時間」にしようとしています

耳に入ってくる周りの音、風景、見ているもの、話している言葉、感じている考えと自分の反応の変化、そういうものをしっかり見ていって、自分の時間にしたいです

 

音楽断ちは、まるで禁煙かダイエットです

 

刺激が欲しくてたまらなくなる

 

どんなに良い音楽も、「刺激」なんだなあと最近思います

 

自分の人生を取り戻したい

 

音楽の断捨離は、「音楽そのものを断つ」方向になってきました

 

果たしてできるのかどうか…