ミニマル生活で頭をスッキリ(目標)

ミニマリスト目指し中。意識低い系。

湯たんぽライフ

どうもエアコンが苦手で、こもった空気が苦手です

 

夏も冬も、つい空気の入れ替えをしてしまう

 

そんな生活の強い味方は、

 

・麻

 

・ウール

 

・湯たんぽ

 

です

 

今年は湯たんぽデビューの年となりました

 

最初はプラスチックの湯たんぽにしようとしていましたが、やはり超寒がりなので、酷使することを考えて金属製か陶器製にすることに

陶器は重くて、割る自信がある

ブリキ製は「数年で穴が開く」とレビューにあった

最強は銅製である

(保温、熱伝導、耐久性において最強)

 

という話をネット上で調べ、銅の色と質感が好きなので、銅製を買うことにしました

 

現在、銅製湯たんぽは新光金属というところしか作っていないそうです

ちょっと前はドイツ製の銅製湯たんぽが出回っていたそうですが、今は入手困難だか製造中止らしい

結局のところ、新光金属さんの湯たんぽしか選択肢がないようです

 

小さいサイズがありましたが

寒がりなので大きい2.3Lサイズを買いました

 

使ってみたら…

なんと、夜に沸かして翌日の夕方まであったかい…!

 

胸に抱えると、そこは温泉…!!

 

足元のオアシス……

 

電気毛布や電気あんかでは味わえない快適さです

 

銅製の湯たんぽは扱いが難しいと書いてあって、その理由が「外側もすぐにアツアツだから」とありました

 

でも、何も難しくないですよ?

 

湯たんぽライフの最難関、「湯たんぽにお湯を入れる」をご紹介します

 

まず昨日の湯たんぽの中身、もしくは、新しい水を鍋に入れる

f:id:onegin150:20170227223829j:image

 

2つの鍋を同時に使うのは、1つだけで沸かすと重くて持てないからです

 

火をつけて、湯たんぽの下に袋をセット

 

f:id:onegin150:20170227223958j:image

寒がりなので、お湯をめいいっぱい入れるためです

 

お湯が沸くまで5分くらい、その間はいつもドライヤーで髪を乾かします

 

お湯が沸いたらいよいよ注入

 

以前は無印の小さい漏斗で入れていて、下から空気と一緒にお湯がゴボッと溢れ出し、ヤケド寸前を何回かやりました

f:id:onegin150:20170227224223j:image

 

うちにヤカンがなくて、買うかどうか非常に悩みました

 

でもヤカンの用途は、お湯を沸かすだけです

 

お湯を沸かすのは、鍋でいい!!

とばかりに去年、それまで毎日愛用していたティファール君を処分したばかりでした

 

またティファール君を買うのか、ヤカンか…

 

そんなとき見つけたでっかい漏斗、径15cm

 

f:id:onegin150:20170227224533j:image

 

プラスチックですが熱湯OKです

 

 

f:id:onegin150:20170227224631j:image

 

な…

鍋から恐ろしい速さでお湯が吸い込まれていく…

 

あふれない!

ヤケドしない!

豪速で注げる!!

 

これで118円でございます

アマゾンで買えます

 

 

「ヤカンを買うか」問題は、118円であっさり解決しました

 

漏斗が大きすぎますが、大きさはヤカンより小さく、ボウルを入れている場所に余裕で入るので、よしとします

 

色が半透明なので、そのへんに置いていても存在感が薄い

 

さて次の難関、

「ふたを閉めて、布団に持っていく」

 

ですが

 

f:id:onegin150:20170227225336j:image

 

蓋を途中まで閉めて袋を取り出し

お尻から被せて

f:id:onegin150:20170227225437j:image

 

被せた後に押さえながらきつく締める

 

f:id:onegin150:20170227225451j:image

 

で問題なしです

 

その後は自作の綿タオルと麻タオルで作ったカバーに入れて

 

f:id:onegin150:20170227225629j:image

 

オフトゥンにGO!! 

 

ここまで布をかぶせると、熱をあまり伝えないので、朝がたに暖かさを感じなくなります

日曜に二度寝するときは、オレンジの袋以外を外せば、またポカポカです

 

湯たんぽの準備は5分で終わります

 

30年くらい電気毛布を手放せなかったのに…

冬の寒さ、

朝の喉の渇きと、

どうにもしがたいだるさ

それが湯たんぽであっさり解決してしまいました

 

オフトゥンが快適で、ヤミツキです

 

湯たんぽの準備が、幸せなひとときとなっております

 

デスクワークにもオススメです

 

猫の寝床みたいなところに湯たんぽを置いて、足を乗せると快適だと思います

 

朝は湯たんぽの湯で洗顔する人もいるようです

 

私もやろうかな

 

朝はまだ、けっこう湯たんぽ内のお湯が熱いんですよね

うちに洗面器がないですし

というわけで、いつも少量のお湯で目やにを流す程度しか洗いません

 

湯たんぽ、オススメです