ミニマル生活で頭をスッキリ(目標)

ミニマリスト目指し中。意識低い系。

化粧品を減らす

(修正しました)

やっと貧乏ではなくなったのに、自分の人生でいちばん巨デブな身体になってしまい、オシャレできずに歳をとることに恐怖を感じた私は、その欲望と焦りを化粧で昇華させることにしました。

 

もともと敏感肌だったのが(化粧品の使いすぎで)さらに敏感肌となり、使える化粧品はないかと探究心はとどまるところを知らず…

 

暇さえあればサンプルをもらいにいき、サンプルで大丈夫なものは買ってみました

 

普通のドラッグストアコスメからマイナーな百貨店コスメ、通販でしか買えないもの、サロンもの、有名人が足繁く通うコスメまでいろいろやってみて、高校生の頃から数えると20年近く探究して、出た結論

 

私の肌がやばい

 

化粧品がどうのとか言っている場合ではない

 

すでに因幡の素兎状態でした

どのコスメを使おうとも受け付けない皮膚になっていました

 

しかも熱心にケアしている首から上だけ

 

コスメにはまった数年間で一気にシミ、シワ、赤み、ボツボツザラザラした感触がひどくなっていて、いつもいちばん白い色のファンデーションだったはずが、真ん中くらいの色を勧められ大変ショックを受けました

 

肌の劣化が激しくなった化粧品は、デパコスより、意外にもオーガニックコスメでした

 

オーガニック系で気になる商品は全て試しました

 

オーガニック系は異様に痒くて刺激があるものが多かったです

 

デパコスのかゆみを2としたら、オーガニックコスメのかゆみは7くらいです

 

燃えるようにかゆい

 

後から考えると、植物エキスたっぷりってことは、アレルゲンたっぷりってことですよね

 

しかも原料がオーガニックってだけじゃん、ていう話…

  

途中でオーガニックコスメを試すのをやめようかと思いましたが、探究心の方が勝ってしまい、「かゆい顔が燃える」といいながらいろいろ試すこと1年以上

その間いわゆるケミカルなデパコスを併用していましたが、やっぱりデパコスの方がかゆくない

 

しまいには顔面が常に真っ赤になっていました

 

特に、日焼け止めを熱心に塗るようになってから、加速度的に肌荒れがひどくなりました

 

もちろん紫外線吸収剤不使用です

 

日焼け止めの上にクリームファンデとお粉をのせて、紫外線は防ぎまくっている完全防備なのに、なぜかシミがどんどん増える

 

シミはクリームファンデーションのせいかもしれないと考えて、日焼け止めの後にSPF50くらいの粉で過ごすようになっても、やっぱりシミの成長と出現は止まらない

 

「こすらない、乾燥させない、刺激を与えない」

が20代の頃からの信条だったので、シミの原因は物理的刺激ではないと思いました

 

そのうちに顔の皮膚が真っ赤になって、なにも塗ることができなくなった

 

コスメ大好き過ぎて、基礎化粧品をやめるなんて考えられないと思っていましたが、ととう渋々4年くらい前から、植物性オイルと粉ファンデーション以外「何も塗らない」…というより「塗ることができない」生活が始まりました

 

すると…

どうなったか

数日で顔の赤みが消えました

 

あれっ?

 

今まで散々塗っていた保湿系化粧品を何も塗らないので、ひどい乾燥状態で、ひび割れて粉を吹いていましたが、赤みが綺麗に消えてしまった

 

この時はクレンジングをやめて、基礎化粧品もすべてやめ、洗顔は石鹸だけにしていました

 

保湿はワセリンではなく、植物性オイルでした

 

ものすごく乾燥しました

 

あまりにも乾燥するので、オイルもいろんなのを試しました

〇〇のアルガンオイル、カプセル状のローズヒップオイル、植物性スクワランオイル…

酸化しにくく肌に良さげなものはひととおり試しました

 

数ヶ月でだんだんと乾燥が和らぎ、毛穴から脂が噴き出す時期を過ぎたら、毛穴が小さくなっていきました

 

でも乾燥は治りませんでした

何かが間違っているはずと思い、いろいろ考えてみました

よく考えたら、やっぱり熱傷後やアトピーの人、全身に水疱ができるたいへんな病気の人などにワセリンを塗っても全く刺激がないことから、「鉱物オイルは皮膚刺激がある」という美容界隈の常識?を、無視することにしました

 

と言いつつも黄色ワセリン(普通のヴァセリン)で刺激を感じたことがあるので、精製度の高いワセリン(サンホワイト)を塗ることにしました

 

植物オイルをやめてワセリンにしてみたら、また顔じゅう脂ギッシュ期がやってきて非常に不安になりました

幸いにして比較的すぐに脂ギッシュ期はおさまりました

 

毛穴に詰まるんじゃないか、ワセリン下の皮膚がふやけて荒れるんじゃないか、などいろいろ心配しましたが、全然大丈夫でした

 

ティッシュオフを忘れたら、自分自身の湿度で痒くなり、ニギビ大発生(一気に3つくらい)したことがあったので、やはり薄く塗るべきでしょう

 

ワセリンを始めてから、乾燥することが格段に減りました

 

最初は「ワセリンをいかに薄く塗るか」をいろいろやってみて、宇津木先生の言うように米粒くらいのワセリンを塗っていましたが、うまく均一に広げられず、乾燥しまくる

 

そこで「ベッタリ塗ってからサラサラになるまでティッシュオフ」をやってみたところ、すこぶる調子が良くなりました

ティッシュオフと言いつつティッシュはやりにくいので、200枚100円くらいのペーパータオルを使っています。1回1枚で済みます

 

特に今年の冬は、「乾燥って何だっけ」状態で、自分の皮膚がまた丈夫になって、ケアしなくても健康を保っていることが実感できます

 

植物性オイルでは解決できなかった「乾燥」が、ワセリンであっさり解決してしまいました

 

ちなみに、シミの広がりは4年前でストップしており、目の下の骨に沿って発生していたシワが消えました

30代になってから左目の笑いジワがどんどんひどくなっていきましたが、基礎化粧品を何も使わなくなってから、シワが30歳ごろの状態に戻り、広がっていません

 

何も使えないなら日焼け止めはどうしているかというと、顔は粉状のミネラルファンデのみです

ワセリンを使うと化粧下地がいらないので、そのまま顔にのせています

身体は日傘(100%遮光生地)とリネンの黒いカーディガンです

日焼け止めを塗らずに過ごしても、日常生活では全然日焼けしません

 

ちなみに私は日光に当たりすぎると高熱を出して3日くらい寝込む体質です

 

基礎化粧品はもう使えないんだよという事実を目の前にして、お手入れすること自体が楽しくてやっていたんだなあと改めて思いました。

 

メイク落とし、洗顔のあと化粧水、美容液、クリーム…

すごく楽しかったです

でも必要ない

 

やらなくていいことだった

 

がっかりしょんぼりすることこの上ないですが、必要ない山のようなコスメに囲まれてしばらく途方にくれ、やっと片づけることにしました

 

文字通り山のようにあった化粧品を、肌に合わなかったものから潔く捨てていきました(「何かに使うかも」と取っておいてありました)

化粧品を見るたびに自分の失敗を認め、もう「クリーム」は一生使うまいと決心し、どんどん捨てていきました

基礎化粧品のサンプルの山、整髪料の山、美容便利グッズの山、使わなかった美顔器、カーラーセット、ウイッグ、口紅の山、アイシャドウの山、香水サンプルの山、石鹸の山、ボディケアの山、入浴剤の山…

 

とうとう空っぽになった安物の化粧台が残りました

 

これは母が使っていたもので、私が小学2年のとき机を買ってもらうまで、勉強机として使っていました

30年以上使ったものですが、もう充分役割を果たしてくれた

処分しました

 

しかしその後、一昨年くらいまで、私は「夢のドレッサー」を探し回っていました

いわゆる姫デザインと北欧系の中間みたいなものです

北海道の家具屋さんに注文して作ってもらおうとしていました

気分が上がりまくるじぶんのドレッサーで化粧するのが、ずっと夢だったのです

 

しかしワセリンに変えたら、あっさり乾燥がなくなってしまい、持っている化粧品が急速に減っていきました

化粧品すべて集めると

壁一面と化粧台と棚ひとつ

(基礎化粧品をやめてオイルだけにするようになって)

ワゴンひとつ

(ワセリンに変えて乾燥が解決して)

カゴひとつ

(捨て変態の神が降臨して)

大きめのバニティひとつ

(この時点で自分でびっくり)

(使っていないもの、使いきれないものに気づき)

ポーチ2つ

 

 

と、どんどん少なくなっていき、いつの間にか「自分のドレッサーで化粧する」夢は消えました

 

今の化粧品全ては、

普段の化粧品をおさめたポーチひとつ

小分けにしたワセリン予備

自作してから寝かせてある香水100ml

香水自作セット(無水アルコールと精油3種類)

濃いメイクをしたときのクレンジング&鼻の角栓が気になった時用のホホバオイル50ml

お出かけ用アイシャドウ・チーク・口紅セットの入ったポーチ

 

 ↑

家じゅうの化粧品を集めて、これだけだと思います

洗面所の無印引き出し(浅い方)に全部入るので、化粧品はポーチと引き出しひとつのみです

 

アイシャドウとチークと口紅を1色しか使わない生活に憧れを感じますが、やっぱり仕事とお出かけとでは、見せたい雰囲気は違うからねぇ…

色味が2セットに落ち着いたこと自体が、自分にとって大きな進歩だと思っています

 

ちなみに仕事はピンクベージュ系

お出かけ用は赤系メイクにしてあります

 

f:id:onegin150:20170210230517j:image

 

あまりきれいではないですが、「普段ポーチ」の中身です

左から

電気シェーバー、お湯で落ちるアイライナー、アイシャドウ・アイブロウブラシ、フェイスブラシ、チークブラシ

眉墨、毛抜き、(入っていませんがいつもここに綿棒)、髪抑えクリップ、失敗した時クレンジングに使うホホバオイル目薬サイズ

肌のワセリンの量が多すぎると、オンリーミネラルの粉がヨレます

たまに鼻の頭のティッシュオフが不充分な時、ヨレたらオイルでティッシュオフして直します

 

f:id:onegin150:20170210230802j:image

左から

オンリーミネラルファンデモイスト

チーク(Dior ロージーグロウ)

オンリーミネラル アイシャドウパール(目の上ベースカラー

オンリーミネラル ルミナスパウダー(ハイライト)

ヘレナルビンスタイン マスカラ(中古、お湯で落ちる)

Diorバックステージ3D オールインブロウ

アディクション アイカラー4色

 

口紅類はカバンに入れています

リップマキシマイザーとアディクトです

 

ワセリンのバリアとオンリーミネラルのバリアがあるので、プレスト系アイシャドウ・チークなどの肌への影響はごく少ないと思います

 

化粧落としは「マルセイユ石鹸の泡5秒のせ」で落ちて、つるんつるんです

 

多少洗い残しがあっても気にしない

 

ごっそり根こそぎ汚れを落とす行為よりマシです

 

オンリーミネラルの「モイスト」を買うか迷いましたが、入っているのは油だけみたいです

オンリーミネラルだけだと顔の脂を吸ってしまって乾燥する

最初から油が混ぜてある粉ならそれ以上脂を吸わないでしょう

ワセリンバリアがあるし、大丈夫だろう

と判断して買いました

 

唇については、宇津木式を諦めています

 

やっぱり口紅の色で気分が全然違うからです…

 

唇に害のない方法で作った口紅の色に、全く興味を惹かれない

 

唇だけボロボロになったら考えます