読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマル生活で頭をスッキリ(目標)

ミニマリスト目指し中。意識低い系。

食事のこと

貧乏やり直しとは言ったものの、仕送りを打ち切るわけにいかず、今までのコンビニでお茶を買うような生活をなかなかやめられず、遅々としています

 

遅いながらも、使うお金は減ってきています

 

自分で使うお金は毎月10万円が目標です

 

目標に「向かって」「頑張って」いないので、目標自体を立てるのは良いことだと思います

 

貧乏時代は「もっと上手くやれたはず」という思いが強いです

世の中には同じような収入でちゃんと生きている人はたくさんいるから

わたしはたぶん「やりくりが下手」なんだと思います

 

 

今週は仕事で疲れすぎて、外食の誘惑がありました

 

途中にあるのは吉牛、すき家、コンビニ、ターミナル駅

 

わかっている…

外食はあまり好きではないのです…

必ず胃がおかしくなり、翌日むくむから

 

でも疲れすぎて、道路で横になれると思うくらいです

 

家に帰ってシャワーを浴びるので精一杯

 

家に帰ってバタッと倒れる生活が続き、ごはんをしっかり用意して後片付けまでやるなんて、とてもじゃないけど無理という先入観があります

 

しかし、ちゃんと家で食べるごはんに憧れていました

 

学生時代は、いちばん初めに頑張りすぎて費用がかさみ、挫折

半額弁当の方が安かったり、肉魚が苦手で手が出せず、農協で買った野菜をひたすらサラダにしてボリボリ食べていたり

精進料理みたいなのが大好きで、いわゆる「安くて早くて美味い自炊飯」が苦手です

 

 

その後、どんどん疲労感の症状がひどくなり、自炊よりも「生きて卒業する&働く」ことを優先にしていたら、自炊を頑張るチャンスを逃しました

 

最近は下手ながら自炊できています

疲労が激しいと、やっぱり優先順位が低くなります

 

なんといっても、「自分で食事を作ること」が、少ない予算で暮らす基本ですよね

 

ドミニック・ローホーさんが「シンプルな」お家ごはんについて書かれていました

 

簡単でワンパターンでいい

とにかく自分で作って、ゆっくり食べる喜びそのものが、生きる幸せ

みたいなことが書いてありました

 

他人の家のごはんを聞くと、メニューが盛りだくさんでびっくりします

うちは共働きで、母がやはり帰ってからグッタリしている人間だったので、おかずは1〜2品でした。

味噌汁、ごはん、安い魚のおかず、そして牛乳と給食で育ちました

それでも平均身長より6cm以上高く育ち、骨密度も充分にあり、脚の筋肉量はずっと平均以上あります

「たぶんよそのお家の食事が豪華すぎるんだ」と思うようになりました

 

むかしは憧れでした

専業主婦のお母さん

豪華な夕食…

 

でもここまで育ったから、おかず一品で充分だったのです

 

おかず一品を目指して頑張ろうと思ったら、最近はシンプルな食事が流行っているみたいです

 

土井善晴著「一汁一菜でよいという提案」

読んでみたいのですが、kindleが出ていないので、まだ買っていません

 

食事がパターン化されると、使う道具、食器、電化製品、調理器具が少なく済むようになります

 

自分はとりあえず子供がいないので、お菓子づくりは家でしないことにしました

子供時代の手作りお菓子の思い出って、思い出すだけで幸せです

子供ができれば作ってあげたい

 

味が苦手な揚げ物、中華、甲殻類は家で食べません

蕎麦は蕎麦屋で食べるのがやはり美味しい

パンは好きですが、必ず太るので家では食べません

パスタ大好きで作るのも簡単ですが、必ず太る&浮腫むので、パスタ料理の材料を買うのはやめました

 

自分が家で食べるのは、味噌汁、ごはん、野菜・卵料理、魚、ミンチ状や切ってある肉で作る料理です

 

というわけで包丁は1本でいい

 

米は鍋で炊くので、炊飯器は要らない

 

味噌汁用の鍋、メイン料理用のフライパンもしくは鍋がひとつあれば足ります

 

フライパンは20cmと26cmを持っているのですが、それぞれ便利で使っている大きさなので、一応2つ持っています

台所にあるのは、

深い鍋14cmと20cm(1Lと3L)とその蓋

フライパン20cmと26cm

 

おたま類は無印のシリコンスプーンと菜箸だけです

トングが欲しいです

 

他に

ボウル大小、ザル大小

保存容器1つ

 

皿は今のところオーバル型カレー皿(パスタ、スープも)×2

径10cmくらいの深い陶器ボウル×2

自分用の応量器※風漆器(1セット4つ)

マグカップ×2

お客様用カップ&ソーサー×2

お客様用ごはん・味噌汁茶碗

ワイン・冷たい飲み物用グラス×2

お弁当箱1つとスープジャー1つ

 

カラトリーはなぜか4人分あります

2人分に減らす予定です

※応量器はもともと禅宗のお坊さんが「それだけで暮らす」ための入れ子の漆器です

粥用、汁用、おかず用(と漬物用)がセットになっていて、自分で洗って布で包むなどお作法も決まっているみたいです。応量器だけで暮らすのに憧れます

 

あとはワインオープナーシャンパンの残りを保存するキャップ、ワインの栓ひとつ

 

調味料ファイルボックスひとつ分

米は2〜5kgずつ買います

 

台所は以上です

あとは海苔やワカメ、ゴマなどの乾物があり、台所の収納(シンク下のみ)と無印のストッカー、小さい冷蔵庫、電子レンジです

 

ティファールを長年愛用していましたが、湯沸かしはガスでできるのと、置く場所がないので処分しました

ミキサー、トースター、スライサー、余分な鍋、便利グッズはみんな売ったり処分したりしました

 

ミニマリストあるあるですが、洗い物カゴ、おけ、三角コーナーはなく、洗剤は石鹸のみです

スポンジは食器用と、古くなった食器用スポンジを使ったシンク用スポンジの2つです

計量カップはひとつ、

湯たんぽ用の漏斗、

ハサミひとつ、

ゴム手袋、

リネンのふきん(皿拭き用はハンカチサイズ、手拭き用は普通のリネンタオルサイズ)

です

リネンのふきんは毎日洗い、最後にシンク周りを拭いています

 

生ゴミはビニールに入れてゴミ箱に入れます

皆さんがよくやる「生ゴミの冷凍保存」で夏場を乗り切ります

冷凍庫はその週の味噌汁の具と肉魚、困った時用の冷凍肉魚系おかずが入っています

常備菜とか毎週作りたいです

 

2畳弱くらいの台所ですが、1人なので充分です

シンク下しか収納がありませんが、ほとんどゴミ箱スペースになっています

やっぱり食べ物や食器をシンク下に入れるのはかなり抵抗があります

 

ちなみにG対策のため、シンク下はクローブの匂いを充満させてあります

引っ越してすぐ見た以外は見ていません(新築なのに…)

 

朝はカフェオレとバナナでお腹いっぱいになってしまい、昼はおにぎりでお腹いっぱいなので、作るチャンスは夜ご飯のみ

 

夜ご飯どきに疲れ果てて気絶状態(バタンキュー状態)だと、自炊しない生活になってしまう

 

仕事を早く切り上げる努力からするべきなのかもしれません