ミニマル生活で頭をスッキリ(目標)

ミニマリスト目指し中。意識低い系。

ミニマリスト的便利グッズ総集編2

続き 無印メッシュケース むかしmidoriという文房具メーカーのメッシュポーチを買ってから、便利すぎて15年くらい使っています 無印でその類いが出て、すぐ買いました これの良いところは、ビニールのようにまわりの荷物とひっつかず、布のようにフニャフニ…

床でくつろぐ方法

悩ましいテーマ 「床でくつろぐ」 みなさんはどうしていますでしょうか ソファ、座椅子、クッション、人をダメにするクッション、ふとんのマットレス… いろいろ方法はあります ・座椅子 昔実家で毎日使っていました 昭和なイメージで、なかなかおしゃれなデ…

ミニマリスト的便利グッズ総集編

・これを使ったら、ものが大幅に減らせた ・これ以外必要なくなったので、他のものは手放した そういうものをまとめてご紹介します まず トゥビーホワイト プレミアム 歯を白くするために、歯医者さんでホワイトニングに通おうかと思っていました コーヒー紅…

オフトゥン問題・敷布団編

お布団にするか・ベッドにするか この辺はミニマリストにとってもうすでに答えが出ているんでしょうか 正解に近いのはお布団のようです 寝袋という究極の方法もあります しかし自分はオフトゥン大好きなので、化繊の寝袋はどうしても苦手です 骨盤が後傾して出っ…

音楽なし生活の効用

まえの「音楽の断捨離」でも書きましたが、大好きな音楽の「ない」生活を始めて、しばらく経ちます 音楽漬けの生活から 音楽なし生活へ 毎度のことながら、極端ですね ちょうど良い塩梅に減らすっていうことができません またこれも発達障害の特徴ですが こ…

体重が減らない理由

90kg近くあった超デブ期から、(1日1400kcalの食事を守り)順調に痩せて、50kg台になってから、数年… 全然痩せません 中学の時からこれくらいの体重なので、これが限界かも? しかし私がしたい格好をするには、あと8kgは痩せないといけない 最後のチャレンジ…

買えば幸せになる?

(追記あり) ひさびさに断捨離して、自分の買い物の失敗と向き合うことになりました 例えば髪をカールするためのアイロン むかしは用途に合わせて5本くらい持っていました 一昨年、よく使う中太のアイロン以外は処分しました しかし、生まれてからこの方、…

おすすめの本

ここ数日は、またまとめて断捨離していました 自分の買い物パターンを見ると、やはり何かを買うことで「新しい世界が開けるかもしれない」と期待してしまうみたいです 買う時は「絶対に必要」だと思って買っています 「絶対に必要」のハードルが、少しずつあ…

音楽の断捨離

みなさん音楽はお好きですか? わたしは生まれてからずっと、音楽漬けでした いわゆる大衆音楽ですが 生活にはいつも音楽がありました 父も母も、音楽が好きで、常に何かの曲がかかっていました うちの親は子供にピアノを弾かせるのが夢だったようですが、あ…

湯たんぽライフ

どうもエアコンが苦手で、こもった空気が苦手です 夏も冬も、つい空気の入れ替えをしてしまう そんな生活の強い味方は、 ・麻 ・ウール ・湯たんぽ です 今年は湯たんぽデビューの年となりました 最初はプラスチックの湯たんぽにしようとしていましたが、や…

テレビは必要か

現代生活になくてはならないもの 3種の神器 テレビ 冷蔵庫 洗濯機 冷蔵庫と洗濯機を「なし」にするのは、ミニマリストの中でもなかなかの猛者レベルでないと難しい テレビはどうか? 結論を言ってしまうと、 「テレビの必要性は、人による」 自分はというと…

目指すところ

さらっとラクダ毛布のことを書きましたが、ラクダ毛布の素晴らしさについてはまた長くなるので、後日書こうと思います 究極の毛布って何ですかね 全部カシミヤ製ですかね すっごくいいお値段しそうです 同じアクリル2枚重ね毛布を25年くらい使っていたので、…

オフトゥン問題

エアコンさえあれば… 厚い布団がいらない 厚い部屋着がいらない 分厚いルームシューズがいらない 湯たんぽがいらない 家じゅうのぬくぬくグッズがいらない そう エアコンさえあれば。 だけど… だけど… すごく乾燥するんですよ!! 喉が渇いて寝られない 顔だ…

失敗なしの鍋炊飯

‪米炊き名人に聞きました、簡単にできる「土鍋でごはんを炊く方法」(白米編) | ROOMIE(ルーミー) https://www.roomie.jp/2013/11/115049/ ↑ こういう記事を見たので、さっそくやってみました 自分で鍋炊飯しても、おコゲが多くてふっくら感がイマイチで…

冷暖房どうする

寒がり&汗っかきなので、温度調節は大事です しかし貧乏時代が長く、冷暖房をつけるという発想があまりないです 独り暮らしするまでエアコンのない生活でした 妹が朝に寒さで怒り出すので、しょうがなく小さい石油ストーブがありましたが、朝だけ、妹専用で…

理想のスタイル

自分の持っている服でコーディネートがほぼ完成してしまいました 完成してヤッター!と思いきや 何か不満が残る 納得いかない 自分がしたいのはこの格好じゃない と叫ぶ声が聞こえる 思い描いていた理想のスタイルとは違う 違うからこそ、また何かが不満で服…

服を減らす2

クローゼットの3/4くらいが冬服で占められます 単純に体積を減らしたいのなら、冬服を減らす方が効率が良い 自分が着たいかっこいい服とは裏腹に、寒がりという性質のために「着られる服」が大きく制限されていました 今年はシーズン終わりに冬服を何着か処…

服を減らす

自分の生活から、必要な服を考える こんな当たり前のことなのに、いままで考えたこともありませんでした 店にあった服を見て着たい服を考える 雑誌に載っていた服から着たい服を考える という生活を続けた結果、自分に似合わない大量の服に、お金と労力とス…

服の問題

服は… かなり…模索中です デブ期・貧乏期などを経て、思うようにオシャレできるようになったのが、ついここ数年です 最初はどういう格好が似合うのかではなく、どういう服を着たいのかで買っていました いろんな格好をしました その中でだんだんわかってきた…

文房具を減らす

文房具、大好きです 用のないものまでつい欲しくなります 小学生の時からの文房具に思い入れが強く、去年まで捨てられないでいました 全部必要だと思って、大きな引き出しいっぱいの文房具を取っておいてありました しかし… 使いこなせていない こんなに使っ…

手放したもの in リネン・ウール生活

リネンに辿り着き、多くのものを手放せました ついでにウールも最強です 最近思うのですが、リネンとウールという快適な最強繊維がありながら、なぜ化学繊維が必要だったのか、謎です わたしが子供の時によそから廻りまわってきた子供服は、恐ろしいほどの化…

リネン・麻、ミニマリストの味方

麻というと、以前は「冷たい、肌触りが良くない」と思っていました 夏に布団カバーに使われたり、おばさんたちの夏服に使われたり、高級な麻製品は水で洗えなかったり、高いわりに使い道が狭い繊維というイメージでした そのイメージを変えたのは、「ケンラ…

汚部屋あるある

実家は汚部屋あるあるの宝庫です 今の実家と昔の実家を思い出すと、今では解放された悩みが再び襲ってきます とにかくものが多かった 服の買い方が無計画でした 自分に似合うものが分かっていない でもいろんなパターンの服が欲しい 痩せたら着たい服がある …

汚部屋な実家を片づける

ミニマリストあるある…というか 断捨離あるあるというか… 生まれ育った家が汚部屋でした 汚いというより、物が多い なぜこんなに物があるのか… 許可をとっていないので写真を載せられませんが、昔から相当きたないです そのくせお弁当や料理は過剰なほど神経…

化粧品を減らす

(修正しました) やっと貧乏ではなくなったのに、自分の人生でいちばん巨デブな身体になってしまい、オシャレできずに歳をとることに恐怖を感じた私は、その欲望と焦りを化粧で昇華させることにしました。 もともと敏感肌だったのが(化粧品の使いすぎで)…

お湯洗い 実践編

いわゆるシャンプーレスですが、タモリさんや福山さんがやっているという話がネット上にありました 完全な自己流でシャンプーレスを実践し、そのうち本にまとめようと思っていたら、すでにありました 宇津木龍一著 「肌の悩みがすべて消えるたったひとつの方…

お湯洗い

ミニマリストの究極は「洗わないこと」…になるのでしょうか 洗わないと動物臭(人間の体臭)がするので、悩ましいところです ホームレスの方に関わったことがあるのですが、匂いは服の匂いであって、身体ではありません 身体がいちばんクサイのは「洗わなく…

洗濯機まわり

自分が汚部屋をどうやって脱出したのか、全体像があまり思い出せない(とにかく捨てまくった)ので、各論で見ていこうと思います まずこだわりの少ないところから手をつけました 洗濯機周りは比較的こだわりが少ない 親の世代からずっと、洗濯は「石鹸」だっ…

食事のこと

貧乏やり直しとは言ったものの、仕送りを打ち切るわけにいかず、今までのコンビニでお茶を買うような生活をなかなかやめられず、遅々としています 遅いながらも、使うお金は減ってきています 自分で使うお金は毎月10万円が目標です 目標に「向かって」「頑張…

貧乏入門

テレビで地上波を見なくなってだいぶ経つので、小池龍之介さんが有名人だということを知りませんでした コンビニに並んでいる雑誌や街の広告で世の中を知るのですが、うっすらと、「あるお坊さんが流行っていた」ことは知っていました 「貧乏入門」は、断捨…

生活に余裕が出ても幸せではない?

30代以降に給料が増えて、妹が社会人になってから大学に入り卒業したころ、家族に少し余裕が出てきました 私の体調が落ち着いてきて、安定して働き、夜はヨガに通えるくらいになりました しかし試しに使った薬の副作用で数ヶ月で50kgから90kg近くに激太りす…

超貧乏時代

話がそれますが、バブル崩壊後、うちに超貧乏時代が訪れました もともとそんなに裕福ではなく、ちびまる子ちゃんの「うちはビンボー」を読んだ時に、まるちゃんの裕福さに衝撃を受け、うちの貧乏さを自覚しました (ヒロシはあの家族6人を支えているのです …

本を捨てる

とにかく本が多かったです 仕事で使う本、お気に入りの参考書、漫画、小さい頃好きだった本etc.… まず漫画を売りました 大好きな漫画を全部売りました。 火の鳥のA4版全巻(大昔のアレです) ブッダ全巻 風と木の詩全巻などなど 結局あるだけで数年読んでい…

汚部屋脱出

やる気を失いかけると開いていた本 池田 暁子著「片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術」 なんとかこれで人が住める家を目指しました。 可愛らしい絵とのんびりした作風で、超汚部屋のギャップ(笑) この方の愛媛の方言が素敵で好きです ちなみ…

汚部屋時代

すごい部屋ですね これたしか2012年です 2011年はこの1.5倍くらい荷物があり、物件は2部屋以上のところを探していました。 一人暮らしなのに。 無理やり6畳の部屋しかないところに引っ越して(30平米以上あった)この有様です。 途方にくれて数ヶ月このまま…

ブログはじめます

ツイッターで書くと字数が足りないので、ブログを書くことにしました。 みなさんのお役に立てるようなブログを目指したいですが、愚痴っぽいので愚痴だらけになるかもしれません。 全然マメじゃないのでコメントにほぼ返信できませんが、ちゃんと読みますの…