ミニマル生活で頭をスッキリ(目標)

ミニマリスト目指し中。意識低い系。

「これ要らないかも」コンビニでチェック

今日はコンビニに行って、自分が使わなくなったものをチェックしてみました

 

日用品コーナーではまじめにチェックしていたのですが、たくさんありすぎて、お菓子のレーンで力尽きました

 

さて、使わなくなったものたちです

・ギャツビーとかビオレとかのウェットシート

・脇汗対策のbanなど

f:id:onegin150:20170611232549j:image

(公式サイトより)

前はたくさん用意して持ち歩いていました

つい数年前の話です

最近全く使わないんですよね…

汗だくになってもすぐ乾いてしまう

臭くならないし

やはりリネンのおかげだと思います

お湯洗い(シャンプーレス)になってから、自作香水以外はつけていません

体臭がだいぶ薄くなったといわれました

 

・洗顔用ヘアバンド

・あぶらとり紙

そういえば、朝に顔を洗わなくなりました

目やにをぬるま湯でとる程度です

むかしは、洗顔して基礎化粧品付けて、大変でしたねえ…

 

昼までに脂が浮いて、あぶらとり紙はたくさん使っていましたが、今は夕方になっても脂で崩れることがないです

あぶらとり紙が要らなくなってしまった

 

・ベープ ・アースノーマットのような虫除け

数年前は使っていました

自分が虫より先に具合が悪くなるので、使うのをやめました

そういえば、最近虫が入ってこないなあ

環境が変わったからかな

やはり庭がある家は、虫が来ますね

 

・◯キジェット

数年使っていません

万が一出た時用に、ミニサイズを販売してほしい

台所にクローブの匂いを充満させておくと、見かけなくなります

 

・マウスウォッシュ

喫煙者でなければ、歯医者さんで歯垢を定期的に取ると口臭がしなくなります

 

・ヘアゴム・ヘアピン

髪を切ってしまったので、要らなくなりました

肩くらいの長さですが、楽すぎるのでこれで一生過ごすかもしれません

 

・爪楊枝

料理で使わないし、挟まったら自宅では歯磨きするので使わない

あんなに大量に要らないから、30円くらいで少量売ってくれませんかね

 

・酒タバコ

この習慣がないと、生活はものすごくシンプルになります

 

・パンを食べるためのバター、ジャムなど

パンはつい食べすぎるし、必ず太るので、家で食べるのはやめました

太るといえば、わたしは「もち麦」が大好きなんですが、ダイエット用に流行っているみたいですね

ここで断言致します

もち麦で痩せることはない

さんざん食べたわたしが実証しています

食べれば太る

それ以上でもそれ以下でもない

 

・いろんな種類の生理用品

このあいだ防災グッズを見直して思ったのですが

わたしは2011年当時、たくさんの種類の生理用品を使い分けていたみたいです

ふだんのライナー

最初の大出血用

中くらい用

終わりかけ用

コットンタイプ

コットンじゃない安いタイプ

 

そういえば当時は、生理用品だけで引き出し1つ分あったな…と思い出しました

 

いまは1種類のみ

f:id:onegin150:20170611232813j:image

漢方を飲んで経血が安定したことも一因です

オムツみたいな大げさなものを用意しなくてよくなった

最近はこれを常に用意することさえうっとおしいので、日が迫ってきたらミニサイズ(6枚入り)を2つ買うようにしています

 

・いろんな文房具

学生じゃなくなったので、文房具ってボールペンくらいしか使っていないです

ふせんさえも使わなくなった

資料はどんどん捨てています

必要な情報は一か所にまとめる作業をしています

 

・せんべい

せんべいがあると食べてしまうので、買わないようにしています

 

・冷凍食品

冷凍食品を食べる習慣がありません

一時期試してみましたが、やっぱり塩辛くて味がそれなりです

 

最近、ゆっくり食べるようになってから、塩辛さがつらく感じることが多いです

特に外食

どんなにヘルシーな感じの場所でも、すごく塩からいです

コンビニ弁当は、塩からさが特につらい

おにぎりでさえ塩味がきついです

コンビニでは弁当がつらくて食べられないので、おにぎり・サンドイッチくらいしか買いません

 

コンビニといえば、ローソンの鶏肉に爪が混入していたニュースがありましたが、何よりも驚いたのは、鶏肉が中国製だったこと

 

マクドナルドでさんざん言われたのに、未だに中国産の鳥を使ってるんですね

本当に鳥かどうかもわからない

 

からあげクンも不味くなるはずだわ…

数年前に食べたら、数口で吐きました

やばい鶏肉だとわたしの身体が言ってました

 

マクドナルドも(数年前の話ですが)必ず吐きます

 

なんで吐くのに食べるかというと、むかしの美味しかった記憶があるからです

 

あんなに激しい胃酸の出方は、何かやばいものを検知して胃酸で消毒しようと必死なんでしょうか

尋常じゃない胃酸で、喉がヒリヒリします

 

ファミマは国産鶏とわざわざ書いてありました

 

中国では、若い人の悪性腫瘍が激増していると聞きました

ローソンは何考えてるんですかね

下水から食用油を作る国ですよ

 

外食はどこも恐ろしいですね…

チェーン店は特に…

 

中国は鳥と豚を一緒に飼う習慣があるそうで

それって伝染病の遺伝子変異の温床だと思います

異種を近くで飼ってはいけない

新型のインフルエンザは必ず中国から発生するとも聞きます

新型の人間さえ生まれそうな勢い

あの黄砂の中で生きていけるだけで、すごいと思います

わたしならずっと入院していないといけないかも

中国に行ったら、わりと早く死ぬ自信があります

 

番外編

・ウォシュレット

最近まで、築うん十年の安い賃貸にしか住んだことがなかったので、ウォシュレットのない生活でした

 

最近ウォシュレットのある部屋に引越して、いろいろ調べてみました

洗うだけではなく、刺激で排便する習慣のある人がいるようです

そういう習慣がなく、洗うだけなら、自宅ならシャワーで流せばよくないですか?

 

外国人はウォシュレット大好きみたいですが…

 

ウォシュレットのノズル掃除は、けっこうマメにやらないといけないらしい

うちでは使っていないので、たまにしか掃除しません

自宅以外のシャワートイレは、掃除が徹底されていない場合があり、ノズル周りが悲惨な状態になっているものが少なくないという噂…

 

怖くて見られません

なんで最近のトイレは、シャワートイレが標準装備なのか?

掃除が大変だから、普通にアラウーノ機能だけでいい気がする

 

震災の時に知ったのですが、最近のトイレは電気で水を流すので、停電になるとトイレが使えなくなります

 

うちもピッて流すタイプで…

節電のために便座ヒーターもシャワートイレも使っていなくて、電源を抜こうとしたのですが、電源を抜くと流れない

 

むかしながらのレバー式にしてほしい……

 

停電したらトイレを流せないなんて、不便すぎる

ライフラインは電気に頼る部分を増やしてはいけないと思うのです

 

肛門刺激なんて指でやればいいと思うんですが

ダメですかね

100円ショップにうっすくてやっすい手袋が売ってますよ

100枚100円くらいのが

ダメですかねやっぱり

清潔かどうかわからない水を直腸に少量習慣的に入れ続けるリスクの方が大きいと思います

手袋は清潔ではないですが、製造工程を考えると少なくとも掃除の行き届かないシャワーノズルよりは清潔と思われます

 

わたしが自分の家を作るときは、レバーで流れるタイプのアラウーノ機能ありのトイレで、ウォシュレットなしにします

同居する人がどうしても必要というならつけますが…

 

エコ生活?

最近、いろんな「思い込み」から、脱出することがたびたびありました

 

出張中、電器店に中国人がいたのですが、たった2人しかいないのに、数人がひどい喧嘩をしているような話し方をしていました

たぶんふつうの内容の、ふつうのおしゃべりだと思いますが、声が大きくて、イントネーションが最初にあって、とにかく喧嘩しているみたいでやかましい

 

うるさいし邪魔だし、中国人は日本に来ないでほしい…

と思いましたが、あとでふと気がついたのです

 

駅の噴水をぼーっと眺めている10秒くらいの間に

 

わたしも含め、人間全体が、他の生き物にとっては邪魔かもしれない…

 

皆さん一度は考えることだと思います

わたしは久々にそういう考えが湧いてきました

 

虫は殺すし、肉は食べるし、森を切り開いて建物を建てるし、海も陸もゴミだらけにする

 

ゴ◯◯リは地球上からいなくなればいいのに

と思っていますが、他の生き物にとって、人間は奴ら以上に迷惑な存在かもしれません

 

人間がここまでのさばっているのは、強いからです

 

頭を使って、ライオンでさえも檻に入れられる能力がある

 

ここで選択肢が2つ

 

・他の生き物に迷惑をかけないように生きる

・他の生き物を押しのけて生きる

 

自分としては、今のところ両方間違いではない気がする

 

他の生き物を押しのけないと生きられないし、他の生き物に迷惑をかけないように生きないと、きっと自滅するでしょう

なぜなら他の動植物を食べて、他の生き物が代謝する循環のなかで生きているから

他の生き物が存在してくれないと、人間は生きていけない

 

どっちの理由にしても、利己的ですね

 

人間に必要な物質を、すべて工場で生産・処理できるなら生き物は要らないってことでしょうか

そんなにうまいこといかないと思いますが

 

いずれにしても、弱肉強食は真理であり、しかしそれだけでは自滅するのもまた真理

 

自分が今できることとしては、

「あんまりゴミを出さないように生きよう…」

「あんまり調子に乗るのやめておこう(便利だからと自然の仕組みを破壊する行為は、なるべくやめておこう)」

くらいで留まりました

 

あんまり深く考えてないですね

 

わたしなんかが考えたってねえ

解決しないですよ

昔の人がさんざん考えてきたことだし

その成果を著した本を読んだ方が早いです

 

中国人は旅行に来てもいいけど、もっとおとなしくしていただきたい

無理でしょうって思うかもしれませんが

聞くところによると、中国人もヨーロッパじゃけっこうおとなしくしているそうです

相手を見るんですね

日本人はナメられてるってことです

 

 

このあいだ、「海に浮かぶプラスチックゴミ」の話をネット上で見ました

有効活用してアスファルトにしようという話で

 

海に浮かぶプラスチックゴミって何かというと、ほぼすべてペットボトルでした

 

皆さん、わたしが小さい頃は、ペットボトル飲料って、存在しなかったのですよ

 

せいぜい醤油瓶の代わりに見かける程度でした

 

それが、ジュースが入っているペットボトルが出現し、家で飲むのが当たり前だったお茶がお店で売られるようになり、ペットボトル入りのお茶が出てきた

 

ここまでは2Lくらいのペットボトルの話です

 

ガラッと様子が変わったのが、500mlペットボトルが出てきたとき

 

「ゴミが増えすぎる」と、大きな反対運動がありましたが、結局発売されてしまった

それがまだ20年くらい前の話です

 

それからは一気に普及しましたねえ…

お茶をよく飲みますが、むかしは水筒で持っていってました

 

日本だけじゃなくて世界中でペットボトルは大量に消費されています

水道水が不安な地域は、週末大量にペットボトル入りの水を買うそうです

 

最近は「こんな少量は紙パックで売れば良くない!?」っていうペットボトル飲料が売っていますね…

 

これじゃ、いくらペットボトル再生しても、追いつかない

 

レジ袋削減の前に、ペットボトルだと思うんですけど

 

便利なんですよねえ…

ペットボトル……

 

とりあえず、飲料水はブリタかクリンスイにして、なるべく水筒を持っていく生活を続けます

 

わたしが気をつけたって、世界中の70億人が毎日どんどん消費しますけどね

そしてわたしも、ときどきペットボトルにお世話になる

 

日本人の新築好きとかも、全然エコじゃないですよね

 

べつにエコに目覚めた訳ではないんですが

なるべく小さく生活したいなと改めて思ったわけです

電気代は月1500円だし、まあまあじゃないでしょうか

 

アズマカナコさんというラディカルなエコ生活をしている方の本が本屋にあって、パラパラめくっただけで「ムリです」と思い、読んでおりません

電気代月500円らしい

ファミリー世帯で

 

昔は電気なしで生活していたし、ムリじゃないのかもしれない

 

今後チャレンジするかもしれません

 

いや…

しないかもしれません…

 

 うちの父は東北出身なのですが

父が小さい頃は、自分の履物は自分で編むような時代だったそうです

わらじみたいにして編むわけです

寒いからブーツ型に編んで、中に唐辛子を入れる

 

むかし、明治時代の着物が何度か再利用されて最終的にワタ入れ(防寒着)になったものをもらいました

ものすごくあったかかった

 

そこから100年経ったら、ファストファッションの時代ですよ

 

わたしも環境負荷が大きそうなファストファッションや100円グッズは、あまり買わないようには気をつけているつもりですが

 

奴隷労働と搾取と環境破壊で成り立っていると思うと、使うのが恐ろしくなります

 

中国と取引している製造業の方に聞いた話ですが、全然言った通りに作ってくれないので、恐ろしい量の不良品が出るそうです

数十%の、日本では会社が潰れるような不良品率で送ってくるらしい

不良品はほとんど破棄されるので、輸送費も材料代もパーだと

人件費が安くても全然儲からないですよと言っていました

 

わたしが使っているiPhoneは、工場で自殺者続出というニュースを見たことがあります

 

作る方も使う方も、幸せになれるものづくりをしてほしい

 

無印はもうちょっと日本製を増やしてほしいですよねえ

あんまり安くはないんだし

 

できる範囲でしかエコにできないけど、ミニマリストで自炊すれば、けっこうエコになるんじゃないかな

車を持っていないし

冷暖房使わないし

水筒使ってるし

 

少ないもので暮らすのが、いちばんエコかもしれない

またものをせっせと減らします

 

 

 

小話集

小話その1:

 

無印の良品週間ですね!

最近、良品週間の回数が多いような…

 

わたしの買いたいものは…

 

ありません!!

 

もう欲しいものは買ってしまっているから…!!

('A`)

 

わたしが愛用しまくっている、無印のナイロンメッシュケース

f:id:onegin150:20170610215009j:image

 

(無印にはもう在庫なし

定番にしてください!!)

 

 

ダイソーが、すでにそのままパクっていました…!

 

おそろしいパクリ能力

 

無印のよりもフニャフニャしていたので、同じような使い勝手で使えるとは思えません

 

 

小話その2:

 

リネン100%平織りの服は、アイロンをかけていたのですが、どうもうまく伸びない

ビシッといかない

 

手持ちの服が、リネンだらけになってきたので、やっぱり「シワシワ」は、骨格診断ストレートタイプの自分には、全然よろしくないスタイルです

 

リネンの洗い方を調べたら、どうやら「ビショビショの脱水する前の状態」で干せばいいらしい

 

うちのベランダは、賃貸にありがちな低いタイプの物干しです

腰くらいの高さの

あれって、何考えてるんですかね

 

そこで、100円ショップダイソーで買いました

 

 

f:id:onegin150:20170610215535j:image

シャワーにかける物干し

ランドリーフックという商品名です

 

amazonで1000円くらいで売ってる商品のパクリですね

(こうやって日本の製造業中小企業 が潰れていく)

まあしょうがないといえばしょうがない

そういう時代なんでしょう

わたしはどっちかというと、こういうパクリ行為によって直接実害にあった人間ですが、それでもこういう時代だとあきらめるしかないです

 

さて

洗濯機の最後のすすぎが終わり、脱水だよーという音がし始める時を、まずタイマーで測定します

うちの洗濯機は細かい調整がきかないのです

 

最後の脱水は、5分で終わるので、洗濯全体にかかる43分−5分=38分

洗濯を始めたら、38分のタイマーをつけておきます

ピピピとなったら一時停止を押し、ビショビショのリネン服だけ出して、シャワーハンガーにかける

後の服はふつうに最後まで脱水

シャワーハンガーにかけたリネン服は、シワっぽいところを伸ばしておく

翌日にはピンピン、アイロンをかけたよりきれいに仕上がる

ほんとピンピンです

頑張ってアイロンをかけるよりピンピン

 

 

リネンて、ほんとに乾くの早いです

 

夜に干して、夜中にトイレに起きたときに見たら、上の方は乾いていました

 

「ビショビショ干し」で

リネンのシワ問題が解決です

 

 

小話その3:

 

私がちょっと好きなsnidelが…

 

なんと

f:id:onegin150:20170610221307j:image

f:id:onegin150:20170610221313j:image

 

マルニっぽいサンダルを販売していました

 

こっちがマルニ

f:id:onegin150:20170610221715j:image

うーん

snidelの方は可愛い感じがして、わたしには無理ですね

ファッション界もパクリでできているんだろうか

これは流行りというのだろうか

 

自分が買った形は、できれば流行ってほしくないんですが、流行っているんですかね…

 

 

 小話その4:

 

このあいだの出張は、とある事情でいつもよりグレードの高いホテルに泊まったのですが

 

それでも、綿のシーツのムレ感と、熱がこもる感じが寝苦しくて、寝られませんでした

 

本当はクーラーをつけるべき気温だったからかもしれません

 

たぶん部屋の中は、25℃くらいだったと思います

 

でもクーラーつけると風邪ひくんですよね

それで毎年風邪をひいていました

 

改めて感じる、うちのラクダ毛布とリネンシーツの優秀さ

 

ホテルはそこそこの品質のコットンシーツと羽布団だったと思うのですが

ムレる

熱がこもる

ふとんをかけないと寒い

という感じで

何度も起きてしまった

 

そう考えると、ラクダ毛布は、本当にすごい

 

夏に風邪をひかなくなったのはラクダのおかげです

 

 

 

あとタオルです

 

綿のタオルを久々に使いました

 

うちは昔から柔軟剤を使わなかったので、柔軟剤で仕上げたタオルが爪に当たると「キュッ」となる感じが、自分はとても苦手です

柔軟剤をつかうと全然水を吸わなくなるのに、なんでみなさん柔軟剤を使うのでしょうか

石けんで洗えばフワッフワですよ

 

友達の家に泊まったとき、Tシャツを洗ってくれたのですが、そのTシャツを着たら、柔軟剤のにおいに酔ってしまい、その日は午前中に吐きました

 

家に帰ってすぐに脱いで、すぐ洗濯しました

 

わたしにとって存在が謎すぎるもの

それが柔軟剤

 

ウールに使うプロウォッシュはシリコンがたんまり入っているのですが、柔軟剤はシリコン量が中途半端で、それを綿のタオルに使うのです

謎すぎる

 

そしてあのニオイ

犬を飼っていたら、犬にとって拷問なんじゃないかと思います

わたしはむかしから「うちのカナリア」と呼ばれていて、その場の異臭にいち早く気づき、いち早く具合が悪くなる

柔軟剤売り場に立っていることができません

 

 

ともかく

やはり自分にはコットンが向いてないなと、改めて思いました

 

肌触りはとってもなめらかなんですけどね

湿気がこもるから、「しっとり」するのは確かです

 

いまリネンに狂ってますからねえ…

そのうち他の素材にはまってたりして

わたしの「リネン狂い」はもう5年以上続いているので、このぶんだと定着すると思われます

 

うちの妹が

はまり出したんですよ

リネンに

本格的に

 

わたしのことを「なんでも麻子」とからかっていた妹が

 

「もう無理、化繊ムリ」

と言い出し

リネンばっかり着ています

 

化繊のギャル服で育ったあの妹が

 

ちなみにうちの妹は、ナチュラル系ファッションの対極にある、とんがりまくった格好をしていた人ですが、リネンを着ています

 

信じられない

 

「リンネル系の服とか一生着ねーし」

って言ってる元ギャル30代を思い浮かべていただければ、うちの妹がリネンを着る不自然さがわかっていただけるかと…(渋谷じゃなくて原宿でもなく六本木系らしいのですが)

 

よくむかしは妹と一緒に歩いていると、おばさま方にガンつけられました

妹はサングラスの中からおばさま方にガンつけ返していました

露出度が高いにもかかわらず(可愛らしい要素がないので)日本人男性が寄り付かず、中高年が眉をひそめる格好です

妹の中身は穏やかなんですけどね

 

無印で服を買う妹をまったく想像できなかったですが

いまは

「良品週間クッソヤバいwwwwww」

と無印にハマっており、リネンをまた買っているみたいで、楽しそうです

 

妹は「とんがりナチュラルこなれ系」ファッションにアレンジして無印リネンを着ているので、妹の見た目はそんなに変わりません

 

 わたしが着ると女工さんの作業服に見えるシャツを、妹はかっこよく着ております

 

妹は骨格診断のナチュラル系だと思います

細身で骨が出ている

姉妹でも骨格ってこんなに違うんですね

 

 

 

あとホテルを出て気がついたのですが、

 

テレビの存在を忘れていました

 

黒くて平べったい家具っていう感じで

なんか邪魔だなと

そういえばあれはTVでした

 

地震でもあればTVをつけたかもしれないけど

音がうるさいしね…

 

正月に実家でTVつけっぱなしにしていたら、ちょっと疲れてきて、消してもらったことがありました

音の洪水が、あんなに疲れるとは思わなかった

意外にエネルギーを使っているのかもしれません

 

むかしはホテルに泊まるときはアメニティをたくさんもらってウキウキしていましたが、今回はひとつももらいませんでした

 

連泊だったので、シーツ替えの掃除をお断りして、タオルだけ替えてもらいました

 

わたしが生まれた時から、大量消費社会と言われてきましたが、本当にたくさん消費してたんだなあと思いました

 

 

 

 

 

 

 

出張の荷物

久々に長め(3泊4日)の出張に行きました

 

自分の荷物が数年前と比べて、すごく少なくなっていることに気がつきました

 

昔は3泊4日で、機内サイズのスーツケースを超えた荷物を持っていました

 

いやほんとに

スーツケースの上に、さらに大きなナイロンバッグを置いてた

 

今回、同じ日数のはずなのに大きなスーツケースの人が結構います

わたしはいつものリュックひとつです

 

 

 f:id:onegin150:20170608225824j:image

今回の出張全荷物(着ている服とリュックは除く)

左上から

無印の仕分けケースに入った替え下着

替えの無印麻シャツ

替えの麻キャミ

替えの麻靴下

いつも持っている小物ポーチ

(くし、絆創膏、耳栓、裁縫セット、薬、爪切り)

マルセイユ石けんと100円ポーチ

下着用ライナー

突然音楽が聴きたくなった時用のイヤホン

iPhone充電器

財布

定期入れ 兼 キーケース 兼 リップ入れ

歩数計

急に風邪をひいた時用の鎮痛薬と鼻水どめ

吸入薬

100%遮光日傘 兼 雨用傘

ティッシュポーチ(外出時は化粧直し道具と薬など入れる)

アクセサリーケース

蛍光ペンとボールペン、歯ブラシと歯磨き粉

ワセリン、ハサミ

化粧ポーチ

無印の書類ケースとノート

100円ロールブラシ

無印の折りたたみバッグ

メガネ

 

ほかは、いま着ている服です

スーツ上下

(というより麻ニットジャケットと麻スラックス)

靴下

麻キャミ

麻シャツ

下着上下

 

以上です

 

とりあえずスーツっぽければいいので、これ以上にかっちりした夏スーツは持っていません

シワになってはいけない時は、インナーも麻ニットにします

 

麻のジャケットはケンランドなんですが

f:id:onegin150:20170608231529j:image

これが、

シワにならないし、あったかくて涼しいし、家で洗えるし、超快適なのです

一年中着られる

めちゃくちゃおすすめです

裾は長くもなく短くもなく、ラペルも細すぎず太すぎず、ベーシックな形です

なんの特徴もないのが使いやすいです

 

パンツはマーガレットハウエルの厚地麻織物で、細かいヘリンボーンみたいな生地です

裏地なしで透けず、ぱっと見がウールのようで

ラインがきれいで気に入っています

 

荷物のパッキング時間が、どんどん短縮してきています

今回はいつもの荷物に、着替えと数日分の薬を足しただけです

 

 ちょっとちがうのは、石けんを持ってくるのを忘れました

 

今まで使っていた石けんが小さくなりすぎたので、どうしようか、まだ使えるかなと思っているうちに忘れてしまった

急遽ハンズで、マリウスファーブル社の石けん100gを買い、100円ショップでビニールケースを買いました

 

このケースは、家に帰った後は飴ポーチになります

 

もうひとつ、髪が伸びてきて寝ぐせが目立ってきたので、100円ショップでドライヤー用ロールブラシを買いました

本当はヘアアイロンを買おうか迷っていました

とりあえずロールブラシ+ドライヤーで、しばらくがんばってみます

 

 

 あと手帳を忘れました

なくてもいい気がしていて

手帳についてはいろいろ迷い中です…

 

水はペットボトルを買います

ていうか、風呂の蛇口の水を飲んでいます…

 

化粧ポーチの中身

f:id:onegin150:20170608233430j:image

左上から

コンシーラーブラシ

シュウウエムラナチュラル12F)

お湯で落ちるリキッドアイライナーDior

目のキワ用ブラシ(竹田ブラシ)

眉墨(イヴ・サンローラン 4番)

ファンデーションブラシ(ARTISAN&ARTIST)

チークブラシ(ARTISAN&ARTIST)

綿棒(100円)

オンリーミネラルプレミアムファンデーション

ルミナスパウダー(ハイライト)

オンリーミネラルシアーベージュ(目元用下地パウダー)

前髪クリップ

クレンジング用ホホバオイル(無印)

ハサミ(貝印、15年以上使っている)

毛ぬき

鉛筆削り(DUX)

お湯で落ちるマスカラ(diorアイコニックオーバーカールと、diorマキシマイザー)

自作香水アトマイザー(100円)

アイシャドウパレットDior

チークDior

 

中身は普段と一緒です

化粧品はいま迷走中なので、中身が変わることが多いです

 

さて

昔の出張荷物と比べて、だいぶ減っているわけですが

 

いちばん減ったのは、洗面用具です

 

シャンプー・コンディショナーがない

クレンジング・洗顔料もない

マルセイユ石鹸がクレンジング 兼 洗顔料 兼 洗濯石けんです)

 

今回はマルセイユ石けんがいつもより大きいですが、ふつうはこの1/4くらいの大きさを持っています

無印のプラケースに入れています

 

あと基礎化粧品が、小さなワセリンしかない

 

昔は、保存料無添加のために小分けができない基礎化粧品を使っていたことがあり、瓶ごと持っていくので、基礎化粧品だけですごい荷物でした

 よくやってたよなあ

 

 

そして、日焼け止めがない

 

コンシーラー・日焼け止め・ファンデーション・お粉を、オンリーミネラルで、すべてまかなっています

昔、体用の日焼け止めは、スプレーと乳液タイプ両方持って、毎朝べっとりつけていました

 

アネッサとかビオレとか、体じゅうに塗ってたなあ

 

リキッドファンデーションの瓶を持ち歩いてたなあ…

 

そんな感じで、荷物が重いから、コロコロがついたスーツケースにするしかなかった

 

こういう液状の基礎化粧品がないだけで、かなり軽くなります

コスメだけで、ペットボトル1L分くらいの重さはあったと思う 

今、身体の日焼け止めは塗っていません

日傘と服で防いでいます

日光に当たると熱が出て具合が悪くなりますが、今のところ、この方法で数年日焼けしていません

 

 

あと

コテがない

コテを使わなくていい髪型にしちゃったからなあ…

また伸びてきて考え中です

 

でっかいロールブラシがない

でっかくて重いロールブラシで、ホテルで必死にブローしてたなあ…

 

サプリ類がない

山のようにビタミン剤を飲んでいたことがありました

出張準備は、それの小分け作業が大変でしたね…

なんか…わけのわからんサプリ飲んでましたねえ

血流を良くするとか、浮腫疲れに効くサプリが多かった

アンチスタックスの登場で、全て要らなくなりました

いまは漢方飲んでるから、わたしの場合、アンチスタックスも要らない

いまはあまり体調にこだわらないようになりました

むくみは良くなっても、サプリなしの生活では、元気さと疲れ具合は、飲んでる時とあまり変わらないです

 

そして

替えの服が少ない

 

いまは麻にしたら、すぐ乾くので…

乾燥したホテルの部屋は、カラッカラに乾きます

結局乾いてしまって、着替えさえも要らなかったんじゃないかという結論に…

 

いや、不意に汚した時とかに必要ですよね?

必要ないか?

 

 

美容機器がない

 

昔は小さいミスト美顔器とかイオン導入機とか

持っていってましたね…

それらがないと、ホテルでは肌がカラッカラになりました

いまは喉が乾くだけです

 

 メディキュット的な、寝る時用の長い靴下も持っていってました

脚がだるくて仕方かなかった

いまもむくんでますが、昔の比ではないです

 

 

パソコンがないですね

スマホで全部できるからなあ

書類を書かないといけない人は必要ですね

 

昔は本を数冊持っていっていました

いまはスマホkindleに、読みたい本を詰め込んで出かけます

 

そういえば大昔は電子辞書を持っていました

今はスマホがあるし…(ry

目覚まし時計は過去には携帯でセットしていたので、これも今はスマホですね

 

そういえば、肌が弱いから、洗濯洗剤も持っていっていました

粉石けんを小分けにして

いまはトップでも何でも大丈夫

洗剤の種類自体がちょっと変わったんでしょうか

 

財布は長財布で、ずっしり重かったですね

カードがたくさん入っていたし

ポイントカード類をどんどん捨てて、クレジットカードといつも行く店のポイントカードだけになりました

 

ビッグカメラとヨドバシはアプリになりましたっけ?

早くアプリにしてほしい

ハンズカードもアプリになったし

よく行くドラッグストアチェーンとDiorのカードはいつも持っています

 

貧乏時代から少しづつ買っていたゲランのカードは、たった一年買わなかっただけで全データ消去されて、すごくショックでした

もうゲランなんか知らん😭

というわけでカードを捨てて遠のきました

香水で酔ってしまうし…

といいつつ、ゲランの「粉もの」は、ほんときれいですよね…

ゲランは日本人向けの商売が、下手だと思います

そこがまたいい

(あれ?)

 

 

パジャマを持ってた時もあったなあ〜

旅行用の…化繊の…エトワール海渡の…

今じゃ考えられない

 

マイスリッパを持ってた時もあったなあ〜

 

ときどき、あまり清潔じゃないビジネスホテルがありましたが

あんまり気にしない方です

おっさん達も人間だし…

ただし有料チャンネルの番組表には触らないようにしてます

 

気にする人は、消毒剤を持参していました

 

昔は服もいろいろ持っていきました…

特に夏は3日以上で3セットくらい

洗濯ネットもたくさん持っていったなあ

ビジネスホテルの洗濯機で洗うためです

パンツは3枚以上、ブラ2枚以上、靴下3枚以上は普通の数でした

それでも部屋干しで乾かなくて、焦った思い出があります

綿は乾くのが遅いから

 

ホテルの部屋って、自殺防止のためなのか、洗濯ひもを引っ掛ける場所が、なにもないのです

親切だと風呂場にロープがあるんですが、安ホテルにはない

しょうがないから、100円ショップで買った洗濯ひもを、部屋のカーテンレールから風呂場のタオル掛けまで引っ張って、むりやり干してました

 

そのロープは丸めると意外にかさばる

ピンチハンガーも持っていっていた…

洗濯セットは結構な荷物でしたねえ

 

今は麻なので、実は5日くらい着ても臭くならないから、夏でも3日くらいは着てしまっています

そのあいだ、ゆっくり手洗いして干します

干すものが少ないと、ロープがいらない

部屋のハンガーで間に合ってしまう

 

うーん

すごくこだわりが強い人間だったんだなあ

 

あ、ランニングセットを持参してた時もあった

 

走ったなあ

知らない街で

 

お茶っ葉(ハーブティ)を持参してたこともあった

 

iPad持ってたこともあったなあ

 

うーん

まだまだ減らせる気がする

 

 

 

 

こだわりを捨てる

断捨離ミニマリストから発展して

禅や仏教関係の本を読んでいるのですが

 

どうしても腑に落ちないことがいろいろあり

何度も読み返しています

 

「こだわりを一切捨てたところに、心の平穏がある」

 

というのが仏教の教えで

 

執着、愛着、好きなもの、

あると嬉しいもの、いると楽しい人

 

そういう存在が、裏を返せば

苦しみのもとだという説明です

 

そういう好ましいものが「あると嬉しい」ということは、裏を返すと「ないと苦しい」ということになるからです

 

大好きな人がいても、その人は100%完全に自分の思う通りに動くことはない

だから、誰が相手であっても、いつか必ず裏切られたと感じることが出てくる

 

大好きなものがあっても、100%完全に永遠に存在するとは限らない

だからその大好きなものが、いつかなくなって、自分が苦しむときが必ず来る

 

という考え方です

 

一般的には、素敵で、便利で、楽しくて、美しくて、大好きなもの・事・人は良い事とされています

 

それさえも仏教では、苦しみのもと、執着のもとだから、気をつけた方が良いと考える

 

 

仏教では、「好き」を追求して「嫌い」を遠ざける当たり前の行為そのものが、苦しみのもとだとしています

 

ミニマリスト

「究極に何もこだわらない派」

としてものと付き合う人と

 

「こだわり抜いたものだけと生活する派」

の2通りに大きく分けられると思います

 

私が目指していたのは

「こだわり抜いたものだけと生活する派」

ですが

 

それってつまり、

好きなものを追求して

嫌いなものをとことん排除していく

ということです

 

仏教的にはアウトってことでしょうか

 

不思議なことに

とことん好きなものを追求して

要らないものを排除して

自分の持ち物を減らしていったら、

なぜかだんだん何事にも執着心が薄くなって、

「何でもいい」

と思えるものの割合が、多くなってきました

 

要らないものを排除していく中で、好きなものに対する執着を捨てる訓練もしていたようです

 

「これがなくても生きていけるなら

これも実は要らないんじゃない?」

という感じに

 

こだわりを捨ててみると

確かに楽です

 

とってもラク

 

苦しみの原因は、自分の執着心だということが

身をもってわかる

 

自分のように、こだわりでがんじがらめになっている人間には、非常に役に立つ教えです

 

こだわりを捨てるって、こういう心の断捨離なんだなと思いました

 

ドミニック・ローホーさんも似たようなことを書いていました

 

「高価なものほど手放す」

と言っていたような…

 

大好きな掛け軸のコレクションを、いくつか手放したそうです

 

火事で燃えたらどうしよう

泥棒に盗られたらどうしよう

 

そういう心配から自由になれる

 

所有するって、こころの荷物になるんですよね

 

最近、

「良いものを長く使いたい」

という思いと

「なんでもいいから気楽に生きたい」

という思いが、ものを買おうとする時にせめぎあっています

 

「好き」なものを追求することの落とし穴は

自分の執着心の増強です

 

でも…

少ないもので暮らすからには、便利で美しくて大好きなものと暮らしたいですよねえ

 

仏教は、「好き」「嫌い」の仕組みのマイナス面しか見ていませんが

やっぱり好き嫌いって、生きていく上で必要なことだと思います

 

そもそも好き嫌いは、危険回避や遺伝子の繁栄のために必要だから存在するはず

 

全部否定したら、生きていけないのです

 

好き嫌いを全て否定するなら、「ゴ◯◯リ(ゴスロリではないですよ)が敷き詰められた部屋で寝られるなら、苦しみはない」とかいう話になってくる

耐えられたとしても、生き物としてストレスは確実に受けてしまう

なぜならそういう風にできているから

 

そよ風が吹き適温でふわふわの布団に包まれて寝るのと、

虫が下に敷き詰められてひどいニオイのする板の上で寝るのと

「苦しみが生じるのは、自分の好き嫌いのせい」

と言われても、

納得いかないですよね

生き物の体は一定の適した環境にいなければ、個体差が多少あってもストレスを受けるようにできているから

 

 

仏教ができた頃は、そういうのがまだわかっていなかったから、ストイックな理論になってしまったのかも

 

結局のところ、

物事の正しい道は、何かの理論に乗っかっているのではなく、「中庸(バランスをとる)」だと思っています

これは中学の時に教わったことがもとで、ずっとそう考えているのですが

西洋風哲学だと、結局派閥に分かれて、何が正しくてどうするべきなのか、さっぱりわからない

 

この世で絶対に正しいものと言ったら、ある程度のレベルの数学くらいしかない(つまり物理も)

 

それ以外の人間が作った理論で、絶対に正しいものなんてあったでしょうか?

 

結局のところ、仏教は東洋風だけどロジックは西洋風だと思います

突き詰めると何にもならない

全てに当てはまらない

正しくない場合が出てくる

 

東洋風に「中庸」がすべての答えになる

つまり、白か黒かでなく、バランスを取るのが大事だと思っています

 

 

仏教の良いとこどりをして、好き嫌いと執着心には適当なところでバランスを取る

 

たとえば

大好きなリネンに囲まれる生活を追求して、いざという時に支給の綿Tシャツで生きろと言われても、生きられるようにしておく

 

大好きな人と一緒にいて、好きだなーという思いをぼんやりもっておき、日々の生活で自分の期待と違う態度をとられても、まあそういうもんだと思っておく

 

少ない持ち物の全てが自分のお気に入りで、何年もかけて集めたものであっても、何かが原因ですべてのものを失った時は、ないなりに生活できるように、こころの準備をしておく

 

という感じで

落としどころを適当に作っておく

というのが、自分みたいな凡人には合ってる気がします

 

仏教の本を読んでいると

仏教の目指すところは、自分の生死さえもこだわらないところなんだなあ

と感じます

つまり自分が死ぬことさえこだわらない

 

生き物の最大の目的は、

自分が生きることと

自分の遺伝子を増やすことです

 

それに反することをすると、大きなストレスを受ける

逆に達成できれば大きな喜びになる

 

仏教は、そういうのを超越しちゃってるんですね…

 

どこまで参考にすべきか、迷うところです…

 

 

「これ要らないかも」ヘアアレンジ、凝ったメイク

ヘアカット動画、メイク動画、ヘアアレンジ動画を見るのが趣味です

 

最近やっと気がついたんですが

 

「ヘアアレンジは

手をかければかけるほど

ダサくなる」

 

という法則

 

手をかければかけるほど、

綺麗になるんだと思っていました

 

小学生くらいの女の子が、凝ったヘアアレンジをがんばっている動画は、とってもかわいいのですが

 

大人があんまり凝るとねえ

暇なのかなって思います

パーティだったとしても、あんまり凝ったアップスタイルって、田舎くさいですよね

 

いかに手をかけていないように見せるか

がオシャレかどうかの分かれ道らしい

 

どういうことかというと

 

f:id:onegin150:20170528003612j:image

f:id:onegin150:20170528003630j:image

 f:id:onegin150:20170528003701j:image

f:id:onegin150:20170528003714j:image

 f:id:onegin150:20170528003723j:image

(Metdaanより)

 

わかっていただけますかね

髪型自体は美しいのに

(いちばん下はない気がする…)

野暮ったい感じが否めない

いちばん上のいちばんシンプルな髪型が、この中ではマシに見える

 

気合いが入りすぎなのです

 

もう少し抜け感がほしい

 

それに対し

オシャレピープルのヘアアレンジ

(vogueより)

f:id:onegin150:20170528004149j:image

f:id:onegin150:20170528004157j:image

 

それだけですかっ

ていうヘアアレンジ

 

ひとつ結びしただけ

ねじっただけ

おくれ毛を出しただけ

 

今はエフォートレス(らくちんスタイル)が流行っていますが、気合いの入りすぎがダサく見えるのは、永遠の法則だと思います

 

これは化粧にも言えることで

 

f:id:onegin150:20170528004617j:image

f:id:onegin150:20170528004626j:image

(Metdaanより)

 ↑

まあ、きれいですよね

この気合い入りまくった完璧メイクと比べて

 

 

f:id:onegin150:20170528004651j:image

(Dior 2016)

 

f:id:onegin150:20170528004851j:image

 f:id:onegin150:20170528004859j:image

f:id:onegin150:20170528004952j:image

(fasionpressより)

 

↑気合いが全く入っていないように見える(実際はしっかりメイク)顔とスタイルのバランスで、オシャレに見える

 

こうして比べてしまうと、しっかりメイクはドラッグクイーンというか、水商売風というか

田舎くさい感じが強いです

 

フランス人て、よくリップと眉とマスカラ(とアイライナー)しかメイクしないと聞きますが

その理由がよくわかった気がする

 

顔が完璧の鉄壁でいいのは、パーティの時くらいでしょう

 

実際には抜け感メイクの時も、肌はしっかり作り込む必要があります

紫外線防止の意味と、

化粧の定着、

ただの手抜きに見えないために

 

というわけで、しっかりメイクをするための化粧品が、真剣に「要らないな」と思えてきました

 

自分の持っているものでいうと、やっぱりコントゥアリング(陰影付け)用のブロンザーですね

 

f:id:onegin150:20170528010238j:image

あと

 

眉マスカラ

f:id:onegin150:20170528010407j:image

ヘビーローテション 眉マスカラ

↑すごくきれいな眉になるんですが

抜け感がなくなるのです

 

ハイライトは必要です

ハイライトはね!!

f:id:onegin150:20170528010547j:image

オンリーミネラル ルミナスパウダー

 

ハイライトこそ、

「抜け感があるのにきれい」な肌をつくるのに欠かせないアイテム

 

そして、ヘアアレンジ

 

お出かけの時にヘアアレンジを頑張るのが好きでしたが

やめることにしました

ここ数年はショートにしちゃったのでやっていませんが

 

もう…

髪が伸びても

ひとつ結びシニヨンでいいや

 

カーラーなしに抜け感を作るには、手で丸めてドライヤーを当てるなどの裏技があります

 

巻かなくてOK!

髪型がワンランクアップする仕込み術

https://hokuohkurashi.com/note/123564

 

今後は、ヘアアレンジしなくていい髪型にします

どうせ朝寝坊だし

 

f:id:onegin150:20170528011408j:image

f:id:onegin150:20170528011423j:image

↑こういう感じの髪型で、一生やっていこうと思います

楽だし、結べるし、小さいコテで変化をつけられる

 

ヘアアレンジ、やめます

結んでおくれ毛を出す程度ですね

 

ふだんのガッツリメイク、やめます

ダサいということがわかった

 

抜け感メイクって難しいんですよねえ

日本人はちょっと間違えると、ただのすっぴんブスに見えるし

 

最近、メイク道具をどうやって減らすか、試行錯誤しています

 

今日は寒いですね

 

ヘアアレンジと気合いメイク

をしなくてもいいことが確認でき

今日もまたひとつ、肩の荷が下りました

 

おやすみなさい

 

「これ要らないかも」老後の心配

最近、自分の老後についてよく考えます

 

小さいときと違って、周りの大人が高齢化してきているから

 

お姉さんお兄さんだった人たちが、おじさんおばさんになり

 

おじいさんおばあさんだった人たちが、超高齢者になり、亡くなっていきます

 

どんな人でも、いずれ死ぬんだなと感じます

 

文字通り、あの世に財産は持っていけない

 

やっとローンを払い終えた一軒家は、自分たちの管理能力がなくなって、ゴミ屋敷になったり、階段を上るのがつらくなって、2階部分を持て余したりする

 

庭の手入れなんて、できなくなる

立派に手入れされていた庭は枯れて、盆栽がひとつひとつ干からびていき、庭にくる鳥はいなくなり、飼っていた動物は先に死んでしまう

 

むかしのように家を強制的に継がせることができれば、家や庭のそういう姿を見なくて済むのですが、子供たちには子供たちの生活がある

 

家のことや、貯金のこと、身体が不自由になった時のことをいろいろ考えます

 

健康で働けることが前提だと、そうではなくなった時に困るからです

 

「老後に3000万円必要」というけれど、そんなに必要なんでしょうか

 

そんなに貯金を持っている高齢者は、自分の周りにいません

 

いざという時の保険というけど、公的補助がいろいろある日本で、必要なんでしょうか

 

子供がいる場合は、給与の代わりになる保険に入るか、学資金の貯金はもちろんしたほうがいいと思います

遺族年金が出ますが、学資金には全然足りない

 

高等教育は「贅沢」の部類に入るので、国立大に入れるお金(入学金30万、授業料約55万×4年、生活費10万×12×4年=730万/1人)くらいはないと困ります

 

お金がない場合は私立はほぼ無理なので、必死に勉強して国立大目指すしかないです

 

奨学金がありますが、月に1万5千円程度返していくのは、若い頃はまあまあキツいです

 

しかし子供2人なら、生活費の足し(1人5万×12×20年)と大学費用があれば、ギリギリどうにかなります

 

自分は塾に通ったのは1年、浪人時代の授業料は全部で60万でした

塾に行かなくても、勉強なんてどうにかなります

 

ひどいインフレが起きない限り、子供1人産んだら2000万あれば、20年間育てて大学まで行けることになります

 

保険にひとつ入っておけばよさそう

 

身体が不自由になった場合、

突然働けなくなると、まず入院費・医療材料代などがかかり(高くて100万くらい)、退院後は高額療養費制度でまかなえない月10万円程度の医療費と、補助具装具などで数十万、施設代や住み替え代で高くて数十万、その後に半年すぎると身体障害の申請ができますが、そこまでは自力で踏ん張る必要があります

100+10×6+100(装具補助具・住み替え代)=260万

 

いざという時すぐに300万くらいあると安心ということです

 

施設に入る場合は、生活保護でも入れますが、年金などを使って月10数万くらいかかります

 

施設に入る容態だと、10年生きることはそうないと思うので(後で書きますが延命拒否する前提です)

施設代は15万×12×10年=1800万

 

実際は年金や生活保護になって、こんなに必要ないです

 

ガンの場合はまた別です

 

先進医療を使うかもしれないし、化学療法など長期間になったり、再発してまた治療となるとまたかかります

 

ここでも高額療養費制度でまかなえない月10万以下のお金があればいいわけです

 

がん保険はよく調べて、入っておいてもいいかもしれないです

 

がんは今は半分以上が治る病気です

 

がんが発症した時を寿命と捉えるかどうかは、各個人にお任せします

 

いざという時の医療費300万くらいと、

がんになったらガン保険に頼ることにして、

施設にお世話になる容態になったら、頭がしっかりしていない限り延命拒否して早くこの世とおさらばする

という計画です

 

短期記憶が極端に悪く

自分の感情コントロールができず

自発性がなくなり

自分の身の回りのことがほとんどできなくなった時は、

あらゆる延命措置を拒否する予定です

 

家族に詳しく伝えてあり、そうなった時は家族の決定に100%従う予定です

 

まだ文書が完成していないですが、書いているところです

 

老後に良い老人ホームに入りたい方がいると思いますが、

そういう方は3000万せっせと貯めてください

 

実際たいして変わりないと思うので、私は入所できるところでいいです

 

大金を貯めても、ボケてしまった自分が、ちゃんと金銭管理をできるとは思えません

 

車の免許返納と同じ時期に、財産管理を若い人に任せようと思っています

私の場合は、今のところ姪っ子になりそう

ちゃんと管理してくれそうな子に育っている気がする…

 

そうすると

 

【いざという時/老後のために必要なお金】は

 

・子供がいる場合は

2000万×人数の貯金もしくは生命保険

 

・いざという時の300万くらい

 

ガン保険

 

・施設にお世話になる場合の最初の頃のお金(3年分くらい=500万くらい)

 

1000万の貯金があれば、みなさまに大きな迷惑をかけることなく、あの世にいけるかも

 

税金も保険も年金もたくさん払っているので、死ぬ数年前に生活保護になっても、まあ許してもらえるかなと思っています

 

しかしこれは延命措置をうまく拒否できた場合の話

 

ズルズル介護される状態だともっとかかります

 

 

【拒否する措置】

・心肺停止後15分以上の心臓マッサージ、蘇生

・人工呼吸器装着しないと延命できない状態が1ヶ月以上続く場合

・意思も認知機能もしっかりしていない状態で、自力で食事摂取できないときの胃ろう・中心静脈栄養

認知症が高度なときの積極的な治療(癌、脳梗塞、骨折接合・人工関節、心血管カテーテル治療など)

苦痛の軽減の処置なら受け入れる

認知症が高度か、自力で身の回りのことができない状態での、高額薬剤による治療

(もうね、ほっといてほしいです)

 

などなど

細かく想定して、紙に書いて家族に渡す予定です

 

スッキリ死にたい

 

いずれみんな死ぬし

 

元気で健康に生きる期間を長くしたいのは私も同じです

 

そのために続けること

・摂取カロリーを守り、魚を多く摂る

・色の濃い野菜を毎日食べる

・ヨーグルトなど乳酸菌を毎日摂る

・ヨガ・散歩を続ける(1万歩以上)

・本をたくさん読んで書く

・人と頭を使って話す

・小さくて新しいことをやってみる

・無理をしたら休む

・朝起きて夜寝る

・煙草、酒、中毒性のあるものは極力避ける

・日記をつける

 

これからやりたいこと

プランターからはじめて、食べ物を育てる

・60代くらいに畑をもつ

・スモールハウスを建てる

 

 

スモールハウスですが

あれってロフトのある2階建が多いですよね

あれ、高齢者には結構危険です

高齢者用のスモールハウスを考え中です

 

一人暮らしの高齢者の場合、賃貸でけっこう嫌がられることが多いそうです

水と火の始末が危ういし、孤独死してドロドロの異臭で発見されたりするからです

 

高齢になったらやはり持ち家に住むべきですが

家族用の一軒家は広すぎるのです

 

家族が大勢いて大きな家が必要な時期なんて20年くらいなので、そこに合わせてマイホームを持つべきではないと思っています

子供が離れてからの方がずっと長い

 

老人に必要な家は

 

・一階建の平屋

バリアフリーで手すりがつけられる

・段差がほとんどない

・寝室とトイレ風呂が近い

・玄関と寝室が近い

・家の中で車椅子が使えて、外にも出られる

・火事で燃えても他の家に延焼しない

・ペットが飼えるとなおよい

・壁面収納で高所収納がない

・座って炊事可能

 

などなど…

 

若い頃なんてどうにでもなるのです

高齢者になるとまさに高齢者用の家が必要になってくる

施設入所期間を短くするには、家で安全に暮らせる期間を長くすればいいわけです

 

これからの貯金額が明確になったので、ちょっと安心しました

 

なんだかんだといろいろ使える公的制度があります

 

そんなに恐れて今の生活を犠牲にすることは、ないのです