読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマル生活で頭をスッキリ(目標)

ミニマリスト目指し中。意識低い系。

女性用・下着について

風邪をひきました

 

先日、ちょっとあったかくなったからと、湯たんぽなしで寝てしまったら、激しく寒かった

 

改めて、湯たんぽに頼って生きていることを実感しました

 

 

今日は、下着を捨てました

 

ヘロヘロヨレヨレで、見た目も残念な感じになってきたので、同時期に買った2つのブラジャーを捨てました

 

お見苦しいので写真は載せられませんが、よく見たら、だいぶくたびれておりました

 

約1年半前に買ってヘビロテしていたものです

去年の秋くらいにヘロヘロ感が出ていましたが、さすがにもう寿命です

 

エクサブラというところの下着を愛用しています

 

エクサブラはその名の通り、大胸筋が鍛えられるブラです

初めて、もしくは久しぶりに着けると、大胸筋が筋肉痛になります

 

それよりも、ホールド感(「鎧(よろい)感」)と楽ちんさの両立が絶妙なため、他の下着に戻れないという理由の方が大きいです

 

むかしはワコールとオルビスを愛用していました

 

お店にサイズのあるギリギリか、ちょっと太るとすぐ牛っぽいカップサイズになるので、苦労しました

 

いちばん安定するのはフルカップです

ワコールでもどこのメーカーでも、フルカップは長持ちします

 

板状のパネルで支えずに、布の丈夫さで重みを支えるからです

 

フルカップは最長で3年くらい着ました

3/4カップは、どんなに大事に扱っても1年半くらいしか持ちません

 

Cカップ以上で、胸の開いた服を着ない、シルエットが50年代マダムみたいになってもお披露目する相手がいない、長持ち安定感重視の方はフルカップおすすめです

コスパは最高に良い

ワイヤーがなくても、安物でも、ちゃんと支えてくれる頼もしい存在がフルカップ

 

しかし20代だった私は、

「フルカップはおばちゃんになればいくらでも着られるんだーーーー!!

3/4カップでEF以上の可愛いブラを作れってんだ各メーカー!!!」

と心の中で叫んでいました

 

お店に溢れる可愛い下着は、通常サイズのものばかり

奥の方にひっそりと

「牛さんはこれでも着てれば?」っていう態度で、EFカップ以上のフルカップブラが売っています

 

くっそおおおおお… (๑•́ω•̀)

 

海外の下着を個人輸入したりしましたが、海外のは聞いたこともないような爆乳サイズが豊富で、アンダーがでっかい

安物の当たりハズレの差が激しい

 

プチプラ下着屋さんが流行り始めた時、安くて可愛いので、買ってみました

ブラパンツ両方とも激しいミミズ腫れができて、撃沈…

歩くたびにスレて、拷問でした

 

お肌はけっこう弱いです

激しく弱い

化粧品すべて使えない時があったくらい弱いです

肌に直接化繊を着ると、毛穴に沿ってブツブツができて、乾燥して非常にかゆい上に、静電気バチバチ発生し、けっこう不快…

 

そんな私でも大丈夫だった化繊が、オルビスとエクサブラです

ワコールもまあまあ大丈夫なのがあります

 

オルビスはEFカップ以上のデザインがちょっと…

今現在オルビスがどうなっているか知りません

 

とまあいろいろ試してエクサブラに落ち着きました

 

Cカップ以上の方は、半端に支えるブラジャーだと肩が凝ると思います

 

肩凝りを防ぐには、肩紐とアンダー両方で支え、できるだけ胸を胸壁と一体化させた方がいい

 

20代はじめに、胸と胸壁をつなぐ「クーパー靭帯」は、一旦伸びたら戻らないと知り、それ以来

「絶対に胸を揺らさない」

を信条に生きてきました

 

ワコールの「絶対揺らさない5D」ブラができるまで、ランニングはしないという徹底ぶりでした

 

アンダーベルトの幅は常に6cm以上(ふつう2-3cm)

ホック3段以上(ふつう1-2段)

フルカップに近い3/4カップのみを着用

 

しかし寄る年波にあらがえず、20代終わりにバストトップ位置の下垂に気がついてしまった

 

体調が悪くて、楽ちんブラで日々を過ごしていたからです

 

ヤバい!!!

 

そのとき思い出した、むかし雑誌の広告で見た、怪しげな「エクサブラ」

ブラで大胸筋エクササイズとかいって、笑える

と思っていましたが、まあものは試しだよ

 

大胸筋は運動でつけられるけど、皮膚と脂肪は下がるいっぽうだよ

 

これに頼るしかないよ

 

そしてエクサブラに電話し、販売員さんといろいろサイズ調整して、自分にぴったりのサイズを受けとって着けたとき

その「鎧感」がラクでしょうがない

はまってしまいました

 

サイズの大きい人、胸に重みがある人は、エクサブラでなくても、ぜひ鎧のようにガッチリしたブラをおすすめします

紐や布で胸を吊るすより、ずっと楽

 

大胸筋を鍛えるなら「ドゥ」シリーズです

f:id:onegin150:20170310225105j:image

公式サイトより

1日の終わりに大胸筋がミシミシいってます

20代終わりに、下垂したバストトップを無理やりエクサブラで引き上げ、キープすること数ヶ月…

20代前半のシルエットに戻ったよ  ( T_T)

 

それからたぶんシルエットは変わっていません

(たぶん)

今はアラフォーです

 

苦しいブラを着けたくないという方は、エクサブラでは「ミディ」が超ラクです

f:id:onegin150:20170310225133j:image

体調の悪い時でも、着けたほうがラク

 

寝るときもブラしたほうがラクです

f:id:onegin150:20170310225145j:image

腕に挟んで痛い思いをしたり、ぶら下がる肉に苦しい思いをしないで、いつも胸壁とカッチリいっしょにいてくれたほうが寝苦しくない

 

たまに他のメーカーのブラが可愛いので試着するんですが、やっぱり「鎧感」が足りない…

 

エクサブラは誰かがしっかり後ろから支えてくれている感じです

「胸持ち係」の小人がいる感じ

自分で肉を支えていないといけない感じが少ない

 

まあでもこの歳になると、胸がデカいことは何の得にもならないので、下垂して脇腹に流れて贅肉にならないようにするのが主な目的になりました

 

楽ちんな生活をするために、これからも鎧ブラを使い続ける予定です

 

妹は普通サイズなので、以前はエクサブラの「モア」(小さい胸用)と、今は「リラ」を愛用しています

f:id:onegin150:20170310225220j:image

 

特にノンワイヤーの「リラ」シリーズは、びっくりな楽ちんさとホールド感らしい

f:id:onegin150:20170310225231j:image

こんなに寄せ上げているのにノンワイヤーで、しかもラク だそうな

最近、妹の胸がむかしより明らかに大きい

歳のせいなのか、ブラのせいなのか?

 

デザインはねえ…

 

エクサブラでひとつ言えることは、

「実際の商品は、いつも写真より可愛い」

写真が地味だからといって、諦めないでいただきたい

 

商品のネーミングが昭和っぽいですが、ご愛嬌です…

カタログの名前がキャンドゥからDOYAになったと言われた日には…

_(┐「ε:)_…

 

さて、初めて買う人は、東京近郊なら、表参道にある「ルージュブラン」でサイズを見てもらって買うことをおすすめします

販売員さんの不思議な「肉の入れ込みワザ」で、あっという間に巨乳の出来上がり

自分で思っているサイズは正しくない場合が多いです

 

入れた肉を抑えるため、補整下着を勧められますが、なくてもキープできるので大丈夫

さらなる「鎧感」がお好きな方は、むしろ補整下着を着ているほうが気持ちいいかもしれない

 

ネット、電話、ルージュブランの割引システムはそれぞれ別で、都内在住でない方が継続して買う場合は、フリーダイヤルで注文するのがおすすめです

細かいサイズの相談ができて、写真ではわからない詳細が聞けます

 

 

エクサブラは年に4回買います

4回買わないと割引にならないので

 

アンダーが小さくEFカップ以上という珍しい部類のサイズなので、早く買わないと商品自体が売り切れてなくなりますが、まあ慌てない

 

ブラとパンツの2セットを4回に分けて買えば、年4回をクリアして2セット新しい下着を購入することになります

 

 

メーカーは「数ヶ月で変えましょう」というけど、そんな高いものしょっちゅう買えません

なんだかんだとボロボロでも使ってしまう

 

エクサブラは、古くなったブラを「下取り」してくれます

 

タグを切ってエクサブラさんに送ると、タグひとつあたり1000円引きとなるので、下着を処分する際は、「タグ切り」の儀式があります

 

今までお世話になったブラに、ハサミを入れる…

 

おブラ様

クッタリするまで支えてくれて、ありがとう

 さようなら…

 

 (「おブラ様」はご存知の通り、こんまりさん用語です)

 

その「タグ切り」の儀式を、1年半ぶりくらいに行いました 

 

ヨレヨレのクタクタだね…

 

本当はすでに去年に寿命を迎えた長寿パンツがあるのですが、クタクタなのが使いやすくて捨てられません

 

しかし、今日タグ切りをしたブラとセットのパンツが、クタクタパンツとしての役目を控えています

 

寿命を迎えたパンツは、天に召されることにしよう…

 

ありがとう…

クタクタパンツ…

生地のプリントがぼやけてわからないくらいクタクタだね…

 

パンツの捨てどきがわからず、繊維が抜けてスケスケになっても使っていたことがありました

 

スケスケはいかん

 

寝るときのヨレヨレパンツは、男性用トランクスが良いらしいです

 

ふんどしも流行っています

 

むかしパンツを自作してみましたが、けっこう難しかった

縫い目がちょっとでも飛び出ていると、肌に刺激になります

 

リネンパンツを作ってみたいです

 

これで持っているブラは2枚、パンツは5枚となりました

 

今度、新入りブラが1枚来るので、夏はブラ3枚とパンツ5枚です

ブラのひとつが夏前に寿命を迎えると思います

 

そうするとちょうど、次の買うシーズンがやってきます

 

割引やポイントを使ってブラ1枚10000円前後×2

パンツ1枚4000円前後×2

夜用下着5000円くらい×1(2年おきくらいに買いかえる)

下着代は1年で35000円です

ひと月3000円くらい

 

これは高いのか安いのか

 

 普通に売っているブラパンツセットが、私のサイズだと1万円くらいはいきます

普通のブラはもっとすぐヨレヨレになり、元々の「鎧感」が少ないので、役に立つ期間は短い

(フルカップなら長寿)

ワコールのナイトブラは薄いので、やはり寿命が短い

まあ金額としてはトントンかなと思います

 

体調悪い時&寝る時用のヘロヘロパンツは、先ほど紹介したように、古くなっておブラ様だけ先に昇天された片割れの、未亡人たちです

 

そうとうヘロヘロになるまで捨てないので、溜まってきます

 

1枚パンツを家にお迎えしたら、1枚は荼毘にふす(家で燃やしません)

ヘロヘロ具合が絶妙だと捨てられません

 

「パンツは5枚まで」を心がけていると、忙しくて&天気が悪かった時などに

「着られるパンツがない」クライシス

が訪れます

 

去年は2回ありました

 

一度は夏だったので、朝までパンツなしで乗り切り、乾いたものを装着

 

2回目は秋だったので、干してあるパンツにドライヤーをかけて、朝に装着

 

パンツなしは落ち着きませんね…!!

 

ブラなしクライシスはありません

夏は古いのを捨てずに新しいブラを買っておき、一時的にスタメン増加をはかって、ブラ総勢4枚にしているからかもしれない

 

昔は貧乏なのに、ブラ5-6枚、パンツ10数枚持っていました

 

下着は消耗品で、意外にサイズはコロコロ変わるから、計画的に買って消耗しないと、結局無駄にしてしまいます

 

そういえば30代前半まで、「黄体期(生理前)用」と「卵胞期(生理後)用」の2サイズの下着を持っていました

2週間ごとに、大きさが全然違うからです

 

あの痛みを伴う胸のハリも、なくなったな… (๑•́‧̫•̀๑)

 

みなさん、若いうちに可愛い下着をつけましょう

BBAになると、肌触りと装着感以外は、けっこうどうでもよくなる 

 

ともかく

大量にあった下着類を整理し、下着だけで大きい引き出し1個ぶんありましたが、今はシンプルなサイクルに落ち着いています

 

あと…

日本人女性は下着を下につけすぎて、自分で胸を下垂させている人が多いです

二の腕を3等分して、上1/3〜1/2のラインにバストトップが来るように、アンダーのホックをかける前にグイグイ肉を上にあげて下さい

下につけるとクーパー靭帯が伸びてしまいます

肩ひもを思いっきり短くしましょう

 

 

ジャパニーズポエムです

 

 

胸の肉

乳腺以外は

すべて脂肪

 

 

タグにある

H表示に卒倒する

巨乳じゃなくて

いまデブなだけ

 

爆乳で胸囲が

100cm超えちゃった

しかし腹囲も80cm

 

痩せました

アンダー

ウエストサイズ並み

カップも普通に

なりました

 

結局は

私の乳腺

普通サイズ

後は脂肪の変化だけ

 

爆乳も

貧乳さえも

脂肪だよ

腹から集めて

胸にする

 

脇肉さん

集めるうちに

皮膚も寄る

寄せてるうちに

胸になる

 

諦めて

数日ブラなし

たらんたらん

すぐにお胸が

垂乳根(たらちね)化

 

おっぱいは

諦めた時が

垂れる時

 

さて

いつまで鎧ブラを続けるかな

 

美乳のおばあさんてのも、なんだか気味が悪い

適当に諦めどきを見つけます

 

便利グッズ・付記 男性にこそリネン

もうちょっとリネンの話していいですか

 

f:id:onegin150:20170308083535j:image

 

男性用のこういう綿のタンクトップありますよね

 

これアメリカでwife beaterって言うそうです

(家でこれ1枚で過ごしているダンナが、奥さんを殴ってそうな雰囲気だから)

 

 

f:id:onegin150:20170308185743j:image

こんな感じ

 

この「汗を吸いたいのか、吸いたくないのか、わからない」形状

 

これってコットンだからこういう形になるんだと思います

汗を発散する身体の部分は、下着の生地で覆われていると暑いんです、きっと

 

コットンが暑くてムレて不快だから、イライラして奥さんを殴ってしまう

 

ていうのは冗談ですが

 

リネンだとこういう形にはなりません

暑くないし、汗でへばりつかないから

身体を覆う形の方が、むしろ快適です

 

夏に冷房の効いた部屋で、サラサラのガーゼケットをかぶると快適ですよね

 

リネンニットを着ると、身体が常にああいう気持ちよさで覆われます

 

奥さんに優しくしたくなる

 

夏って不快ですよね

外は日射しが照りつけて

あとからあとから汗が出てきて

服の中は汗だくで、自分の汗の中を泳いで生きているみたい

服が張り付いて非常に不快です

ニオイも気になる

肌の弱い人はすぐアセモができる

 

むかし知り合いの男性が、背中に扇風機がついたジャケットを買おうと本気で悩んでいました

そんな面白グッズが必要なほど、夏の不快感はひどい

 

冬もまた男性にとって、温度差との戦い、汗との戦いです

外に合わせた格好で電車に乗ると、暖房で汗だくになる季節なのでは

 

でもですね、

そんな男性たちにこそ、リネンです

 

暑いからってwifebeater 1枚でいたら、よけい不快で臭くなります

 

去年の夏に、ここ数年のあいだ、夏の不快感をあまり感じていないことに気がつきました

日射しと気温はしょうがないとしても、それによるジメジメ、ベタベタ、ヌルヌル、ぺったり張り付く服、全身の関節のアセモ、そういうのに全く悩まされていないことに気がつきました

日射しでさえも、リネンの長袖を着て日傘をさすだけで、全然気にならない

日焼け止めなしでも全然日焼けしません

 

数年前は「シャツクール」というスースーする液体をバシャバシャかけて、全身ミント臭をさせながら勤務に出かけていたのですが、ワンシーズン数本使っていたシャツクールを全く使っておらず、ストック含めてついにすべて捨てました

 

クールビズと称して色んな涼感素材とか小物とか売っていて、たくさん持っていましたが、全部捨てました

 

夏の不快感を忘れてしまうくらい快適です

 

リネンを愛用して数年後に気がつくって、遅い気がしますが

人間は嫌なことはすぐ忘れるようにできているんですね

 

コットンのシャツと似たようなリネンTシャツが、18000円なんて高い値段で買うわけないじゃん、と感じますが

まあ着ればわかる

コットンと全然違うから

 

コットンがここまで普及したのは、安価に肌ざわりの良い衣類を作ることができて、加工が簡単だからではないでしょうか(と想像)

 

やはり店で触ったときのコットンの肌触りって、優しくてなめらかですよね

 

コットンの湿気を帯びた感じが好きという方もいます

しっとりしたあの感じ

リネンはしっとりしている暇もなく乾いてしまう

 

リネンを着ることで冬は肌が乾燥するかというと、そんなことはありません

リネン単体で着ることはないので、上に着るものが湿気をある程度閉じ込めます

むしろいつも湿度が調整されている感じであったかい

 

そして男性にこそリネン靴下をすすめたい

 

足がムレるその不快感、リネンが解決です

 

むかし「通勤快足」という男性用の靴下シリーズが売っていました

リネン靴下こそ通勤快足です

リネンはペクチンで覆われているので、雑菌が繁殖しにくく、クサくなりにくい

 

夏に実家に帰った時、クサくならないから思わず3日くらい同じリネン下着を着てしまいました

何日くらいするとクサくなるのか、やってみたい気がします

 

無印では毎年4月ごろに、リネンの服を販売します

 

種類が豊富で、私もお世話になっていますが、ひとつ解せないことがある

 

リネンの服をたくさん売っているのに、そのリネンはペラペラ・スケスケで、その下に着るべき下着は化繊とコットンしか売っていない

 

化繊とコットンの下着の上にリネンを着なさいということです

 

声を大にして言いたい

 

 

リネンの下に化繊とコットンを着たら、

 

何もかも台無しなんだよーーーーーーー!!

 

リネンの良さが台無しだよーーーーーーーーー!!

 

 

もうね、コットンリネンとか着ている場合じゃない

 

リネンの下にはリネンかウールしか着てはいけない

 

女性は、やむを得ず部分的にナイロン混のブラ着用可

ブラパンツ程度の面積の化繊なら、リネンの良さは充分味わえます

本当はシルクの下着の方がいいんですけどね…

ブラジャーって消耗品だから…お金が続かない

 

このあいだ、リネン服で有名なサマンサモスモスを発見して、リネン100%パンツを試着してみました

 

リネン100%なのに裏地はすべてコットンでした

 

い…

意味がないーーーーー!!

 

リネンの下にコットンを着たら、リネンの利点がほとんど活かされないーーーーー!!

 

そんな意味のない着方をするから、リネンがただ単に「ちょっと涼しい程度でシワになりやすく扱いにくい繊維」だとみんな勘違いするのです

 

違うんだってーーーー!!

着方がおかしいんだってーーーーーー!!

 

そういうわけで、ケンランドさんには早く下着になるキャミソールやタンクトップを作っていただきたいです

 

私は今、ことりワークスのリネンキャミソールを着ています

もう5年目ですが、あと5年着られそう

これは厚地で洗濯後にちょっと乾きにくいのが難点です

 

男性は下着の心配をしなくていいので、直接肌にリネンTシャツを着てください

 

男性用トランクスなら女性用パンツより比較的簡単に作れるから、リネンでトランクスを自作するのもおすすめ

開放感がすごいと思います

ふんどしが流行っています

みなさん開放感に飢えているはずです…

ケンランドさん、

リネンの下着を

早く作ってくださーーーい

 

 

 大阪高島屋で、3/13までケンランドが出店します

大阪の次は京都で催事があります

お近くの方は一度見てみて下さい

 

最後にジャパニーズポエムを…

 

人生が

ガラリと変わるよ

リネンなら

 

電車内

舌打ちしてたら

リネン着ろ

 

他の人

不快度マックス

真夏日

俺は快適

中にリネン

 

汗だくで

会社に入っても

リネンなら

冷房攻撃

さらりとかわす

 

夏に着た

リネンTシャツ

冬場には

なぜかポカポカ

あったかシャツ

 

エリ袖に

汚れも黄ばみも

つかないよ

リネンの捨てどき

一体いつ?

 

買うときは

よく考えて

買いましょう

長持ちしすぎて

捨てられない

 

 

ポエムが止まらないんですが

 

と言いつつ

勝手にリネンについて力説してきましたが、さすがに私も息切れしてきました

 

次はリネンじゃない話です

 

 

ミニマリスト的便利グッズ・お高いもの編

今回は、最初お値段が張るけれど、お値段以上の働きをするものを集めてみました

 

 さんざん安物・もらい物(高級品もあり)・ちょっと値が張るものの両方を使ってきて、自分なりの結論が固まってきました

 

安物でも良いものがあるというのは、いろんな商品に言えることですが、「繊維もの」だけは、ちょっとお値段が張るのを覚悟した方がいいと思います

 

特に、肌に触れる繊維ものは、安物ではない方がいい、という結論になりました

 

安い繊維製品に「良いもの」はほとんどありません

 

肌が弱いとか、静電気が起きやすいのは避けたいとか、できるだけ快適に生きたいとか、こだわりがなければ安い繊維製品でよいと思います

 

靴に関しては、サイズさえ合っていれば安くても使えます

安物はたいていすぐに擦り切れますが、しぶとく履けば1000円で半年〜1年くらいは履けることが多いです

特にスニーカーなど布製の靴は寿命が短く、革靴より安いですが、汚れ耐性と耐久性は劣ります

 

革製の靴とカバンは、パッと見た目で値段がすぐわかるので、見た目にこだわる場合は安物を避けた方がいいです

 

高い革靴を履いてみて初めて知ったのですが、良い革は、長期間にわたり見た目が綺麗で、足にぴったりなサイズ感を保てます

1-2万の靴との違いはデザインだけじゃないのかあと、しみじみ思いました

下手すると10年は余裕で使えそうです

  

みなさんご存知のように

「服はユニクロだけど、靴とカバンは良いもの」

である方が、ぱっと見が高級そうに見えて、コスパはよいことが多い

 

服はだいたいにおいて

「外見の印象が、かけたお金に比例して上がらない」という、

基本的にコストパフォーマンスが悪いものです

生地の良し悪しなんて、よく見ないと分かりません

 

パリッとしてツヤツヤなら高級、

シワシワならどんな高級リネンであろうとも貧乏くさい

それくらいのおおざっぱな印象しかわからない

 

着心地やブランドは、自己満足の世界です

わかる人なんてそうそういません

おしゃれ業界で競わないといけない人たち以外は、できるだけ普通の清潔感ある格好をするのが、いちばんお得です

 

以下にあげるものは、着心地=自己満足重視です

一度味わうと、化繊には戻れません

 

ヒートテックが超快適だという方には参考にならないかもしれません

 

 美味しい寿司は食べれば終わりですが、快適な服は着ているあいだ、ずっと幸せですよ…

 

主に肌に直接触れるものとして、

・着心地が良い(静電気が発生しない、ムレない、暑すぎない、肌の弱い人に優しいなど)

・長持ちする

・他のものを持つ必要がない

・年間を通して着る回数が多い

・家庭で洗濯できるなど維持費が安い

・アイロンをかけなくてよい

・見た目が貧相に見えない

・結果的にお値段以上の価値がある

 

という自分の基準を満たすものです

 

 ↓

 

ファリエロ・サルティのストール

f:id:onegin150:20170307221902j:image

 大判のカシミヤ・シルク・モダール混をお勧めしますが、人によって寒さの感じ方やデザインの好みなどいろいろあるので、いろいろ見て選んでみてください

(ジョンストンズの方が好きという方もいると思います)

 

人気の柄は、季節はじめにすぐなくなりますが、季節の終わりに残ったものがセールになるので、セール品を買ってみるのも良いです

 

これ一枚で秋〜真冬〜春までいけます

特にシルク混だと薄手で暖かいのに、小さくまとまり、持ち運びに便利です

これを買う前はチチカカで2000円だったウールストールを愛用していました

ファリエロさんは、厚地じゃないのにあったかいという不思議

超絶寒がりの私が保証します

 

家でプロウォッシュで洗濯可能

3年目ですがまだまだ使えます

トールはこれ一枚だけです

(他に毛布代わりにモニカ・サルティの大きなウールストールを持っています)

 

見た目が美しいのがまたすごい

巻くだけでオシャレ上級者っぽく見える

毎年ストール選びに悩んでウロウロ歩いて、中途半端な値段のものを買うことがなくなりました

 

 

 

ケンランドのリネンもしくはヘンプ長袖

f:id:onegin150:20170307222642j:image

ケンランドのリネンもしくはヘンプボトムス
f:id:onegin150:20170307222657j:image

ケンランドのウール/リネンレギンス

f:id:onegin150:20170307222801j:image

ケンランドのリネンジャケット

 f:id:onegin150:20170307223211j:image

リネン靴下(ケンランドもしくは中川政七2&9シリーズ)

f:id:onegin150:20170307222917j:image

 

なんでこんなにケンランド推しかというと

 

自分がリネンにハマるきっかけとなったからです

 

ケンランドの夏のTシャツを買って、気がついたら引出しにしまうことなく、洗っているとき以外ずっと着ていました

 

自分は骨格ストレートタイプなので、リネン素材はNG分野です

平織りリネンのシワシワが似合いません(着てますけどね…)

 

でもケンランドのリネンニットは、ツヤがあって、まるでハイゲージウールのようにすんなり馴染みます

「これは…カシミヤのようだーーー」

と思っていたら、やはりカシミヤと比較される素材のようです

カシミヤと違って、すごく丈夫で、家庭で洗えて、夏も使える

石鹸系アルカリ〜中性洗剤で洗えます

 

しつこく書きますが、

ケンランドリネンニットの激推しポイントは、

「夏も冬も、とにかく快適」

というところです

 

この通気性…

吸水性…

静電気が起きない快適さ…

温度調節機能…

それがこんなに人生を快適にするなんて…

化繊ばっかり着ていた時には想像できませんでした

 

今年の冬に気がついたのですが、真冬にババシャツの代わりとしてリネンニット長袖が使えるのです

 

一枚だけで着ると寒い気がしますが、その上にシャツやいつものスエット、セーターを着ると、愛用していたマジェスティックのカシミヤ混ババシャツ以上に、あったかくて気持ちが良いです

 

これは…

 

自分にとってはすごい発見です

 

なぜなら、高いウールの下着を、もう買わなくていいかもしれないから

 

ヒートテック的な下着はほぼ全部試しました

薄いという利点がありますが、電車の中で汗を大量にかいて、帰りに臭くなってきます

静電気がひどいし、肌は体じゅうかゆいし、ヒートテックと同じ価格帯のものはすぐボロボロになるし、ムレて気持ち悪い…

超寒がりでババシャツ難民を30年くらいやってみた結果、ババシャツは

マジェスティックのカシミヤ混コットンのカットソー」

という結論に落ち着きました

 

マジェスティック

・薄くてあったかい

・とにかくあったかい

・1枚で着られる

・家で洗濯できる

この寒がりが言うのだからマジェスティックの暖かさは本物です

(ただしヒートテック類・マジェスティック類は全て2枚以上重ね着していました) 

 

お値段は高いです

1枚で1万円以上します

毎日使って少なくとも3年以上は持つので、元は取れているはず

4枚所持して、2枚ずつ重ね着して、数日でローテートです

すぐボロボロになるはずが、マジェスティックは結構長持ちする

 

まあでもマジェスティック様でも、しょせんはコットンですよ

 

リネンの放湿性には劣ってしまう

快適さが違います

毛が入っていると、いくらウォッシャブルでも縮んできます

洗うたびに劣化は避けられない

自分のようなババシャツ依存者はババシャツをこき使うので、ウォッシャブルウール100%だと懐かしのチビTくらいの大きさになります

 

頻回に洗濯することが前提だと、ウールにリネンほどの耐久性は望めません

そしてウールは同じ厚みなら秋冬しか使えない

 

マジェスティックは「薄い」という点で優れています

コットンを不快と感じるかは好みなので、マジェスティックだったりケンランドリネンだったりは、人によってどっちでもいいと思います

 

私はリネンの快適さの虜ですので、真夏も使えるリネン一択です

 

夏も冬も使えるのは聞いていたけれど、まさかこんなにあったかいとは知らなかった

 

ババシャツとして使うときは、ウールやコットンなど他の素材を上に着ることをお勧めします

リネンだけだと、放湿とともにやっぱり寒くなります

その上に他の素材がくることで、リネンの保温性が活かされるようです

 

ケンランド以外のリネン製品がババシャツに使えるかというと、他のもの(無印、ユニクロなど)は生地が薄いので、ここまであったかくはないです

他社タンクトップは冬でも着られます

 

寒がりさんに激推ししたいのは他に、

・ケンランドのレギンス

(ウールとリネン両方お勧め)

全然毛玉が付かないし、

3年経っても購入時のような見た目で、

快適すぎる履き心地です

夏も冬も使えるリネンレギンス…

他のものを買う必要がないよ…

 

そして

・ジャケット

まだ試着しかできていませんが、今年買います

リネンなのにウールジャケットみたいな見た目

春夏秋にヘビロテでしょう

 

ガウチョ風ニットパンツ

下に着る物によっては冬も使えます

ここのニットはちょっとやそっとの洗濯ではビクともしないので、助かります

ヘビロテしすぎてできた小さな穴かがりは、自分でします

 

・靴下

冬は常にブーツなので、リネン靴下はムレないのにあったかくて最高に気持ちいいです

 

夏も冬も同じ靴下でいけるという楽ちんさ

 

靴下だけは中川政七商店のシリーズもおすすめです

穴があいたらやっぱり自分で直します

安物の生地だと、穴をかがった縫い目からすぐ裂けるので、直しようがない

 

フレンチブルというリネン靴下も作っているオシャレ靴下ブランドがありますが、厚みがあって凸凹が強く出ていて、自分は痒くなりました

厚みとかわいいデザイン重視ならフレンチブルがいいかもしれない

 

耐久性、快適さ、1年じゅう使えるという点で、ケンランドリネンは激推しです

 

ショップチャンネルセレクトショップ、ハンズ公式サイト、ケンランド公式サイトなどで入手できますが、いちばん品揃えが良いのはデパートの催事です

 

いろんなユーザーのリクエストに応えて、ネット上に載っていない製品がたくさん出ています

スニーカー用靴下

スリッパ

各種ストール

いろんな形の服

カーディガン

ボレロ

ビッグシルエットワンピース

ジャケット

タンクトップ

Tシャツ…

 

たくさんあるので見てみて下さい

 

ババシャツにするなら2枚仕立てのリネンかヘンプ長袖をおすすめします

ちょっと丈がなあとか

ちょっとここのサイズがなあ

というところを、可能なら直してくれることがあります

(製作スタッフがその場に運良くいればの話ですが)

 

 

リネンの話が長くなりました

 

リネンニット万歳

もうリネンとウール以外は着たくない

畑のカシミヤ…

それはリネン

 

ポエムができますね

 

続きます 




ミニマリスト的便利グッズ総集編2

 続き

 

無印メッシュケース 

f:id:onegin150:20170305162207j:image

むかしmidoriという文房具メーカーのメッシュポーチを買ってから、便利すぎて15年くらい使っています

 

無印でその類いが出て、すぐ買いました

 

これの良いところは、ビニールのようにまわりの荷物とひっつかず、布のようにフニャフニャグシャグシャにならず、カバンの奥底からすぐに取り出せるところです

 

中身が見えるので開けて確認しなくてよいのが、すごく便利です

しかも軽い

 

無印の折りたたみパイン材テーブル

f:id:onegin150:20170305162647j:image

ミニマリスト代表とも言える佐々木典士さんが使っていたので、真似してみました

佐々木さんは既に手放したみたいですが…

 

折りたたみでデザインが気にいるものがなかなかなかったので…

 

コタツにもなる北欧風テーブルが売っていましたが、コタツを使わないのでこれにしました

 

色が黄色くなってきたら、自分で白く塗る予定です

木目で軽くて折りたたみって、ありそうでないです

 

折りたたんだらクローゼットにしまえます

座卓タイプも机タイプも、同じ天板の大きさです

机タイプの方が脚が長いので、たたむと数センチ厚みがあります

お膳と机が同じ大きさでしまえることが、けっこう気持ち良い

後ろの金具は、小さいお子さんがやったらちょっと手を挟みそうかも

 

マザーズバッグ、ベジバッグ

 f:id:onegin150:20170305164257j:image

これは机の横の収納として、「しましま」さんが使っているのを真似しました

 

部屋に何も道具入れがなくて、いろんなワゴンとかボックスを検討しましたが、やはり存在感が大きくて移動が大変でした

 

これは引き出しの代わりとして使えて、ポケットがたくさんあり、部屋のいろんなところで使えます

 

机に座って何かするのが大好きで、ダイニングセットはあきらめても「机は絶対必要」とこだわっていました

 

両袖の立派な社長机みたいなので、しかもかっこいい机を求めて、ひたすら探していました

数十万もする北欧風デスクに憧れていた時もあった…

 

断捨離が進んできたら、両袖に入れるほどのものがなくなり、むしろ作業スペースにそんなに大量の荷物がある事そのものが、重荷に思えてきました

 

大量の書類を整理するキャビネットとして、金属製のUSMシステムを使う夢まであったのです

 f:id:onegin150:20170306235437j:image

すごーくデカくて重厚なキャビネットです

 

どんな値段でどんなに素晴らしい製品であっても、今となっては存在そのものが自分にとっては重苦しい

 

数年前は考えられなかった自分自身の変化です

 

しましまさんのデスク周りがスッキリしていて、衝撃を受けました

気がついたら、自分もそれに近い状態になれていました

 

 

自作香水セット

 f:id:onegin150:20170306204749j:image

無水エタノールエッセンシャルオイル

ガラス瓶スプレー

 

長らく香水難民でした

 

日本で嗅ぐ香水は、どれもラストノートだけが強調された車酔いのような嘔気をもよおす「悪臭」になってしまいます

 

湿気が強いとそうなるようです

 

欧米で欧米人のまとう香水は、ボトルからスプレーした時そのままの、芳しい香りでした(ちょっとしか滞在していないので外国でも臭いのかもしれませんが)

このあいだ上品ハイソな米国人男性の知り合いとお食事した時、やはり日本人のようなキツいラストノートが香りました

彼があんな香りをまとっているはずはないので、やっぱり気候なんだと思います

 

日本で香水を上手につけている人って、なかなかいないです

無理なのかもしれません

 

ゲランの香りにハマり、香りアドバイザーさん的な方にチョイスしてもらったことがありました

ゲラン店舗で嗅ぐ香りは夢のようなのに、自分がつけると、何をつけても悪臭になる

 

持っていた香水は、みんな売るかあげるかしてしまいました

 

ゲランの素晴らしい香りが、日本ではただの「香害」になってしまう

 

そんな中で、とある50代の女性がとても素敵なバラの香りをまとっていて、思わずどんな香水をどうやってつけているのか聞いてしまいました

 

バラの香り単体の香水らしいのです

 

ラストノートの香りさえなければ、日本でも香水をつけられるんじゃないかと考え、いろいろ探してみました

 

香りは長続きしませんが、やはりアロマ系の香りなら、あまり人を不快にさせずに済むらしい

 

探している時に、ニールズヤードでバラとフランキンセンスのアロマ系香水が発売されて、ラストノートで酔わない香水がやっと見つかりました

しばらく使っていましたが、バラもフランキンセンスもどちらも好きなので、ニールズヤードを真似して自分で作ってみることにしました

 

その後、入れる精油の種類をどんどん少なくして、バラ数種類とフランキンセンスの香りメインで、ブレンド精油を足すことで落ち着きました

 

レシピは

「無水エタノール10mlあたり精油20滴」

です

今使っている香水がなくなってきたら、エタノールを瓶に入れて、エタノールの量に合わせて精油を入れて混ぜるだけです

しばらく寝かせた方がいいらしい

 

香水酔いがなくなり、香水ジプシーがなくなり、自分からときどきいい匂いがするので、他のアロマグッズを処分できました

アロマポット、素焼き陶器、ディフューザー、20種類くらいのアロマオイル、全部手放すことができました

床でくつろぐ方法

悩ましいテーマ

 

「床でくつろぐ」

 

みなさんはどうしていますでしょうか

 

ソファ、座椅子、クッション、人をダメにするクッション、ふとんのマットレス…

 

いろいろ方法はあります

 

・座椅子

昔実家で毎日使っていました

昭和なイメージで、なかなかおしゃれなデザインがない

今まで見た中で、マシなデザインは

sarasa designのものと、

無印良品のものくらいです

 

中の金具が壊れたり、ウレタンが寄って破れたり、座椅子ごと後ろにひっくり返ったり

まあでも床生活にはいちばん適しているんですかね

 

 

・人をダメにするクッション

→あまりデザインが好みではなく、座り心地も好みではない

 

・ソファ

前に日本製の背の低いソファを持っていました

座り心地が良く、背もたれのクッションはフカフカで、脚を伸ばして寝ることもできました

 

買ったときは、長年の夢が叶ったと思いました

 

でも、背もたれの角度が微妙な位置で固定されて、モゾモゾ動くには座面が狭い

 

ソファでくつろぐ姿勢は、腰にとって全然良くない格好になります

まだ普通の椅子の方が長時間座っていられる

 

大きなソファが心の重荷になっていました

 

引越しするとき、いまのワンルームには入らないし、夢のスモールハウスにもきっと入らないので、「夢のソファ」は売ってしまいました

 

床生活でくつろぐには、布団とクッションが一番じゃないかなとやってみたものの、ときどき背もたれがほしい

やっぱり座椅子に戻るかなー

デザインがなー

といろいろ探していたら、

 

ニイチェアというのを見つけました

 

 f:id:onegin150:20170304144630j:image

(公式サイトより)

ロフトに実物があったので、座ってみました

 

これは…

読書に最適…!!

 

ちょうど良いダラっとした角度で全身を支えるので、このまま寝てしまいそうです

寒いときはフカフカの長い座布団を座面に入れればあったかい

 

実物は、もっと低く、床に近く見えます

 

これのすごいところは、たたんでしまえるのです

使ってないときはたためる

 

f:id:onegin150:20170304143725j:image

公式サイトより

 

ソファは買わないで、買うならこれかなと思っています

 

今は床にクッションを敷いて座っています

 

ごはんを食べたり、書類整理したりお裁縫したりするとき以外は、ベッドでくつろいでいて、それですんでしまっているのでまだ買っていません

 

将来、複数の人数でくつろぐときは床をフカフカにしてホットカーペットかなと思っています

 

昔はこういうの憧れていました

f:id:onegin150:20170304184705j:image

大勢でくつろげますよね

 

こういう部屋にしたいですが、掃除が大変そう

 

うちの母は、床+クッションだと「背もたれがないと疲れる」と言っています

 

結局は筋力の問題なんだろうか

 

実際に夢を実現して知ったのは、「ソファは案外くつろげない」ということです

 

何年もかけて選んだ自分にとっての究極のソファで、その感想です

 

たぶんお客さん用以外にソファを買うことは、もうない気がします

 

かっこいいですけどね

 

ソファの欠点は、

「悪い姿勢のまま固定される」

ところです

 

置いてある姿はかっこいいですけどね

 

 今はTVがないので、そもそも床で1人くつろぐ必要がなくなってしまった

 

ごはんはお膳で食べて、裁縫と物書きは机で(無印の折りたたみパイン材机)、読書は布団でしています

 

お客さんが来たらお膳を出して、毛布とクッションでくつろいでもらっています

もちろん冷暖房はしっかりつけます

 

お膳も机も折りたたみなので、全部しまえば何もない部屋ができます

 

以前は机とお膳をどちらかひとつにしようと、いろいろ考えました

 

しかしお膳に欲しいのは開放感、机に欲しいのは閉そく感です

両方一緒にするとどうも落ち着かない

机は座椅子タイプだと脚が苦しい

お膳は低い位置じゃないと落ち着かない

 

結局、お膳と机は分けることにしました

 

腰のためには、同じ姿勢を続けないのがいちばんいいそうです

 

そういう点で、ソファは腰に負担がかかります

 

床だと、寝っ転がったり座ったり胡座をかいたり体育すわりしたり、いろんな姿勢がとれる、

「床にフカフカなマット+クッション」

が最強かなと思っています

ゴロゴロ動けないと気持ち悪くなってきます

 

人によってはソファベッドにして、ソファ兼布団にするというのがいいと思います

 

わたしの性質として(「オフトゥン問題」参照)、まだそこまで吹っ切れません

 

その状態まで持っていきたいです

 

 

 

ミニマリスト的便利グッズ総集編

・これを使ったら、ものが大幅に減らせた

 

・これ以外必要なくなったので、他のものは手放した

 

そういうものをまとめてご紹介します

 

まず

 f:id:onegin150:20170305005306j:image

トゥビーホワイト プレミアム

 

歯を白くするために、歯医者さんでホワイトニングに通おうかと思っていました

コーヒー紅茶をたくさん飲むので、どんどん歯が黄色っぽく着色します

長年のコンプレックスだった歯の着色を、歯磨き粉一本で解決してしまった

真っ白にはなりませんが、日常生活では充分満足できる白さです

別に「プレミアム」じゃなくても良いのですが、このプレミアムはパッケージが白とグレーで、自己主張しない色なのが気に入っています

ホワイトニンググッズを全捨てできました

 

 f:id:onegin150:20170305005316j:image

 

トップクリアリキッド

 

繊維への洗剤残留がほぼなく、皮膚刺激がほとんどなく、生分解性が石鹸より優れていて、すすぎが1回で済む

石鹸洗濯で痒くなったので、これにしました

非接触生活というサイトを書いている先生オススメの洗剤です

非接触生活そのものはどうなのかしらっていう感じですが、この系統の洗剤が優れた洗浄剤であるのは確かなようです

洗剤はこれと決めているので、他のものを買う必要がないです

 

f:id:onegin150:20170305000706j:image

プロウォッシュ

 

クリアリキッドで洗えない類の衣類はこれで洗います

ウール、カシミヤ、麻のドライマーク、レーヨン、なんでもいけます

とくにウールカシミヤ類は、フワッフワになります

有機溶剤で汚れを落とすドライクリーニングは、水溶性の汗汚れには不向きです

自分は汗っかきなので、汚れのほとんどは脂ではなく汗とタンパク汚れのはずです

水洗浄できるこの洗剤は、本当に助かります

これのおかげで、夏はクリーニングに出さずに済んでいます

コート類は自分でアイロンをかけられないので、プロにお任せしています

 

f:id:onegin150:20170305001158j:image

マリウスファーブル社のマルセイユ石鹸

 

なにはなくともこの石鹸ですよ

 

自分は化粧落とし兼 顔用洗顔に使っています

洗浄力が強く、5秒顔に乗せるだけで化粧はしっかり落ちます

襟袖汚れが笑っちゃうくらい綺麗になります

化粧筆を洗うのにも使え、本当は食器洗い・洗濯、なんでも使えますが、高いので顔と襟袖汚れだけにしています

そうやって使うと、1年の使用量は1人100gです

ドミニック・ローホーさんによると、もう何でもかんでも汚れ落としに使えるそうです

フランスでは昔、年のはじめに2kgくらいのマルセイユ石鹸バーを各自ひとつずつ渡されて、それで洗濯掃除入浴を全て済ませていたそうです

 

 

f:id:onegin150:20170305002425j:image

 

ロリエ スリムガード2倍吸収

 

生理中以外は布ナプキンですが、短期集中で量が多く布ナプキンではまかないきれず、血まみれを持って帰って洗うのが気持ち悪いので、普通のナプキンを使用しています

これは2倍吸収のため、こんな大きさでも量が多い時に対応でき、少ない時はかさばらないので便利です

 

これが出てから夜用、昼用、少ない日用と分けて数種類買わなくなりました

薄くてしまう場所を取らないので、生理用品用の引き出しが空っぽになってしまった

生理用品は意外にかさばるんですよね

これに決めてから、他のものを買わなくなりました

 

f:id:onegin150:20170305002736j:image

 

オンリーミネラル

 

お風呂上がりにワセリンを塗って、ティッシュオフしてサラサラにした後、これをブラシで塗っています

仕上がりはプレミアムの方が綺麗なので、そちらを使っています

紫外線防止になって、コンシーラー・下地・ファンデーション全て兼ねて、仕上がりがすごくきれいです

むかし肌が荒れていた時に試したら、仕上がりが粗くて痒かったんですけどね

悪いのはオンリーミネラルではなく、私の肌の方だったようです

コンシーラーにもなるのは驚きです

これのおかげで、お粉類を複数持たなくて済んでいます

 

f:id:onegin150:20170305003829j:image

 

何はともあれワセリン

 

鉱物油は肌に刺激になる

そう信じてきましたが、確かに精製が不十分だと刺激になります

でも肌に少し浸透する植物オイルは、逆に肌のセラミドを溶かしてしまう

肌と全く馴染まないワセリンは、むしろ安全なのです

このサンホワイトは、日本で一番精製されているワセリンだそうです

べったり塗った後サラサラになるまでティッシュオフします

少量を均一にうまく塗れないのでこの方法にしました

サラサラにしないと、ワセリンの下で肌がふやけてしまい、弱い肌になりますので注意してください

 

f:id:onegin150:20170305004347j:image

ほとんど空っぽの洗面台

下段のシャンプー類はお客さん用です

 

f:id:onegin150:20170305004451j:image

 

ほとんど空っぽになった洗面台横の引き出し

引き出しさえも要らないのでは、と思う今日この頃

 

 

続く

 

オフトゥン問題・敷布団編

お布団にするか・ベッドにするか

 

この辺はミニマリストにとってもうすでに答えが出ているんでしょうか

 

正解に近いのはお布団のようです

 

寝袋という究極の方法もあります

 

しかし自分はオフトゥン大好きなので、化繊の寝袋はどうしても苦手です

 

骨盤が後傾して出っ尻で、ストレートネックなので、硬い布団はすぐに体調が悪くなります

普通の布団だと、腰と布団の間に隙間ができて、お尻に床ずれができそうなくらい圧力がかかります

腰はそんな状態なのに、枕がいらないくらいひどいストレートネックです

肩幅が広いので、横向き寝がしんどい

しかも骨密度が高くて、身長の割に体重が重い

 

身体の凹凸が激しい

面積あたりの重さが重い

頭と腰で必要な寝具の硬さが違う

という難しい身体をしているので、寝袋ライフはあきらめました

 

母の実家から持ってきた年代物の真綿の布団で寝ていましたが、重くて扱いが大変で、わたしの生活だと万年床になってしまう

 

空気を入れる空気ベッドにしたことがあり、腰痛肩こりは良くなったものの、通気性が悪い

 

イケアのマットレスは、かかとに床ずれができそうになり、いつも肩こりがひどく、あまり良いとはいえなかった

 

そんなオフトゥン難民な時に、知り合いにたまたまお下がりをもらったマニフレックスが、とても良かった

 

ちょっと硬めでしたが、通気性が良くスプリングが入っておらず、とても快適でした

 

マニフレックスのお店に行き、たくさんマットレスの種類があることを知りました

 

 

その中で、最高に寝心地が良く、オフトゥンに入った瞬間無重力状態のように楽なマットレスがあり、以来ずっとそれに寝ています

 

これ以上の寝心地はないんじゃないかと…

 

しかしマットレスの欠点は、デカくて重いというところです

 

ベッドフレームも必要です

日本でマットレスのまま寝ると、カビが生えますから

今は金網みたいなフレーム(下の台だけ)を、建築資材の謎部品に乗せてベッドにしています

 f:id:onegin150:20170304233449j:image

「プラ木れん」という謎の部品

一個100円前後だったと思います

クルクル回して高さが変えられます

いろんな高さがホームセンターに売っていました

 

このプラ木れんの高さが床から離れているだけで、干さなくても全然マットレスが湿気てこない

 

マニフレックスのマットレスは、数日に1回立てておいて、干すことが推奨されています

それさえも実行できない、万年床っぷり…

 

ミニマリスト的に、もっと荷物が少なくなる「布団+すのこ」を検討してみましたが、結局わたしの生活だと、布団を干すことができない

 

(ちなみに吸湿シートを敷いていましたが、万年床にはあんまり意味ないです

吸湿シートも干さないといけないから)

 

ベッドにするべきか、布団にするべきか

 

干さないでいい布団

=敷きっぱなしにする布団

=ベッドでいいじゃん

という流れで、結局ベッドに行き着きます

 

 

ベッドの難点は、場所をとって重い、大きい、動かしにくいという点です

 

スモールハウスのようにロフトタイプの部屋に住んでいれば、敷きっぱなしで上にベッドルームがあればいい

 

布団が干せる生活になれば、布団にしたいです

 

干したばかりのオフトゥンに勝る幸せは、なかなかありませんから…

 

なぜ万年床になるかといえば、普通の生活での疲労が激しいからです

 

「家に帰ってバタンキュー」の生活をされている方は結構いると思います

そして休みの日は死んだように眠る

 

布団をあげて干す暇なんて、どこにあるんでしょうか?

干せずに押入れにしまったら、カビが生えます

 

体調が悪い日のために、布団は常に敷いた状態でないと困ります
押入れから布団をズルズル出して、そのまま寝たことがあります

万年床って病人には必須なんですよね

 

最近は病人じゃなくなってきましたが…

 

 お布団干しをする余裕が、昔はどこの家もあったんですね…

 

朝にお布団を干して、みんなが帰るまでにフカフカにしておいてくれた主婦のありがたさよ…

 

うちは自営業だったので、布団干しは父の役目でした

 

 

できればベッドではなくお布団で寝たい

干したばかりのフカフカのお布団で

 

自分で勝手に考えた究極の布団を、オーダーメイドで作るのが夢です

 

静岡県磐田市の菊屋さんという布団屋さんが、ヘンプと綿の「本物ふとん」を作っています 

 

羽毛布団と張り合う(ていうかそれ以上の)快適さの「キャメル布団」を、愛知県蒲郡市の山繊さんが作っています

山繊さんのキャメル毛布は極楽すぎて、オフトゥンから出たくないです

キャメル100%の敷き布団もあります

 

今の自分の夢は、ヘンプわたとキャメル毛の混紡綿で作った布団です

 

ヘンプだけだと弾力がなく、キャメルは弾力があってへたれにくく、両方ともほとんど干さなくていい

 

ヘンプが加われば吸湿性・発散性が大変なことになって、超快適だと思います

 

 

そこに三重県伊勢市の「快眠屋おの」さんで扱っている「ナチュールフィックス」(床置きできるウッドスプリング)を下に置く

 

快適すぎて想像するだけで涙が出そう

 

硬さの調整は「快眠屋おの」さんにお任せしたい

 

(と言いつつ山繊さん以外は買ったことがありません

すみません)

 

そうすると、

「月に1-2回干すだけで良い、快適なオフトゥン生活」

ができる

…かも

 

いくらかかるんでしょうね

 

20万円台ですかね

 

三つ折りにできるから、押入れにしまえます

 

素晴らしい…

ヘンプとキャメル毛の布団…

究極ですよ

 

なぜ発散性が悪いコットンのわたを布団に使うのか、疑問です

お布団はたいてい打ち直して何十年も使うものです

価格はもともと安くない

価格の問題ではなく、「布団は綿わたと決まっている」という、ただそれだけのことのような気がします

綿が普及する前は麻わただったそうです

きっと麻わたよりも綿の方がフカフカだったんだと思います

 

ちなみに真綿の布団はそんなに良いとは思えなかったです

自分があんまり絹が好きじゃないからかもしれない

 

もしくは真綿って言いながら、あれは綿わただったりして

 

うちのおばあちゃんが自分で打ち直していたので、綿わたじゃないと思うんですが

 

 

さて、「ヘンプとキャメルの布団」を作る夢を実現させたい

 

ネット上で、「ヘンプ落ち綿」が売っているところを発見しましたが、中国製でした

 

残念

 

何をしようとしているかというと、自分で作ろうとしています

 

布団の側地縫いって難しいんですよね

本気で作りたいです

 

オフトゥンで寝る夢…

実現させたいです

 

目標ができたので寝ます